映画学科

日常風景

  • LINEで送る

2020年7月4日  日常風景

高原の日常5 ~そうぞうりょくを止めるな!〜

こんにちは。映画学科研究室です。

 

映画学科の上回生たちはこの状況下の中で、

学生生活のあれこれを語る座談会動画を作ったり、自分たちが作ってきた作品をYouTubeにアップするなど、

まだ見ぬ1年生のために少しでも映画学科の雰囲気を伝えるべく、いろいろと工夫を凝らしてくれています。

(4年生のみなさん、本当にありがとうございます!)

 

我々教職員側も、想像力と創造力が試されている日々。

段階的な入構解除で、学生達がキャンパスに戻ってくることにも備えていろいろと準備をしています。

 

IMG_0792

 

先生方のフェイスシールドを、長く使っても快適なようにと、副手の河津さんと野口さんがCスタで加工中。

 

IMG_0788

 

いつかオープンキャンパスでも出番があるかもしれないので、映画学科の合言葉、”READY,ACTION!”(*)のロゴもついています。

登校可能日はこれを付けて、副手のお二人と私とで検温隊として待っています。

 

 

 

 

そして、入構のルールも定める必要があり、学生達に手洗いをちゃんとして帰ってもらうため、先生方と相談のうえ作ったものは…!?

 

 

BC8BD276-898A-499E-81D5-EEF7FECDCB9C

 

 

手洗い専用の洗い場です!

 

校舎内には美術の道具もたくさん転がっていて、なぜだか映画学科は浴槽やシンク、ブランコ、箪笥、棺、バス停の看板など、たくさんのお宝を持っています。

一見、ただのガラクタに見えますが、学科にとっては映画のシーンで使えるお宝たち。いつまた映画に使われるのかしらと出番を待っているのです。

 

さて、ここで再び登場するのは、映画学科の棟梁、美術領域の嵩村(かさむら)裕司先生。

軽やかにシンクを運び出し、高い脚立に登ってパイプを連結。

 

5FD9EBF4-7251-4261-ABD6-C9C36C8B1D09

 

 

・・・なんということでしょう!

3時間弱で元の水道からパイプを分岐して走らせ、見事な洗い場ができました。

 

50BCB216-C8F9-4778-B461-9EFB99E7D051

 

これで入構の動線上で学生達が手洗いするフローが完成。学生の皆さん、「手洗い30秒」しっかりとここでお願いしますね。

色々な美術セットを作ってこられた嵩村先生にとっては朝メシ前のこの作業。

美術部で腕を磨けば、お家の改装も大方自分でできてしまうのかと思うと、うらやましい技術力です。

 

 

ちなみにこちらは、今年の春に卒業した美術部の学生達が中心となり、卒展のために作ったカフェカウンター。

学内のみなさんやお子さんを連れてピッコリー(*)を訪れるお母さん方にもとても好評でした。

 

A04E026D-7F98-4E6B-BCAF-3CD3D67DBF8B

 

捨てるのがもったいなくて譲り受け、この度、見事に映画学科の先生方がZoom授業を行ったりちょっと休憩するスペースとして生まれ変わりました!

 

IMG_0789

(2年生『短編制作』授業中の映画監督・山本起也先生)

 

 

作りが丁寧で、きちんとサンダー(*)をかけてくれていたので、ほぼ加工なしに移設。

ささくれが気にならない滑らかな天板で、先生方もホッと一息つけそうです。

 

 

この期中にも、ちょっとずつ進化し続けている映画学科。

学生のみなさんに会えるのを楽しみに待っています!

 

 

さて、次はまた領域紹介に戻ります。次回もお楽しみに。

 

 

*READY,ACTION!:映画の撮影をするときに発する、「よ~い、はじめ!」の英語版。

 

*ピッコリー:学内にあるこども図書館。机も棚も小さくて、とてもかわいいです。

 

*サンダー:木材・金属の研磨・塗装はがし・錆び落としなどに使用される携帯式電動工具。

  • LINEで送る

2015年3月19日  日常風景

映画学科5期生 卒業式 おめでとうございます。

去る3月14日(土)に、2014年度卒業式が執り行われました。

我が映画学科の5期生もめでたく卒業です。おめでとうございます。

 

そして、もはや伝統となりつつある卒業式恒例の「仮装」ですが、

今年はかなり特徴のある凝った仮装が多かったです。

エネルギーあふれる彼らの個性が発揮されていました。

 

【映画】卒業式2【映画】卒業式3

【映画】卒業式1

 

【映画】卒業式4

【映画】卒業式5

 

【映画】卒業式6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【映画】卒業式7

 

ご卒業おめでとうございます!

 

  • LINEで送る

2015年2月18日  日常風景

卒業制作展、只今準備中です。

2/21(土)より開催となります「2014年度 卒業制作展」。

開催まで残すところあと2日と迫り、高原校舎内も慌ただしくなってきました。

学生たちの手によって、だんだんと高原内も卒展仕様の装飾に彩られていっております。

 

今日は午前中から小雨がつづき、学生たちは雨の中での作業となりました。

が、学生たちは終始とても楽しそうで、どうしたらお客さんに楽しんでもらえるか考えながら

みんなで協力して準備を進めていました。

 

 

2014卒展準備2

 

 

2014卒展準備3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014卒展準備4

 

 

2014卒展準備5

 

2014卒展準備6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014卒展準備7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒展まであと2日。どんな卒展になるのか楽しみです。

お時間ございましたら、是非高原校舎までお越しください!

  • LINEで送る

2014年11月2日  日常風景

外部制作 絶賛撮影中

当映画学科では、外部から映像制作の依頼を受けることが度々あります。

本日はそんな外部依頼作品の撮影現場をのぞかせてもらいました。

 

外部の方のご都合もあるので何を撮影しているかはお教えできませんが、

当映画学科のラボ職員と学生とが協力して現在本学で撮影を進めています。

【映画】外部制作1

 

こちらが撮影セットです。

といっても小道具のみなので少々簡素にみえますが、これに照明があたると陰影が映えてよい映像になるとのこと。

ちなみに、机に散らばっている絵は全て学生が手書きしたものです。

全ての絵が完成したのは、なんと今朝の3時頃。こだわって制作された分とても丁寧に描かれています。

いかがでしょうか?↓

 

【映画】外部制作2

 

このセットに照明を当ててみると・・・

 

【映画】外部制作

 

こんな感じです。なんかちょっと神聖な感じに見えませんか?

少し白くとんでしまっているので、もう一枚。

 

【映画】外部制作

 

どうでしょうか。 照明ひとつで小道具の見え方が大きく変わったかと思います。

これに本物のキャストさんをお迎えすれば、撮影スタートです。

 

どんな作品に仕上がるのか、楽しみです。

  • LINEで送る

2014年10月28日  日常風景

前期末卒業証書授与式 

本日、前期末卒業証書授与式がおこなわれました。

映画学科からは2名が卒業を迎え、めでたくも寂しい一日となりました。

 

卒業式終了後、後輩より卒業祝いの立て看板と首飾り?のプレゼントもあり、

終始アットホームな雰囲気で別れの挨拶が交わされていきました。

 

これから社会に出ていろんなことを経験されると思いますが、

どうかめげずに夢に向かって突き進んでいって下さい。

 

卒業おめでとうございます!

 

【映画】前期末卒業式②

 

 

【映画】前期末卒業式①

1 2

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。