情報デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2019年2月16日  イベント

平川健司・増田セバスチャン特別賞【ゲスト特別賞】

 

こんにちは。情報デザイン研究室です。

 

先日、電通でエグゼクティブ・ディレクターをされている平川健司さんと、

情報デザイン学科の客員教授である増田セバスチャン先生をゲストにお迎えし、

【卒業展】情報デザイン学科講評会を行いました。

 

今回は、その際お二人から送られました「ゲスト特別賞」についてご紹介させていただきます!

 

IMG_4916

_MG_5107

平川健司特別賞に選ばれたのは、

情報デザインコース B領域の伊藤瑞希さん!

伊藤さんはコース特別賞とW受賞となりました。

 

_MG_5082

 

記載情報は以下の通りです。

氏名 | コース|作品タイトル | 展示場所

 

 

【平川健司 特別賞】

情報デザインコース | 伊藤瑞希(いとう みづき) | てんじってなんだってんじ? |BR3F

11525006_ItoMizuki

【選評】

点字識字率は10パーセント。
点字という日常的に目にし当たり前になっている存在に改めて光を当てた作品。
日常に潜む無関心を掘り起こす社会的課題の見える化とその解決をインスタレーションを活用して提案できている。

平川健司

 

 

そして、増田セバスチャン先生より、

イラストレーションコース  D領域 遠藤真裕子さんに特別賞が送られました。

遠藤さんもコース特別賞とW受賞です!!

 

_MG_5106

 

 

【増田セバスチャン 特別賞】

イラストレーションコース | 遠藤真裕子(えんどう まゆこ) |mark=311 | BR1F

11522008_MayukoEndo

【選評】

「この作品が提示する、作って壊して、作ったものが壊されて、紡いだモノが絡まって…という、彼女がこの大学で過ごしていた”時間”そのものが展示されていたように思う。
イラストレーションをずっと勉強して、最後にこういった展示をするのは勇気がいるだろう。
しかし、彼女がこれから社会に出てから経験するであろう様々な試練みたいなものは、きっと、自分の気持ちに正直にやり切ったということで、ゆうに乗り越えられるはず。テクニックではなくその点を評価した。」 増田セバスチャン

 

_MG_5068

 

伊藤さん、遠藤さん、本当におめでとうございます!

卒業展は明日17日(日)まで開催されています。ぜひとも実際に作品をご高覧いただけましたら幸いです。

みなさまのご来場、心よりお待ちしております。

 

////////////

京都造形芸術大学 卒業展/大学院 修了展

日程:2/9(土)〜2/17(日)

時間:10:00〜18:00

場所:京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス

詳しくはこちらから→

2/16(土)2/17(日)同時開催!オープンキャンパス

詳しくはこちらから→

 

 

スタッフ かつ

 

 

  • LINEで送る

2019年1月18日  イベント

【展覧会情報】

 

こんにちは。情報デザイン研究室です。

 

本日は今週からはじまる2つの成果展【最後の絵本ゼミ展】【今 through the lens】と

学外の展示【れんたるず】をご紹介させていただきます。

 

 

//////

 

絵本ゼミ展

 

まずは【最後の絵本ゼミ展】

 

絵本作家である長谷川集平先生ご担当の授業で制作された、絵本の展示が行われています。

14名の学生オリジナルの絵本だけではなく、長谷川集平先生の絵本も読むことも出来ます!

ぜひ、のんびりと絵本を楽しみにいらして下さい。

 

 

【長谷川集平 絵本ゼミ 最後の絵本ゼミ展】

会期:1月18日(金)、1月21日(月)〜 22日(火)12:00〜18:00

   1月23日(水)16:30〜18:00/ 1月24日(木)13:10〜16:00合評

        ※土日は閉室しています。

場所:智勇館 4F BR47

 

出展作家:

長谷川集平(担当教員)

榎 櫻 /中西 紗彩/ 水澤 祥太朗/ 山谷 勇揮/ 吉田 花凛/秋山 梨乃 /曽 珍 /田中 龍一 /

田原 愛梨佳/ 辻 藍美/ 藤谷 綾音/ 古川 睦子/ 山本 珠理(情報デザイン学科3年生)頼 嘉亮(大学院生)

 

 

///////

 

小さいサイズPOSTER_EPexhibition-A2

次に、智勇館1Fエントランスで行われています、写真展【今 through the lens】のご紹介です。

こちらは写真家である亀村俊二先生ご担当の授業の成果展です。

「今」をテーマにそれぞれの目線で切り取られた写真表現をお楽しみください。

 

【今 through the lens】

 

会期:1月17日(金)〜 1月24日(木)

場所:智勇館 1F エントランス

出展作家:

亀村俊二(担当教員)

根路銘 夏帆 /清水 敬介/ 橋本 千鶴/ 荒谷 さき/ 今村 明日香/ 一橋 匠蔵/

浴井 崇/田中 美早/ 中釜 美由季/  森弘 麻友/ 横山 綾佳/ 中川 華/  FAGNART Sam/

BRAGLIA Giulia/ CARNEVALE BARAGLIA Luisa/ REINTGES Hana

 

///////

 

クマグスク

最後は学外で行われます4年生ふたりの展示【れんたるず】

卒業制作でとても忙しいこの時期に、学外でも勢力的に活動をしています!

