情報デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2019年6月14日  イベント

1日体験入学のレポート【ビジュアルコミュニケーションデザインコース編】

 

こんにちは。情報デザイン研究室です。

京都造形芸術大学では6月9日に体験型オープンキャンパスの1日体験授業を行いました。

 

今回から2回にわたり、ビジュアルコミュニケーションデザインコースと

イラストレーションコースの体験授業の模様をお伝えします。

 

まずはビジュアルコミュニケーションデザインコースの授業の様子をご覧ください。

 

_MG_2606

ビジュアルコミュニケーションデザインコースの体験授業は、ウォーミングアップから始まりました。

好きな食べ物を一つ紙に書き、その用紙を隣の人へ回し、

他者が書いた「好きな食べ物」を美味しそうに1分間でプレゼンテーションするという内容です。

 

_MG_2589_MG_2587

1分間という短い時間で相手に伝わるように話すのはなかなか大変そうでしたが、

皆さん笑顔で取り組んでくれました。

 

 

 

続いて、先生からのご挨拶。

「こんにちは」の文字が大きさを変えて次々とモニターに表示されます。

 

_MG_2593

この「こんにちは」の文字の大きさや書体の違いによって、

声の大きさや話している人の印象が随分変わるよね、と先生はお話しされていました。

この受け手に与える印象について考えることが、デザインを生み出すきっかけとなります。

 

「こんにちは」のお話を踏まえて、今度は「THANK YOU」をテーマに

状況やシーンに応じて書体を選んでみると言った課題に移りました。

 

THANK YOU」の書体を選んだ後は、書体を紙面のどこに置くか、

そして自分が伝えたい相手(家族、友達など)にどのように伝えるか、文字のみでデザインを完成させます。

 

_MG_2614

_MG_2620

たくさんの書体の一覧を比較しながら、伝えたいイメージを頭に浮かべて皆さん奮闘しているようでした。

 

_MG_2567

 

短い時間ではありますが、実際に大学の授業を体験することで

デザインを学ぶことへのイメージが想像出来たのではないでしょうか。

 

1日体験入学は、大学生活をイメージする貴重なチャンス。
楽しみながら一緒に学んでいきましょう!

 

 

次回の1日体験授業は「白(余白)が語るデザイン」をテーマに7月7日に開催いたします。

興味がある方はぜひご参加ください。詳細はこちら

 

 

 

スタッフ:ウコン

  • LINEで送る

2019年6月10日  イベント

【クロステックデザインコース】「一日体験入学」を開催しました!

 

昨日6/9(日)は「一日体験入学」でした。

 

DSC_0564

クロステックデザインコースにも、たくさんの高校生の皆さんにお越しいただきました。

 

DSC_0724

100分間という限られた時間でしたが、アイディア出し方の講義や電子基板の組み立て、VR体験と様々な体験をしていただき、最後は「VR」+「〇〇」というテーマで新しいサービスや製品をグループごとにブレインストーミングして発表してもらいました。

 

DSC_0686

DSC_0653

DSC_0602

いろんな要素の体験を100分間に詰め込みましたが、クロステックデザインコースが技術とアイディアを組み合わせ、新しい視点でものごとを切り開き、制作していくコースだからです。

 

DSC_0619

最先端の技術に触れていたいけれど、技術屋さんになるのは少し違う。
アイディアはたくさんあるけれど、技術が一人では学びきれない。

 

自分の得意分野を見つけて、それを活かせるチームで新しいモノ・コトを作っていきたい人にはクロステックデザインコースがオススメです!

 

次回は7/7(日)の「1日体験入学」でお会いしましょう!!

お申し込みはこちらから

 

 

クロステックの日々の授業風景、イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。
ぜひそちらもチェックしてみてください。
Instagram    Twitter

  • LINEで送る

2019年6月5日  イベント

【情デの放課後】新入生歓迎会を開いてみた!

sinkan-img01

こんにちは。イラストレーションコース2年生の小島大樹(ひろき)です!

