情報デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2018年1月11日  イベント

【3年生】写真表現 成果展のお知らせ

 

 

こんにちは、情報デザイン学科です。

 

今回は、3年生の授業「写真表現」成果展のお知らせです!

 

この授業では、写真を撮影する為の基礎的な技術から、

「写真」というメディアのさまざまな表現方法までを年間通して学んでいきます。

 

今回の展覧会では、一年を通してそれぞれの学生が見つけた、多様な写真表現による作品を展示しています。

授業を担当されている亀村俊二先生も出品作家として参加されています。

 

ぜひ、ご高覧いただければ幸いです。

 

スクリーンショット 2018-01-11 10.42.40

京都造形芸術大学 情報デザイン学科 3年生

写真表現 成果展「PHOTO ALBUM」

1月11日 (木) – 1月18日(木) 9:00 – 17:00

最終日はAM11:00まで 

closed : 1月12日、13日、14日

 

〒606-8271

京都市左京区北白川上終町1

京都造形芸術大学

創々館1階 SO11

 

 

■出品者

西尾 風花

横山 大夢

大山 優花

宮城 巧

大石 加奈子

今川 由梨

所 奈緒

西川 莉加

清水 敬介

渡邉 聡一郎

森田 州一

柴田 紘伽

亀村俊二(教員)

 

 

 

 

スタッフ/クスモト

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –
教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常
授業風景   1年生  2年生   3年生  4年生
受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

  • LINEで送る

2018年1月9日  イベント

卒業生 時吉あきなさん個展のお知らせ

 

 

明けましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、新年最初の更新は、

卒業生の個展のお知らせです!

 

tokiyoshi_banner-970x970

第16回グラフィック「1_WALL」にてグランプリを受賞しました、

情報デザイン学科 イラストレーションコース卒業生の時吉あきなさんの個展が開催されます。

 

時吉さんは、犬の写真を拡大コピーして実物大の立体コラージュを制作するという、

とてもユニークな作品を発表しています。

ぜひ、この機会に実物を観に行かれてはいかがでしょうか。

 

会期中にはトークイベントもあるそうですよ。

こちらも要チェックですね!

tokiyoshi_4

第16回グラフィック「1_WALL」グランプリ受賞者個展

時吉あきな展「ナンバーワン」

 

 

■トークイベント

「あきなの部屋〜実物と複製〜」白根ゆたんぽ×時吉あきな
日時:2018.1.15 月 7:10-8:40p.m.
参加無料 要予約
詳細:http://rcc.recruit.co.jp/gg/?p=31120

 

 

***以下公式ホームページより***
時吉あきなは、原寸大の犬を立体コラージュで制作した作品「ワンオール」で、第16回グラフィック「1_WALL」のグランプリを受賞しました。受賞作は「芸術に関心のない人でも巻き込まれる勢いを感じさせる」と審査員に評価されました。

時吉は、スマートフォンで撮影した犬の写真をコピー用紙に出力し、対象を原寸大の立体コラージュとして再現する作品を制作しています。正確に再現しながらも、平面の写真を強制的に立体にすることで不自然な歪みや独特の表情を持つ犬たちは、どこか違和感やユーモアを感じさせます。自身の部屋を撮影した写真で現実空間にその部屋を再現する作品や、さらにそれを解体し、平面に再構成したブックの制作も行っています。平面と立体を行き来しながら、複製を繰り返すことによる表現を試みています。

本展では、犬の立体コラージュを中心に、写真作品や、新作インスタレーションを展示します。1月15日(月)にはイラストレーターの白根ゆたんぽさんをゲストに迎え、二人の創作の秘密に迫るトークイベントを開催します。

 

******************

 

時吉あきな

1994年生まれ。
2016年 京都造形芸術大学情報デザイン学科卒業。

2014年  Here is ZINE Tokyo 10  一般公募枠入選
2016年 The Chelsea International Fine Art Competition 入選
2017年 第16回グラフィック「1_WALL」グランプリ受賞
Here is ZINE Tokyo 15  参加
グループ展 怒羅権 参加
全感覚祭 2017 参加

Twitter:@uchuuu55
Instagram:@akinatokiyoshi

 

 

******************

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ/クスモト

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –
教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常
授業風景   1年生  2年生   3年生  4年生
受賞、展覧会、メディア掲載情報

  • LINEで送る

2017年12月13日  イベント

【講演情報】「ウィム・クロウエル グリッドに魅せられて」展 特別講義

こんにちは、情報デザイン研究室です。

今回は12月15日に行われます、特別講義についてお知らせいたします!

 

京都dddギャラリーにて、12月14日(木)より開催される

オランダのグラフィックデザイナー、

「ウィム・クロウエル展 グリッドに魅せられて」展に伴い、

情報デザイン学科では、京都dddギャラリーと共催による特別講義を行います。

 

この展覧会は、ウィム・クロウエル(1928年~)の業績の全容を伝える展覧会として日本初となります。

1952年に展覧会を手掛けるデザイナーとしてキャリアをスタートさせたクロウエルは、

アムステルダム市立美術館のグラフィックデザイナー(1963-1984年)として広く知られ、

その他にも実験的なコンピューター・アルファベットや切手、カレンダーのデザインでも高く評価されています。

今回の特別講義では、同学科教授であり、

タイポグラフィを基軸としてブックデザインやプロダクトデザイン、

グラフィックデザインと分野を横断する制作を続けているデザイナーの佐藤淳先生と、

アムステルダム市立美術館グラフィックデザイン部門キュレーターのカロリン・フラーゼンブルク氏が、

それぞれクロウエル作品の魅力について語ります。

どなたでも自由に聴講頂けますので、この機会にぜひお越しください。

 

 

