こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年3月1日  授業風景

【授業紹介】木材を知り、制作する

こんにちは。

少しずつ春の気配を感じる今日この頃。大学は春休みですが、こども芸術学科では実習に行っている学生もいます。

 

今回は、後期に行われた「造形表現Ⅳ」の授業内で行われた木工をご紹介します。

 

初回の授業時には、色々な種類の木材に触れ、重さ、硬さ、匂いなどについて学びます。

そして、バターナイフのデザインを行い、桧(ヒノキ)を使って実際に制作も行いました。

甥っ子や姪っ子に贈ることを想定して作っていたり、家族が使いやすいようにと、持ち手を握りやすく加工したり、様々な工夫が凝らされていて面白いバターナイフを制作していました。

無題

ファブリックボード制作では、図面を見て木を加工し、墨付け、仕口加工、を学びました。

お気に入りの布をはめて、インテリアとして利用できます。

IMG_7933

最終課題は「機能を持たせた箱」制作でした。デザイン、図面制作を自ら行い、木材を加工していきます。

自分の部屋にぴったりの寸法の棚、実家の台所に置ける使い勝手のいい机など、習得した技術をフルに活用して各々が制作を楽しんでいました。

IMG_7934

IMG_7932

この授業で学んだ木工の第一歩が、自分の制作の幅を広げてくれます。(中には卒業制作に活用した人も!)

ここで習得した技術を、是非今後の制作に活かしていってください!

 

                                        (大塚:スタッフ)

 

///////////ご興味がある方はこちらもご覧ください/////////////////////////

こども芸術学科公式ツイッターはこちら

関連記事

<2223242526>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。