情報デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2019年10月3日  イベント

国際アニメーション・デー2019 in 京都

情報デザイン学科では、毎年恒例になっております

「国際アニメーション デー2019 in 京都」 が今年は10/18(金)に望天館4Fにて開催されます!

10月28日は「国際アニメーション・デー」と定められており、

毎年10月28日の前後は世界中でアニメーションの上映や関連の催しが行われています。今年は新しくなった望天館での開催になります!ぜひ館内もご覧ください。

 

 

今年もゲストにASIFA会長の木下小夜子さんをお迎えして、
世界各国から集められた様々なアニメーションを上映します。
今年は国際アニメーションフィルム協会クロアチア支部からお借りした、
最新アニメーション作品と、広島国際アニメーションフェスティバルで
受賞した作品を上映します。

 

※写真は昨年度の様子です。

 

IAD003

 

IAD006

 

IMG_7147

 

前回は上映の合間には、木下さんが作品やアニメーションの解説、作家さんの話などをしてくださり、とても貴重なお話を聞くことが出来ました。

 

IAD19_Poster_修正2-2

 

アニメーションが好きな人も、あまり見たことのない人も、

どなたでも無料でご覧いただけますので、是非、足をお運びください!

普段見ることの出来ない、様々なテイストのアニメーションを観ることが出来ますよ〜!

上映プログラム等の詳細は、こちらからどうぞ!

 

プログラム:
 16:30開場
 17:00-18:30 クロアチア アニメーション最新作 2018
 10分休憩
 18:40-20:00 広島国際アニメーションフェスティバル受賞作

 

//////

日時

2019年10月18日(金)
16:30開場、17:00開演(20:00終了予定)

会場:

京都造形芸術大学 望天館4F (BT41) 
〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
075-791-9122(代表)

 

//////

講師

木下小夜子 (ASIFA会長、広島国際アニメーションフェスティバル ディレクター) 

東京生まれ。女子美術短期大学造形学科卒業。
虫プロダクションを経て、1969年、(株)スタジオロータス入社。以来、国際的に、アニメーション・メディアを基軸とした制作・開発・教育・振興等、幅広い事業・活動を展開し、その仕事はアニメーションのみならず、ドキュメンタリーやフィクションを含む映像分野全般に及ぶ。
2006年〜2009年および2018年〜現在、ASIFA会長。ASIFA-JAPAN会長、広島国際アニメーションフェスティバル ディレクター、日本アニメーション学会(JSAS)顧問、大阪芸術大学客員教授、女子美術大学理事。

 

大西宏志 (ASIFA-JAPAN理事、京都造形芸術大学 教授) 

映像作家。映像プロダクション等のディレクターを経て、2002年より現職。

本学では、情報デザイン学科と大学院デザイン領域でストーリー作りやアニメーションを教えている。

『モノ学の冒険』鎌田東二編(創元社2008年)、『海賊史観からみた世界史の再構成』稲賀繁美編(思文閣)、『映しと移ろい』稲賀繁美編(花鳥社2019年)、『旅メーション「死生学」』(2018年)他。

 

 

 

  • LINEで送る

2019年9月14日  イベント

【学生作品展】本日より開催!!!

こんにちは、情報デザイン研究室です。

 

本日より京都造形芸術大学では大瓜生山祭が開催されており、

同時に3年生による「学生作品展」も始まりました!

 

学生作品展では、京都造形芸術大学13学科

3年生の作品展示・研究発表をキャンパス全体を展示会場として行います。

情報デザインコースでは、智勇館、創々館が展示会場となります。

どの領域も3年間の学びの成果が出し尽くされた、とても見応えのある展示となっています!

皆で力を合わせて完成をしたこの学生作品展、

ぜひ多くの方にご鑑賞いただければ幸いです!!!