新年度が始まってから1ヶ月が経ちました。皆さんは新しい環境には慣れたでしょうか?

情報デザイン学科の1年生は、新環境のなか日々邁進しております!みんな、頑張れ!

 

そんな1回生を歓迎すべく、新入生歓迎会をTsutaeで企画しました。

今回はその新歓の様子を写真と共にお伝えします。それでは、どうぞ〜〜〜!!!

sinkan-img02

会場に人がいっぱい!たくさんきてくれてありがとう!

 

sinkan-img03

さすが芸大!みんなどんどん落書きしていきます!(こういうのあると筋肉書きがちだよ

ね・笑)

sinkan-img04

目玉企画はなんとカレー!仲良くなるためには同じご飯を食べてこそですよね!

カレーをもらうために長蛇の列!私はなんだか小学校の給食を思い出しました。懐かしいな〜。

sinkan-img05

いつも普通に食べているカレーも、コップに入れるだけでなんだか可愛く見えませんか?

今回の新歓はそんな企画でした。

sinkan-img06

しかし、ただカレーを食べることは許しません。ちゃんと挨拶をしないとね。

というわけで近くにいる人と「おつカレー!」

sinkan-img07

カレーを美味しそうに食べている1年生の顔をみて、Tsutae一同とても嬉しかったです。

 

sinkan-img08

sinkan-img09

 

イラストレーションコースも、ビジュアルコミュニケーションデザインコースも、思い思いに絵を書いていました。

ふたつのコースの人が同じホワイトボードに落書きをしている光景は少し感動しました。

なんだかふたつがひとつになった気がして嬉しかったです。言い過ぎですかね(笑)。

 

sinkan-img10

 

最近は芝生に思いっきり座るということも少なくなってきました。

普段は授業を受ける教室でそれをする、というのはすごい開放感でした。

 

sinkan-img11

最後にはちゃっかりTsutaeの宣伝を。1年目の活動を1年生の皆さんに紹介しました!

 

先生方や食堂の方々など様々な人たちの協力を得て出来上がった今回の新歓。

1年生に交流の場を与えたい、という思いがこの企画のきっかけでした。

この会での繋がりがこれからもずっと続くといいな。

 

高校生の皆さん、この新歓は「こんなことやってみたい」

「あんなことしたら面白そうじゃない?」といった思いつきから始まった企画です。

そんなものでも熱意を持って、時間をかければちゃんと形になることを今回で実感しました。

皆さんも時々は直感に任せてみるのも良いかもしれません。

以上、先輩の独り言でした(笑)。では、次回の記事で!

 

 

【Tsutae 第1期 ※五十音順、2019年度現在の学年で表記】

 

相場 葵(イラストレーションコース3年生、静岡県立磐田農業高等学校 出身)

有坪 沙恵(イラストレーションコース2年生、兵庫県立有馬高等学校 出身)

磯本 朱里(イラストレーションコース3年生、京都市立紫野高等学校 出身)

岩城 有香(イラストレーションコース3年生、京都市立紫野高等学校 出身)

鬼川 いおり(ビジュアルコミュニケーションデザインコース3年生、大阪府立枚方高等学校 出身)

高 むい(ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生、四條畷学園高等学校 出身)

小島 大樹(イラストレーションコース2年生、新潟県立高田北城高等学校 出身、記事担当)

五條 ゆり(ビジュアルコミュニケーションデザインコース1年生、大手前高松高等学校 出身)

坂之上 由衣(ビジュアルコミュニケーションコース3年生、兵庫県姫路市立琴丘高等学校 出身)

柴田 真衣(ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生、京都府立西城陽高等学校 出身)

菅沼 穂乃花(ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生、小松市立高等学校 出身)

杉山 桃華(ビジュアルコミュニケーションデザインコース3年生、滋賀県立草津高等学校 出身)

高瀬 蘭舞(ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生、京都市立銅駝芸術工芸高等学校 出身)

高橋 和奏(ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生、京都府立桂高等学校 出身)

竹内 佐代子(ビジュアルコミュニケーションデザインコース3年生、香川県立高松工芸高等学校 出身)

谷 琴音(ビジュアルコミュニケーションコース3年生、高知県立岡豊高等学校 出身)

藤賀 日菜(ビジュアルコミュニケーションデザインコース3年生、兵庫県立西脇高等学校 出身)

長谷川 文香(イラストレーションコース3年生、滋賀県立信楽高等学校 出身)

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年4月19日  イベント

研究室スタッフ 展覧会情報!

