文芸表現学科

イベント

  • LINEで送る

2019年2月15日  イベント

BUNGEI BLEND 美味しさのヒミツ

 
卒業展のブックカフェで提供している、文芸オリジナルブレンド「BUNGEI BLEND」がたいへん好評です!
教職員の方には、毎日注文してくださるリピータも!
 
BUNGEI BLENDは深煎りの珈琲です。
1杯ずつ、ハンドドリップで抽出していることも美味しさのヒケツです。が、
 
文芸の珈琲の美味しさの秘密は、瓜生館1Fにあるカフェ・ヴェルディのコーヒー豆を使っていることと、
事前に続木オーナーからコーヒーのレクチャーと淹れかたのワークショップを受けたことにあります!
 

カフェ・ヴェルディの続木オーナー

カフェ・ヴェルディの続木オーナー


抽出の仕組みを、ミネラルウォーターにたとえて

抽出の仕組みを、ミネラルウォーターにたとえて


190216_09
左手は腰に!

左手は腰に!


学生たちもトライ

学生たちもトライ


泡の上に乗せるように注ぐ。

泡の上に乗せるように注ぐ。


190216_05

同じ豆、同じ器具をつかっても、味が少しずつ異なるのが面白かったです。
何度も練習して、誤差をなくし、標準的な味に近づけます。
 
190216_01
 
最後に、「苦味とはなにか」というお話をしてくださいました。
それは、言葉の問題にもつながる、とても面白いお話でしたが、ここでは秘密にしておきます。
お忙しいなか、時間を割いてくださった続木さん、ありがとうございました!
 
文芸ブックカフェは、卒展期間中営業しています。
美味しい珈琲が飲みたくなった方は、ぜひご来場ください!
 
卒業生のお店、DE CARNERO CASTEのカステラも好評販売中です〜
 
(スタッフ・竹内)
 
 
 
 
 

関連記事

<2526272829>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。