こども芸術学科

2013年4月

  • LINEで送る

2013年4月20日  日常風景

手作り市でステンドグラス発見!│こども×アートな日常

 

新緑のまぶしい春のうららかな日差しの中、先日15日に知恩寺手作り市がありました。

 

アクセサリー、手ぬぐい、革製品、手作り楽器、家具、パン屋、珈琲、マッサージなど、たくさんの個性的なお店がところ狭しと並ぶ中、大勢の人達が訪れ、楽しんでいます。

 

IMG_0578

 

僕もその日、あるものを探しに、仕事の合間を縫って訪れました。あるものというのは、今、わが家の離れを増築中なのですが、トイレの扉に昭和の型ガラスを嵌めたいな、と思ったのです。

 

そうして物色していると..ありました、ステンドグラス!さすが知恩寺手作り市。アンティークな型ガラスを周りにあしらってあります。

 

IMG_4719

そして、なんと、ステンドグラスのモビール素材、星とロケットも!

 

IMG_4718

わが家では妻がお絵かき教室をしているのですが、トイレの天井に吊して子ども達を驚かすことを思い付き、思わず買ってしまいました。実は、トイレの壁にはフレスコ画という技法で、宇宙を制作中です。フフフ、これは、また別の機会に報告しましょう。因みにフレスコ画は、こども芸術学科の1年次「絵画基礎」ほか、授業でも展開しています

 

学生や卒業生も出品している、毎月15日の知恩寺手作り市。京都造形芸術大学から会場まで距離にすると、自転車で10分以内です。

皆さんも、お気に入りの一品に出会えるかも知れませんよ。毎月15日には京都百万遍の手作り市に行ってみませんか?

 

(森本玄/絵画)

  • LINEで送る

2013年4月16日  授業風景

1年生、インクとペンを作って描く|1年次「絵画基礎」

 

こども芸術学科では、絵画・デザイン・彫刻・工芸基礎を1年から2年次にかけて半期ずつ経験してゆきます。他にはコンピュータ演習や、ピアノ実技も学びます。あれもしたい、これもしたいという欲張りな人にはぴったり?

 

さて、今日は、1年生の初回授業をリポートします。

 

まず、コンロとお鍋、お玉を用意します。

ん?調理実習?

いえいえ、そうではありません。

 

学生たちは3グループに分かれます。お鍋に水を入れたら紅茶、緑茶、珈琲を取り出し、それぞれの飲み物を煮出します。

 

そこへ、台所周りで見かける○○を投入すると…

不思議なことに黒く変色しました!これがインクになるのです。

 

IMG_4683

そう、実はこの授業は、れっきとした「絵画基礎」という授業なのです。皆で共同作業ですから学生さん、和気あいあいと楽しんでいます。

 

インクの次には竹のような××を鋸で優しくカットし、ナイフを使ってペンを作りました。インクづくりとは一転して、それぞれ真剣な表情。無言で素材を削っています。 「人間は考える××である」と数学者パスカルは言ったそうです。..と書いたら××って何か、解るでしょうか?

 

さあ、これで手作りインクと××ペンが出来上がりました。

 

今度は、インクを作ったグループで輪になってもらい、クロッキーです。順番にモデルをしながら描いてゆきます。

 

IMG_4695

正確に描くことより、生き生きとした線を引けるように、呼吸と描く線をシンクロします。

 

クロッキーはデッサンの基本。クロッキーとは短時間に対象の本質的なものを見極めて描く修練です。枚数を描くほど、自信になりますよ。

 

○○とxxの答えが知りたい人は、4月28日、29日のオープンキャンパス、こども芸術学科のブースに来てネ!

 

(森本玄/絵画)

  • LINEで送る

2013年4月13日  授業風景

こども芸術学科 Bzemi始動!|3・4年次「Bzemi」

 

こども芸術学科(以下こ学)のある地心館は、瓜生山キャンパス最南端です。

学食のある至誠館屋上から松林館を抜け、新緑の美しい小径を抜けると、やっとたどり着きます。



最初に見える教室がBzemi実習室。

こ学では、3年次から、制作はABC3つのゼミに分かれます。

どのゼミも、3・4年次生が一つのゼミ室で制作しています。

 

先日は授業初日でもあり、各ゼミ、茶話会でスタート。

今日はBzemiの紹介です。

担当教員は発達心理学が専門のやさしいコワモテ(笑)岸本先生、

そして、絵画が専門の、わたくし森本です。

 

先輩達がお菓子を買いに走り、テーブルをセッティングしてくれました!


IMG_4703


ちゃんとテーブルクロスが敷かれ、キットカットが三角形にディスプレイされています。

お花も生けてある!

一つ一つに感動して聞いたら、花は伊藤さんが摘んできて、ディスプレイは全て近藤さんがやったとのこと。

伊藤さん、近藤さん、やるね!

紙コップには、名前と、先生のカップにはイラストまで!

 

岸本先生の紙コップにはなぜかオットセイが、僕のものにはど根性ガエルが描かれていました。

なぜかを知りたい人は、Bzemi4年次の学生さんまで(笑)


IMG_4704


という訳で、全員で自己紹介。

3年生はちょっと緊張していましたが、4年生からは、3年次に制作したこと、ゼミで一番印象に残っていることなどを話してくれ、一気にほのぼのムードに。

 

3年生も、1/2年次で印象に残った授業と、今年の抱負を語ってもらいました。こちらも、へえ、そうなんだ、と学生達が印象に残った課題を知ることが出来たのが収穫でした。

 

こんな風に、先輩、後輩関係なく、お互いに気さくに話し合う関係になってくれると、これからいい作品が生まれそうな予感がした、そんな授業初日でした。

 

Bzemiの皆さん、今年度も元気にいきましょう!

 

(森本玄/絵画)

  • LINEで送る

2013年4月11日  ニュース

芸術系×保育系、初の教員紹介展│こども芸術学科ニュース


桜の花も華やかに、新年度の授業がスタートしました。



そして、本学ギャルリ・オーブで開催中の「春の顔見世」展。

IMG_4643

こども芸術学科(こ学)にとっても初めての教員紹介展になりました。

本学科は芸術系教員と保育系教員が集まっためずらしい学科です。

芸術の学びと保育をとおした子どもの学びの両輪でカリキュラムが構成されています。

 

それぞれの領域だけで考えていては発想できなかったこと。

子どもを社会全体で支えていく、そのために芸術の力がどう役に立つのか。

そんなことを学生、教員が一丸となって研究・制作しています。

 

まずは芸術系教員の展示から。

 

IMG_4639

水野哲雄  泥ドローイングや、施設の関わりの中で生まれた陶器など、幅広いです。

 

IMG_4640

梅田美代子  「内なる小さな宇宙」をテーマにした銅版画です。

 

IMG_4641

森本玄  母と子の「おもかげ」をテーマに描いた木炭デッサンです。




 

続いて、保育系教員です。

 

IMG_4637

左:浦田雅夫 「支えあいの社会づくり」児童福祉、社会的養護のご担当です。
右:岸本栄嗣 「子どもの成長と子育てを支える」発達心理学がご専門です。

 

IMG_4638

左:有井悦子 「子どもとともに安心して愉しく暮らす」医師の立場で子どもを支えます。
右:平野知見 「多文化な子ども」の理解のために 国際的な視点で保育を捉えます。




 

残るところ、あと10日となりました!

ぜひご高覧下さい。

 

瓜生山 春の顔見世 2013

研究領域教員 展覧会

4月20日(土)まで、11:00-18:00

※4月14日(日)も開廊

 

(森本玄/絵画)

1 2

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。