情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年2月25日  授業風景

【情デの授業】ARにチャレンジ!あのパッケージが動き出す!?

DSC_1303

 

初めまして!ビジュアルコミュニケーションデザインコース(以降、VCDコース)

2年生B領域の竹内と谷です。よろしくお願いします!

今回取り上げるのは、VCDコースの2年生B領域で行ったAR演習についてです!

 

ARは【Augmented Reality】の頭文字で、【拡張現実】という意味になります。

ある特定の物や空間をスマホなどで画面に映すと、その中で動画やCGなどが表示される技術です!

この授業では売っているお菓子のパッケージにARを組み込んでしまおうという、楽しい授業なんですよ〜。

 

ここからはちょっとだけAR制作の過程を紹介します!

わたしたちのクラスメイトである、茂富さんの作品で紹介したいと思います。

 

まずARを組み込みたいパッケージを決めます。

茂富さんは「ハイレモン」を選んだみたいですね!

 

shigetomi-sketch

 

 

そこからモーションを作るために「レモン」について分析してイメージを作っていきます。

 

「レモンが作られてる多くはイタリアや日本では広島などの海の近い、水源の豊かな地域のイメージだなあ…」

 

「モーションは《レモンが水に入っていて、そこから絞り出されるハイレモンにはビタミンCがいっぱいだよ〜》

という流れにしたいなあ…」

 

こんな風に頭の中でイメージを練ります。

その考えや動きを絵コンテに起こして実際の動作をイメージしていきます!

上の10コマの写真が実際の絵コンテです。

この課題を通じて、改めてどう動かすか絵で起こすことの大切さを感じます…!

 

 

 

ezgif.com-gif-maker

 

この後実際にモーションを作っていくと完成します♪

実際に店頭にあるものをどのようにしたらよく見えるかなと、想像しながら作るのはとても楽しい課題でした!

 

 

 

今回B領域が制作した作品は「HP Reveal」のアプリを使えば、みなさんも実際に体験することができますよ〜。

ぜひお手持ちのスマホでARを体験してみてください!

app-header

      1. 1.【以下のURLからアプリをインストール】

https://studio.hpreveal.com/landing

 

  1. 2. 【アプリを起動】

インストール後アカウント登録、カメラを許可してください〜。位置情報許可は任意でOK!

 

  1. 3.【B領域のアカウントをフォロー】

  

app-capture

app-qr-code

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「B_ryoiki_2018’ s Public Auras」(http://auras.ma/s/V5cmD)で検索するか、

こちらのQRコードで読み込んでもフォローできます!

 

  1. 4. 【パッケージを読み込んでARを体験しよう!】

app-target-btn

画面下の「ターゲット」マークをタップして、パッケージをスキャン!

 

 

 

 

 

【Tsutae取材班】

竹内 佐代子(ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生、香川県立高松工芸高等学校 出身)

谷 琴音(ビジュアルコミュニケーションコース2年生、高知県立岡豊高等学校 出身)

 

 

関連記事

<2728293031>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。