情報デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2018年11月13日  イベント

【クロステックデザインコース】鯖江市に研修旅行に行ってきました

11/9-10の一泊二日で福井県鯖江市に研修旅行に行ってきました!

前週に特別講義に来ていただいた福野泰介さんから伺ったお話の現場です。

 

鯖江といえばめがね!

まずはめがねミュージアムでめがねストラップ作りを体験です。

形を削って…IMG_4763

研磨機で磨いて…

IMG_4769

穴を開けて出来上がり!

IMG_4777IMG_4768

ここでは1日かけて実際のめがねも作れるそうです。

体験だけでなくめがねの博物館やショップも充実していてめがね好きには堪らないスポットでした。

小笠原先生と軽部先生も記念にパチリ!

IMG_4785

 

夕方には鯖江市役所にお邪魔して、鯖江市のオープンデータの活用や子どもたちへのプログラミング教育、全国の大学生が集まる地域活性プランコンテストなどさまざまな革新的な取り組みについてお話いただきました。

IMG_4792

なんと急遽、牧野市長も登場!

IMG_4790 (1)

 

宿泊はかわだ温泉にお世話になりました。

先生たちによるレクリエーションは予定を大幅に超えて23時まで、そして解散後も各々の部屋で賑やかに過ごして寝不足の学生が多かったようです。

R0006799IMG_4804

二日目はうるしの里会館での絵付け体験。

用意されていた下絵を使わず、オリジナルの絵柄を描く学生が多かったのは芸大ならではですね。

IMG_2736 (1)

IMG_4819

 

この辺りは古くから漆器や木工、焼物、和紙などものづくり産業が盛んな土地とのことで、工房が併設されている木製雑貨店のHacoaと県内外からセレクトしたプロダクトを扱うataWにもお邪魔しました。

IMG_4825IMG_4828

どちらのショップも商品はもちろんディスプレイや建物、空間全体がおしゃれ!

学生たちもいい刺激をもらったと思います。

 

新しいものをどんどん取り入れて官民一体で前に進んでいる感じがビジバシ伝わってくる鯖江。

これからも目が離せません!

 

  • LINEで送る

2018年10月31日  イベント

世界中のアニメーションを上映!国際アニメーション・デー2018 in 京都 開催決定!!

情報デザイン学科では、毎年恒例になっております

「国際アニメーション・デー 2018 in 京都」 が今年は11/9(金)に智勇館1Fにて開催されます!

10月28日は「国際アニメーション・デー」と定められており、

毎年10月28日の前後は世界中でアニメーションの上映や関連の催しが行われています。

 

今年もゲストにASIFA-JAPAN会長の木下小夜子さんをお迎えして、

世界各国から集められた様々なアニメーションを上映します。

今年は広島国際アニメーションフェスティバルで受賞した作品を中心に上映しますよ。

 

 

※写真は昨年度の様子です。

IMG_7134

 

 

 

 

IMG_7139

協力:広島国際アニメーションフェスティバル

 

 

 

 

IMG_7142

協力:広島国際アニメーションフェスティバル

 

 

 

 

IMG_7147

上映の合間には、木下さんが作品やアニメーションの解説、作家さんの話などをしてくださり、

とても貴重なお話を聞くことが出来ました。

 

 

IAD2018_poster_Kyoto_A4

 

アニメーションが好きな人も、あまり見たことのない人も、

どなたでも無料でご覧いただけますので、是非、足をお運びください!

普段見ることの出来ない、様々なテイストのアニメーションを観ることが出来ますよ〜!

 

上映プログラム等の詳細は、こちらからどうぞ!

 

//////

 

日時

2018年11月9日(金)
17:30開場、18:00開演(20:00終了予定)

会場:

京都造形芸術大学 智勇館 1F (BR11) 
〒606-8252 京都市左京区北白川上終町1

//////

 

講師

木下小夜子 (ASIFA-JAPAN会長、広島国際アニメーションフェスティバル ディレクター) 

東京生まれ。女子美術短期大学造形学部卒業。
虫プロダクションを経て、1969年、(株)スタジオロータス入社。以来、国際的に、アニメーション・メディアを基軸とした制作・開発・教育・振興等、幅広い事業・活動を展開し、その仕事はアニメーションのみならず、ドキュメンタリーやフィクションを含む映像分野全般に及ぶ。
2006年〜2009年、ASIFA会長。現在、ASIFA副会長、ASIFA-JAPAN会長、広島国際アニメーションフェスティバル ディレクター、日本アニメーション学会(JSAS)顧問、大阪芸術大学客員教授、女子美術大学理事。

大西宏志 (ASIFA-JAPAN理事、京都造形芸術大学 教授) 

映像作家。映像プロダクション等のディレクターを経て、2002年より現職。

本学では、情報デザイン学科と大学院デザイン領域でストーリー作りやアニメーションを教えている。

『モノ学の冒険』鎌田東二編(創元社2008年)、『海賊史観からみた世界史の再構成』稲賀繁美編(思文閣)、他。

 

 

 

 

 

スタッフ かつ

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

  • LINEで送る

2018年10月29日  イベント

【2年生】学内展『本当はそこに在るモノのこと』

 

こんにちは、情報デザイン研究室です。

 

今回は現在絶賛開催中の、情報デザイン学科2年生C領域の展示をご紹介いたします!