 

こんにちは、情報デザイン研究室です。

 

開催中の準備室スタッフ2名が参加する展覧会のお知らせです。

ゴールデンウィーク期間中も会期となっていますので、この機会にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか!

 

 

 

 

NM-flyer_proof4th-black_page-0001-5

 

 

ニューミューテーション #2『世界のうつし』展

日時
2019年4月16日 (火) – 2019年5月8日 (水)
10:00-20:00 *会期中無休・入場無料
会場
京都芸術センター ギャラリー北・南
出展作家
小松千倫、寺岡海

関連企画
アーティスト・トーク
日時:4月20日(土)14:00-15:00
集合:ギャラリー南 *入場無料、事前申込不要

※終了後にレセプションを行います。お気軽におたちよりください。
日時:4月20日(土)15:00 頃 –
会場:ミーティングルーム2(南館3階)

 

 

小松 千倫(こまつ かずみち)

1992年高知県生まれ。音楽家、美術家。国内外でアルバム・EPをリリース、オンラインでの作品発表を行っている。「インターネット・ミーム」によるストーリーの複製や擬似的な生成のリサーチに基づき、喪失や紛失などをテーマに音響作品やインスタレーションを展開する。主な展覧会に 『FAKEBOOK」(Workstation.、東京、2016)、「シンフォニーLDK」(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA、2017)、『見立てと想像力 ━ 千利休とマルセ ル・デュシャンへのオマージュ』展 (元淳風小学校、京都、2017)『Tips』(京都芸術センター、2018)など。

http://kazumichi-komastu.tumblr.com/

 

1

小松千倫《Pauser (Game)》2018|撮影:三野新

 

 

 

 

寺岡 海(てらおか かい)

1987年広島県生まれ。グループ展に『未来の途中の、途中の部分』(京都市立芸術大学ギャラリー@KUCA、2017)、『韓日芸術通信Part2 Cross Point』(韓国忠北文化館、2017)、『「応答」~SUMMER STATEMENT 2018報告とその後~』(秋田公立美術大学ギャラリーBIYONG POINT、2019)、個展に『世界と私のあいだ』(KUNST ARZT、2012、京都)、『Blanket and Dog』(Gallery PARC、京都、2015)、『A Wind』(KUNST ARZT、2017)があるほか、『描くこと | 平田猛 展』(art space co-jin、2019、京都)の企画をはじめキュレーション等も手掛ける。

2

寺岡海《自宅の照明を離れた場所で点灯する》2018

 

 

 

 

関西を拠点に活動する若手作家、小松千倫と寺岡海による二人展!

京都芸術センターでは昨年度より、関西圏を拠点に活動中の若手作家を取り上げるシリーズ「ニューミューテーション」を始動しました。第2回となる今回は、寺岡海、小松千倫の2名を紹介します。
——————————————

私たちは、外的世界をありのままに感じ取ることができません。あまりにも膨大であるためにその一部分しか捉えることができなかったり、反対に微細にすぎるために多くを取りこぼしてしまったりします。一方で私たちが体験する内的世界はいつも秘められた一回的なものであり、生じては失われていくのをとどめることができません。私たちが経験するのは、世界のうつるさまざまな界面で生じる現実の数々です。ときにアーティストは、世界の思いがけない側面をうつしだし、私たちの世界認識を変容させるでしょう。