―以下、チラシより転載―

京都造形芸術大学 情報デザイン学科は、京都dddギャラリーとの共催企画として、ウィム・クロウエルを中心としたグラフィックデザインに迫る特別講義を開催します。

当企画は、京都dddギャラリー第215回企画展「ウィム・クロウエル グリッドに魅せられて」との関連企画であり、展覧会のディレクションに関わったアムステルダム市立美術館グラフィックデザイン部門キュレーターのカロリン・フラーゼンブルク氏に登壇いただきます。アムステルダム市立美術館のグラフィックデザインコレクションを通して、ウィム・クロウエルのデザイン・アイデンティティからオランダのみならず世界のグラフィックデザインの、豊穣な内容に触れることのできる貴重な機会といえます。

また当講義の第一部として、本学情報デザイン学科より佐藤淳教授が登壇します。ロンドンを拠点としたデザイナー集団「オクタヴォ」と、ウィム・クロウエルとの関係性に迫る内容が予定されており、オランダデザインのさらなる魅力を紐解くきっかけとして期待されます。

crouwel

————————————————–

 

京都dddギャラリー第215回企画展

「ウィム・クロウエル グリッドに魅せられて」

特別関連企画 公開授業

日時:2017年12月15日(金)17:00-19:00

会場: 京都造形芸術大学 智勇館 1F ER11-12

参加費:無料

定員:100名

問合せ:京都造形芸術大学 075-791-9122(代表)

 

<第一部>

「ウィム・クロウエル:オクタヴォとの4年間」

佐藤 淳(京都造形芸術大学/情報デザイン学科教授)

<第二部>※通訳付

「ウィム・クロウエル:アムステルダム市立美術館グラフィックデザインコレクションにおける重要性」

カロリン・フラーゼンブルグ(アムステルダム市立美術館/グラフィックデザイン部門キュレーター)

 

————————————————–

 

 

 

 

 

 

スタッフ/クスモト
– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –
教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常
授業風景   1年生  2年生   3年生  4年生
受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

 

  • LINEで送る

2017年10月16日  イベント

教員・スタッフ展覧会情報

 

 

こんにちは、情報デザイン研究室です!

 

今回は現在開催中の丸井栄二先生の展覧会と、明日より開催となります、

研究室スタッフ右近あかねさんの展覧会情報をご紹介したいと思います!

 

まずは学生の皆さんがいつもお世話になっている丸井栄二先生の展覧会です。

京都で14日より「文字」についての展覧会をされています。

文字を定着するまでの行為、定着された後の認識など、

日常的に疑問を感じない「文字」についての展示となっているそうです。

 

「文字」はデザインを考える上での基本であり、とても奥深いモチーフでもありますね。

皆さんがこれからデザインを学ぶ上でもたくさん課題に挙ることと思います。

ぜひこの機会に観に行かれてはいかがでしょうか。

20171016165247

———————————————-

「文字と定着」 丸井栄二

 

2017.10.14(土)-10.29(日)

open 11:00-19:00

close tuesday&不定休

場所 Community Store TO SEE

http://t-o-s-e-e.jp

———————————————-

 

お次は研究室スタッフ、右近あかねさんの展覧会です!

こちらも京都で明日17日からの開催となっています。

右近さんは、可愛らしい動物のイラストのペインティング作品や、

シルクスクリーンを使った版画作品などを制作しています。

今回はペインティング作品の展示となるようですよ!

 

ギャラリーはバーと併設されていて、

お店もとっても良い雰囲気だそうです。

22382311_1330192470441580_6304311791453930135_o

———————————————-

『Waiting in the night』
2017.10.17(土)- 11.18(土)
19:00~23:30 ※日、月お休み
場所:nonamoni bar
https://www.facebook.com/nonamoni.bar/
住所:京都市左京区吉田本町2-2

 

右近あかねWeb

http://akaneukon.wixsite.com/yabuinufactory

 

———————————————-

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ/クスモト

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

  • LINEで送る

2017年10月13日  イベント

台風ニモマケズ 学生作品展2017

こんにちは、情報デザイン学科研究室です。

徐々に季節が秋になり夜が冷えて来ましたね。

 

 

少し前になりますが、

ここで夏休み終盤に開催された

【学生作品展(瓜生山祭)】についてご報告させていただきます!

 

 

まずは搬入の様子からご紹介していきたいと思います。

情報デザイン学科では3年生から5つの領域に別れ、その領域ごとに展示を行います。

4

普段は授業教室として使用している場所を、展示空間に変えていくのはなかなか大変な作業です。

 

1

 

2

先生にアドバイスをもらいながら、少しずつ展示空間が出来上がってゆきます。

 

3

みなさん四苦八苦しつつも、仲間たちと楽しんで搬入していました。

 

 

 

[creator’s market]

 

情報デザイン学科では毎年、学生たちのオリジナルグッズを販売する「creator’s market」も同時開催しています。

5

出品者でもある学生スタッフがショップのポスター、キャプション、レイアウトまでデザインし、

自分達でお店を作っていきました。

 

6

7

 

 

そして瓜生山祭当日!!

 

名称未設定 2 名称未設定 3 名称未設定-1

様々な形態の作品が出揃いました。

各領域ごとに特色が出ていて賑やかな空間となり、

来場者の方々にも楽しんで観ていただけたのではないでしょうか。

 

8

台風が接近していたにもかかわらず、たくさんの方々にご来場いただくことができました。

 

creator’s marketでは売り切れ続出、こちらも大盛況!

 

15

 

夏休みの終わりを締めくくるに相応しいイベントとなりました。

3年生はこの学生作品展を経て、来年から始まる卒業制作へのイメージが湧いたのではないでしょうか。

今後の展示にも期待です!

 

 

 

スタッフ/カゲヤマ

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

1 2 3 19

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。