こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年11月20日  授業風景

【授業紹介】赤ちゃんを沐浴させよう

沐浴って何?読めない・・・と思った皆さん。さっそくまいります。

▲▲▲ ここで解説 ▲▲▲▲

沐浴(もくよく)とは

家にある浴槽ではなくベビーバスなどでお湯に浸かることを「沐浴」と言います。
生まれたての赤ちゃんは抵抗力が弱く、細菌やウイルスなどに感染しやすいため、大人と一緒の浴槽ではなく、ベビーバスなどを使って身体を洗う必要があるのです。

「沐浴」を「入浴」に切り替えるのは、だいたい生後約1ヶ月を過ぎたあたりだそうです。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ 

 

2回生の授業「こどもの保健Ⅱ」では、赤ちゃん人形を使い、沐浴を行いました。

まず、濡らしたガーゼで顔を拭います。赤ちゃんの皮膚はデリケートなので、やさしく、やさしく洗います。わきの下や、首回りには汗や汚れがたまりやすいので丁寧に洗います。

IMG_6548

沐浴にかける時間はだいたい10分が目安です。時間が長いと、のぼせたり、疲れてしまったりするので、丁寧にしつつもスピーディーに行うのがポイントです。洗い終わったらすぐに体を拭いてあげます。無理な体勢にしないように気を付けながら体を洗い、しかも湯冷めさせないようにするのは大変です。こちらは2人がかりでやっていますね。

IMG_6538

IMG_6573

片手で頭を支えながら体を洗うのはなかなか難しいようで、洗い終わった学生は「思ったより赤ちゃんが重くて腕にきた」「今は人形だけど、実際には赤ちゃんが動いていると考えるとかなり大変だし、うまくできるか心配」など、感想を言い合っていました。今日が初めの第一歩と思って、頑張ってください!

 

                                        (大塚:スタッフ)

▲▲▲ 高校1・2年生にお知らせ ▲▲▲▲

こども芸術学科の体験授業を受けてみませんか?

「はじめての、1day!!芸大体験(事前予約制)」予約受付中です!

こども芸術学科の授業は12月23日(日)実施予定です。詳しくはコチラ

皆さんのご参加、お待ちしてます!

関連記事

<3738394041>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。