ひとつの雲を複数の地点から捉えた《雲を反対側から同時に撮影する/2011年9月13日12時15分》(2011)のように、寺岡の作品ではしばしば、自分の意識の及ばないところで確かに存在しているはずの(自分自身を含む)世界の姿へのアクセスが試みられています。自己と世界とがひとつづきの連綿へと還元されていくような、世界の全体性と因果律への言祝ぎ(ことほぎ)の感覚をもたらします。
小松は、自身の身体やコミュニケーションにまつわる記憶をもとにしたインスタレーションなどを発表してきました。そこではモチーフの組み合わせが想像の契機となり展示室という公共的な場に私的な記憶の時空間を立ち上げます。自己の内面を他者の側へ投げわたすとき、それは否応なく断片化や静止を伴うでしょう。本展では映像プロジェクションをメインとした構成でアプローチします。

世界が変わらずに豊かなものであり続けるとしたら、それをどのように感知できるのでしょうか。誰もがそれぞれに別様の世界を生きるようになった現代において、他者との共在が可能になるのはどんなときでしょうか。それは私たちにとって最も素朴で切実な関心ごとのひとつです。今回紹介する2名による作品は、私たちの目にうつる世界を、ふたつの異なる角度から届けてくれることでしょう。

 

 

主催
京都芸術センター
URL
http://www.kac.or.jp/
問合せ先
TEL:075-213-1000
FAX:075-213-1004
E-mail:info@kac.or.jp

————————————

【オープンキャンパスのお知らせ】

 

427日(土)、28日(日)に高校生・受験生を対象としたオープンキャンパスがあります。

みなさんの参加をお待ちしています!

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc04-27_04-28/

参加が難しい方は、今後のオープンキャンパスの予定を以下よりご確認ください!

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/

 

 

  • LINEで送る

2019年2月20日  イベント

【卒業展】クロージングパーティー

 

こんにちは。情報デザイン研究室です。

 

9日間に渡って開催されました、【卒業展2018】が無事終了いたしました。

たくさんの方にご来場いただき、学生、教職員共々本当に感謝しております!!!

誠にありがとうございました。

 

最終日には学食でクロージングパーティーが行われました。

会場はたくさんの学生や教職員で賑わっており、

様々な人の力を合わせて卒業展を開催することが出来たのだと感じることの出来る瞬間でもありました。

_MG_9474

 

_MG_9436

2/4に搬入がスタートし、2/18の搬出まで皆さん朝から晩まで本当によく頑張っていました。

疲れもたまっていたと思いますが、クロージングパーティーでは皆さんホッと安心した表情を見せ、

共に頑張った仲間や先生方とパーティーを楽しんでいる様子でした。

 

IMG_8934

 

 

_MG_9434

_MG_9439

 

パーティーでは【同窓会特別賞】の授賞式も行われました。

_MG_9465

情報デザイン学科からは情報デザインコースの木村菜穂子さんと、

イラストレーションコース の渡邉早貴さんが受賞者として表彰状を受け取り、

多くの方々から拍手をいただきました!

お二人ともおめでとうございます!!

 

_MG_9473

4年間の集大成ともいえる卒業展を終え、皆さん様々な思いがあるかと思います。

今の気持ちを糧にして、春からの新たな一歩を踏み出してくださいね。

応援していますよ!

 

皆さん本当にお疲れ様でした。

 

スタッフ かつ

 

情報デザイン学科 KUAD BLOG 【卒業展2018】過去の記事はこちらから閲覧出来ます↓

 

【卒業展】本日から開催!!情D受賞作品講評会のお知らせ!

 

  2018年度 卒業展 受賞情報

 

【卒業展】2018年度 学長賞 受賞者コメント

 

 【卒業展】2018年度 優秀賞 受賞者コメント

 

  平川健司・増田セバスチャン特別賞【ゲスト特別賞】

 

 【卒業展】2018年コース特別賞・ゲスト特別賞・同窓会特別賞  受賞者コメント

 

1 2 3 4 26

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。