 

ほんの一部ではありますが、情報デザイン学科 展示風景をご紹介させていただきます。

 

 

1F(BR11-12)3年生 情報デザインコース A領域

_MG_1745

3F(BR31-33)3年生 情報デザインコース B領域

 

_MG_1734

 

_MG_1736

 

1F(BR13-14)3年生 情報デザインコース C領域

 

_MG_1747

 

4F(BR41-43)3年生 イラストレーションコース  D領域/E領域

_MG_1719

 

 

 

創々館 1F(SO11)情報デザイン学科2年生 前期課題の雑誌「大学2年生」の展示が行われています。

_MG_1779

 

1F エントランス Creator’s market(通称:情デshop)

智勇館エントランスでは、情報デザイン学科の学生、教員、職員が制作したオリジナルグッズを販売。

 

_MG_1759

 

情報デザイン学科校舎の智勇館は1F〜4Fまで展示が続いており、盛りだくさんの内容となっております。

_MG_1753

こちら↑の「Creator’s market」の大きな看板が目印の情報デザイン学科にぜひ遊びにいらしてくださいね。

情報デザイン学科一同、心よりお待ちしております!!

 

_MG_1772

 

_MG_1714

 

 

 

情報デザイン学科 2019年度 学生作品展 

日時:9月14日(土)〜9月15日(日)10:00〜19:00

場所: 京都造形芸術大学 智勇館・創々館

 

 

情報デザイン学科 : スタッフ かつ/クスモト

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年7月25日  イベント

【クロステックデザインコース】真夏のオープンキャンパスを開催!

 

7/20-21に行われた「真夏のオープンキャンパス」にはたくさんの高校生や保護者の方にご来場いただきました。

クロステックデザインコースでは今回、「ボディスキャン体験」「分解ワークショップ」「バーチャルスタッフまとい」「VR体験」など様々なworkshopを体験いただきました。

 

DSC_0663

DSC_0618

DSC_0672

DSC_0633

DSC_0654

DSC_0657DSC_0747

おそらく多くの方がクロステックデザインって何をするコースなのかよくわからない! と感じていらっしゃるのではないでしょうか?

クロステックデザインコースではこれからのモノとサービスの関係、スタートアップを学べます。

さらに言えば、人の働き方や楽しみ方をデザインするコースでもあります。

デザインは色や形をただ綺麗にするだけのものではなく、それを見た人の行動原理を変えるためのもの。クロステックデザインコースではいわゆる「色」や「形」によって行動原理を変えるのではなく、「テクノロジー」によって人の生活をデザインすることに挑戦しています。

旅をするときにホテルだけではなく、Airbnbを使ったりしませんか?

ご飯を食べに行くときに、他の人のレビューを見られるサイトをチェックしていたりしませんか?

 

今や移動するのにはタクシーだけでなく、uberを使ったりレンタサイクルを使ったり、そしてそれらの予約は全てオンラインできるようになっていたりして便利になっていますよね。

ちょっと昔までそんなデザインはされていなかったはずです。

 

クロステックデザインコースはそんな風に今までなかったサービスやプロダクトを考えたり、実際手を動かして作ることを学べる場所です。

文系でも理系でも垣根を超えて、一緒になって学べます。興味のある方は是非!次回はいよいよ夏期コミュニケーション入学で、みなさんをお待ちしております!

エントリーは8/1(木) 17:00まで。
https://www.kyoto-art.ac.jp/admission/exam/communication_s/

 

 

 

クロステックの日々の授業風景、イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。
ぜひそちらもチェックしてみてください!
Instagram     Twitter

  • LINEで送る

2019年7月12日  イベント

【情デの授業】体験入学って実際どんな感じ?未来の後輩に紹介します!

 

 

こんにちは、

情報デザイン学科ビジュアルコミュニケーションデザインコースの高橋です。

 

最近Tsutaeという情デの編集室も第二期となり、後輩が新しくできました!

そんな先輩になった高橋ですが、先日未来の後輩!?と交流する機会があったので紹介いたします。

 

高校生のみなさんは大学に入学できるのをご存知ですか?