こちらの展示は、情報デザイン基礎Ⅳという2年生の授業の一環として行われています。 

 

学内展【本当はそこに在るモノのこと】

 

_MG_2515

 

C領域学生それぞれの出身地に根付く『地域の物産』をテーマとし、リサーチした成果を展示発表しています。

人間館1階にあるカフェのすぐ横で展示されていますので、すでに観ていただいた方も多いのではないでしょうか?

 

_MG_2516

 

その土地のメジャーなお土産から一歩踏み出し、地元住民からひっそり愛されている物産がピックアップされていることが特徴となっています。

また地名に合わせて丁寧に制作されたロゴタイプも注目ポイントです!

 

_MG_2521

 

ロゴタイプはプロジェクションマッピングとして制作され、カフェのテーブルに投影されています。

ここで実際に投影されているロゴタイプの一部をご紹介します。

 

マイムービー-5---小

 

ロゴタイプに動きがつくことにより、地元地名への想いがより分かりやすく感じられますね!

みなさん、是非とも会場にて実際にご覧ください!

 

 

============

 

マイムービー-4---小

学内展【本当はそこに在るモノのこと】

会期:10/25(木)ー10/31(水)  9:00-19:50

場所:京都造形芸術大学 人間館1Fカフェ“BREATH KUAD”

 

============

 

スタッフ/ウコン

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

  • LINEで送る

2018年9月27日  イベント

【クロステックデザインコース】後期授業は流しそうめんでスタート!

昨日から後期の専門科目の授業が始まりました!

クロステックデザインコースの一発目の授業はなんと!流しそうめんワークショップでした。

これは本学のグループ校である京都文化日本語学校の外国人留学生と「交流イベントをしたい!」と学生たちが発案し、夏休みの間に企画したものです。

IMG_4459

ただそうめんを流すのではなく、まずは日本語学校の留学生とクロステックの学生全員で台作りからのワークショップです。

材料の竹は大学の許可をもらって前日にクロステックの学生たちが瓜生山から切り出してきたものです。

自分が使うお箸もこの竹で作りました。IMG_4488 IMG_4492

大量のそうめんをキッチンでどんどん茹でていきます。

なぜか奥のお鍋には大量のタピオカも…。

IMG_4456

全長20m以上の流しそうめん台が完成!

IMG_4451

全てが手作りなので、最初はそうめんが詰まって水が溢れ出てしまう状態でしたが、傾斜を調整してうまく流れるように仕上がりました。

IMG_4487

日本語学校の留学生もこのイベントを楽しみにしていてくれたようで、プチトマトや竹輪、シュウマイ(!)など流してみたい食材を持参する学生もいました。

普段は同じキャンパスにいながら実はあまり接点がない日本語学校のみんなと楽しい時間が共有できたと思います。

これをキッカケに今後もよい関係が築いていけるとよいですね。

IMG_4485IMG_4443

ただ楽しかったというだけでなく、自分たちで企画して大学の色んな部署と調整をし実施まで漕ぎ着けた学生たちにはいろんな学びがあったのではないでしょうか。

さぁ、後期も張り切っていきましょう!!

  • LINEで送る

2018年9月15日  イベント

本日より開催!!!【学生作品展】

こんにちは。情報デザイン研究室です。

 

本日より京都造形芸術大学では大瓜生山祭が開催されており、

同時に3年生による「学生作品展」がはじまりました!

 

学生作品展とは、

京都造形芸術大学13学科の3年生の作品展示・研究発表をキャンパス全体に展示を行います。

 

情報デザイン学科の3年生は4日間かけて学生作品展の搬入を行いました。

_MG_2062

皆さん朝から晩までクラスメイトと先生と、後輩と、みんなで力を合わせて完成しました今回の展示。

ぜひ、多くの方に足を運んでいただければと思います!!!

 

今日はほんの一部ですが、情報デザイン学科 学生作品展をご紹介させていただきます。

 

 

1F(BR11-12)3年生 情報デザインコース A領域

_MG_2067

_MG_2065

 

 

3F(BR31-32)3年生 情報デザインコース B領域

_MG_2152

_MG_2171

 

 

1F(BR13-14)3年生 情報デザインコース C領域

_MG_2081

_MG_2070

 

 

4F(BR41-43)3年生 イラストレーションコース  D領域/E領域

_MG_2118

_MG_2135

 

 

2F(BR21)情報デザイン学科2年生 前期課題の雑誌「大学2年生」の展示が行われています。

 

_MG_2176

 

_MG_2175

 

1F エントランス Creator’s market(通称:情デshop)

智勇館エントランスでは、情報デザイン学科の学生、教員、職員が制作したオリジナルグッズを販売。

_MG_2090

 

 

_MG_2100

情報デザイン学科校舎の智勇館は1F〜4Fまで展示が続いており、盛りだくさんの内容となっております。

 

こちら↑の「Creator’s market」の大きな看板が目印の情報デザイン学科にぜひ遊びにいらしてくださいね。

情報デザイン学科一同、心よりお待ちしております!!

 

_MG_2087

情報デザイン学科 2018年度 学生作品展 

日時:9月15日(土)〜9月16日(日)10:00〜19:00

場所: 京都造形芸術大学 智勇館

 

 

 

 

スタッフ かつ

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

1 2 3 23

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。