オープニングパーティーやライブペイントも行われるそうですよ。

彼らを知っている人はもちろん、たくさんの方に足を運んでいただければと思います。

 

【れんたるず】

 

会期:1月19日(土)〜 1月27日(日)16:00〜21:00  入場無料・会期中無休

   オープニングパーティー1月19日(土)

   ライブペイント(瀬尾椋生)1月23日(水),1月24日(木)

http://kumagusuku.info/994

 

場所:京都アートホステル クマグスク

出展作家:近藤良和 / 瀬尾椋生

 

////

 

また、2月9日からは卒業展がスタートします!

ぜひ卒業生の集大成を観にいらしてください!!!

 

詳しくはこちらをどうぞ→2018年度 京都造形芸術大学 卒業展/大学院修了展 

 

 

 

 

スタッフ かつ

 

 

 

  • LINEで送る

2018年12月8日  イベント

VCDコース二回生C領域『五覚展』開催のお知らせ

 

今回はVCDコース二回生C領域からのお知らせです!

12月6日より学生食堂にて、C領域は味覚についての展示「五覚展」を行います。

 

photo5_retouch

味覚展ならぬ「五覚展」。

食堂は甘味、酸味、苦味、塩味、旨味の五覚が混ざり合う場所。

何気なく食べているご飯も味覚について少し考えてみることで、

いつもと少し違った味になるはず。いったい味覚とはなんなのだろう?

 

私たちの表現する「味覚」をぜひ味わいに来てください!

 

五覚展告知物

情報デザイン学科2年生 C領域「五覚展」

 

期間: 12月6日(木)〜12月12日(水)

開催時間: 平日8時半〜20時、土日8時半〜14時

場所: 京都造形芸術大学 至誠館3F 学生食堂

※今回の展示は、これから巡回展として京都各地の大学を回る予定です!

 

 

【Tsutae 取材班】

藤原 ゆい(ビジュアルコミュニケーションデザインコース2回、高知県立高知小津高等学校 出身)

 

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2018年11月19日  イベント

電通人権アートプロジェクト ポスター展のお知らせ

 

情報デザイン研究室です。

毎年恒例の京都造形芸術大学 情報デザイン学科 ×電通 「人権アートプロジェクト」2018展が、

本日より知勇館1階エントランスにて始まりました!

 

色味1

色味2

 

色味5

 

「人権アートプロジェクト」とは、電通で募集・制作された人権スローガンをもとに、

美術大学の学生がビジュアルデザインを考え、人権ポスターを制作する活動です。

2007年にスタートし、11年より関西の芸術系大学としては初めて本学が参加することになりました。

学生と電通のクリエーターが一緒に、アイデア段階から検討を重ねてポスター制作を行い、

各地での展覧会開催や、人権保護の立場にあるイベントにポスターを貸し出すなどの活動を行っています。 今年度も、電通のアートディレクターや、プランナーの講師に直接ご指導いただき、さまざまな人権ポスターが完成しました。

この展覧会が、改めて「人権」について考えて頂く機会となれば幸いです。

是非ともご高覧下さい。

 

—————————————————————–

 

展覧会

「電通×京都造形芸術大学 人権アートプロジェクト2018

 

日時:201811月19日(月)~23日(金)9:0020:30

(最終日は16:30まで)

場所:京都造形芸術大学  智勇館1F エントランス

 

—————————————————————–

 

 

 

 

 

スタッフ/クスモト

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

  • LINEで送る

2018年11月13日  イベント

【クロステックデザインコース】鯖江市に研修旅行に行ってきました

11/9-10の一泊二日で福井県鯖江市に研修旅行に行ってきました!

前週に特別講義に来ていただいた福野泰介さんから伺ったお話の現場です。

 

鯖江といえばめがね!

まずはめがねミュージアムでめがねストラップ作りを体験です。

形を削って…IMG_4763

研磨機で磨いて…

IMG_4769

穴を開けて出来上がり!

IMG_4777IMG_4768

ここでは1日かけて実際のめがねも作れるそうです。

体験だけでなくめがねの博物館やショップも充実していてめがね好きには堪らないスポットでした。

小笠原先生と軽部先生も記念にパチリ!

IMG_4785

 

夕方には鯖江市役所にお邪魔して、鯖江市のオープンデータの活用や子どもたちへのプログラミング教育、全国の大学生が集まる地域活性プランコンテストなどさまざまな革新的な取り組みについてお話いただきました。

IMG_4792

なんと急遽、牧野市長も登場!

IMG_4790 (1)

 

宿泊はかわだ温泉にお世話になりました。

先生たちによるレクリエーションは予定を大幅に超えて23時まで、そして解散後も各々の部屋で賑やかに過ごして寝不足の学生が多かったようです。

R0006799IMG_4804

二日目はうるしの里会館での絵付け体験。

用意されていた下絵を使わず、オリジナルの絵柄を描く学生が多かったのは芸大ならではですね。

IMG_2736 (1)

IMG_4819

 

この辺りは古くから漆器や木工、焼物、和紙などものづくり産業が盛んな土地とのことで、工房が併設されている木製雑貨店のHacoaと県内外からセレクトしたプロダクトを扱うataWにもお邪魔しました。

IMG_4825IMG_4828

どちらのショップも商品はもちろんディスプレイや建物、空間全体がおしゃれ!

学生たちもいい刺激をもらったと思います。

 

新しいものをどんどん取り入れて官民一体で前に進んでいる感じがビジバシ伝わってくる鯖江。

これからも目が離せません!

 

1 2 3 4 5 26

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。