京都造形芸術大学では「体験入学」という、

入学前のみなさんが芸大生として本格的な授業を受講できるプログラムが存在します。

入学後4年間指導してくださる先生方が担当してくださるので、よりリアルな大学生活を実感できます!

 

体験授業の内容などはこちらからチェック!!

 

 

1日体験入学のレポート【ビジュアルコミュニケーションデザインコース編】

1日体験入学のレポート 【イラストレーションコース編】

 

 

 

3年前に私も沢山の中から興味をもった授業に参加しました。

高校では農業科に通っていたこともあり「情報デザイン」ってなんだろう?

「芸大」ってどんなところだろうと不安を抱えていたのが懐かしいです(笑)

 

 

 

sasie_01

 

教室に入ってすぐの第一印象は、人が多い!机がいくつかの島に別れているけれど、なんせ多い!!!

授業体験なんて言ってるけど、本当に大学入ってもこんな感じなの!?なんて思いながら、

授業が始まるのをそわそわしながら待っていました。

 

 

 

sasie_02

 

授業は先生たちの掛け合いが面白く、楽しく受けることができました。

実際に大学生になってから受けた授業でも、そんな掛け合いを見ることができ、面白いですよ!

 

ちなみに、授業の雰囲気やその時サポートで参加されていた先輩と先生との関係性などが良いな~と思い、

この体験をきっかけに私は受験を決断しました!

 

 

 

 

sasie_03

一人の受験生の感想として参考にしていただけたらと思います!

次の体験入学も参加しているので、みなさんぜひお越しくださいね。

お待ちしています~~!!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いよいよ真夏のオープンキャンパス!

オープンキャンパス 7月20日(土)7月21日(日)に開催!!!!!

興味がある方はぜひご参加ください。詳細はこちら

 

 

 

【Tsutae 取材班】

高橋 和奏(ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生、京都府立桂高等学校 出身)

飴 誉穂(イラストレーションコース1年生、松蔭高等学校 出身)

 

  • LINEで送る

2019年7月10日  イベント

【クロステックデザインコース】「一日体験入学」を開催しました!

7/7(日)のクロステック「一日体験入学」にたくさんの高校生の皆さんにお越しいただきました。

 

今回の「一日体験入学」ではARを使ってチームで動画を作ってもらいました。

DSC_0479

DSC_0440
ワークショップが始まる前に、先生方からワクワクする企画の作り方や技術を使って生活を便利にする考え方、ARを含めたXRについての説明がありました。ARは今やgoogle mapやポケモンgoなどでも使われている技術だったりします。

DSC_0538

さて、ワークショップに入っていきます!
今回のワークショップでは在学生と一緒に学内をフィールドワークし、「便利」と「ワクワク」それぞれのテーマをもとに、「便利」はARを使って誰かの役に立つアイディアを、「ワクワク」はARを使って楽しくなる映像コンテンツを作ってもらいました。

DSC_0557

DSC_0506

例えば、見学者や在学生、日本語学校の学生まで、京都造形芸術大学では色んな人が使う食堂。その使い方がいまいちわからないという意見から、並び方の情報を整理したアイディアをARで提示してみたり、少し閑散としているように感じるテラスをくじらやゴジラの絵を描いてワクワク空間に変えてみるといったアイディアが出ました。

DSC_0546

DSC_0526

クロステックデザインコースでは最新技術に加え、私たちの生活をもっと楽しく便利にデザインする方法を学んでいく授業を行っています。

新しいテクノロジーを使って新しいサービスを作ってみたい人、
誰かを楽しませる企画を考えていきたい人、技術力や発想力、リーダシップ等、グループ制作の中で自分の得意な分野を活かしていきたいと思っている人にはクロステックデザインコースがお勧めです!

 

次回は7/20(土)・21(日)の「真夏のオープンキャンパス」でみなさんをお待ちしております!

クロステックの日々の授業風景、イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。
ぜひそちらもチェックしてみてください!
Instagram     Twitter

1 2 3 26

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。