こども芸術学科

2013年6月

  • LINEで送る

2013年6月18日  授業風景

気づきの場。学びの場。(4)− 年長さんと|3・4年次「こども芸術研究IV」

月曜日2限、3限はこども芸術研究IVの授業です。

前期授業テーマは「ファンタジーをつくる」です。

こども芸術大学の子どもたちと学生たちで瓜生山を舞台に物語を展開します。

 

今回は年長児との活動です。

いつもこども芸術学科のブログを見てくださって、ありがとうございます。

連続して授業が流れているので、はじめての方に少しご説明を。

 

この授業はこども芸術大学の子どもたちとのコラボレーション授業です。

学生と子どもたちで瓜生山をテーマに物語が展開しています。

瓜生山には森の住人さんがいます。

森の住人さんにまだ誰も会ったことはありません。

ある日その住人さんからお手紙が届きました。

お手紙の内容はどんな事情があるのか分かりませんがお家をつくって欲しいというものでした。

お返事を出したいのですがどこに出せばいいのか分かりません。

そこで、年長さんと学生でポストを二つ作りました。

写真

そして、森の住人さんと子どもたちの往復書簡が続き、

子どもたちの中にいろいろな物語が芽生えはじめています。

 

森の住人さんにお手紙を書きました。

 

森の住人さんはどんなお家が欲しいんですか。

住人さんの身長は大きの?小さいの?

どんな食べ物が好きですか?

そして森の住人さんから、ちはるちゃんのところに来たお返事を見せてもらいました。写真19

 

6月3日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

活動は森の住人さんを想像しながら設計図を描きました。

みんなどんな森の住人さんを想像して描いているんでしょうね。

IMG_2362

 

写真 6写真 5 写真 3写真 8JPG写真 7 写真 9

写真 13写真10写真 2

写真 1-写真 12-写真4


6月10日・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お家を建てました。完成したらモデルルームになるそうです。

写真

 

 

 

活動が始まってから玄関をみると、きれいに靴が並んでします。

もう、学生たちが「靴を揃えてね」なんて声を掛けなくても大丈夫みたいです。

 

 

 

 

 

今日は森の住人さんが先週みんなが描いた設計図を夜の間に、

こっそり見に来たんだって。

みんながつくってくれるお家をとても楽しみにしているみたいだよ。

がんばってつくろうよ。

012

森の住人さんの村長からのお手紙です。

014

 

みんな真剣です。

019

 

何をつくってるの?

写真22

 

 

森の住人さんだもの小枝のお家がいいんじゃない?

024

 

大工の棟梁みたいに手つきがいいです。お家はとても大きいですが

このお家に住む森の住民さんはとても小さいんだそうです。

ドアも10cmほどしかないそうです。

なぜかアスレチックができて、それを収納するロフトもあるそうです。

写真 2  写真 20-    150-

 

ストローからはガスが出て、熊が出ても近づけない装置がついています。

とても、モダンなお家ですね。構造もよく考えています。

写真 4ー写真 21-

 

二人合作のお家です。バンガローのようなお屋根のお家です。

大きな屋根にはドアノックが付いていたり、いろいろな装飾が付いています。

朝ですよ。昼ですよ。夜ですよ。のお知らせも付いています。

部屋の中はふかふかの絨毯が敷かれています。

写真 13- 写真 11ー

写真 25-写真 26-写真 27-

竜のお家だそうです。

瓜生山には竜の木があるんですよ。

写真 9-写真 14

 

赤いハートのテーブルとソファーのかわいいお家です。

お風呂にはイチゴが入っています。

写真 16- 092

 

森の住人さんのお家ができたのでお洋服を作ったそうです。

ハンガーに掛かっています。

写真24-写真28-

ドラゴンのお家です。

赤い紐は電気を起こすのだそうです。

お家に乗って空を飛ぶのでしょうか。

写真 17-

お家が完成したね。モデルルーム完成です。

環境デザイン学科のみなさん、子どもたちのお家の出来映えはどうでしょうか?

意外に構造も考えていたり、デザインも格好良かったりしていると思いませんか?

 

今日の終わりの会にはこんな会話がありました。

「森の住人さんのお気に入りのお家はあるかな?」

「今晩はここのアトリエ電気を消さないでね 」

「森の住人さんが夜に見に来きて、電気が消えていたら見えないからね」ですって。

171

子どもたちは森の住人さんを見たいとも会いたいとも、一度も言いません。

遊びの世界を楽しんでいるようです。

もう課題で進んでいたプログラムは子どもたちによる物語世界が追い越して行く感じです。

どんどん面白くプログラムは展開しています。

完成形を求め過ぎないで、暫く子どもたちの世界に私も学生たちも付きあってみようと思います。

また、ご報告しますね。

 

(梅田美代子:教員/イラストレーション・グラフィックデザイン)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年6月18日  学生紹介

「風の記憶」絵師:卒業生米村治美さん

懐かしい卒業生から嬉しい連絡がありました。

 

お寺が主催の絵本公募で見事採用、出版されたとの報告を、洋画コース卒業生の米村治美さんからいただきました。

 

おめでとうございます!

IMG_5341

 

僕がこども芸術学科の担当になる前、洋画コース教員だった2006年に、米村さんは学部の洋画コース3年次生でした。その後は本学大学院に進学、大学院2年目からは中高一貫の母校で美術の先生を務めていました。

 

米村さんはこの春、任期満了で退職したとのこと。そんな折に絵本制作をする機会に恵まれたそうです。そもそものきっかけは今、洋画コースで副手をしている同級生の浦野さんに会いに来た際、大学でこの公募情報を見つけたとのこと。よかったですね。

このように、卒業生も大学に帰ってくると、いいことあるかも知れませんよ(笑)!

 

この度、この絵本を見せてくれることになり、折角だから当時の友だちを誘ってもらって食事会をすることにしました。同級生の廣田亜弓さん、一級下の川瀬由依さんも駆けつけてくれました。

 

寶蓮寺という京都のお寺から発行されたこの絵本、

タイトルは「風の記憶」。

「さわさわ..」という音とともに風がながれてきます。その風に誘われて、様々な出会いが展開します。

 

IMG_5342IMG_5343

 

決して文字数は多くない、詩のような文章の行間に寄り添うように、絵師米村さんのみずみずしい水彩のタッチが映えます。特に、夕焼け空の色彩はとても美しく、その絵から僕も小学生の頃に見た風景の記憶が蘇りました..

 

IMG_5345IMG_5344

 

 

 

 

 

IMG_5346米村さんは子どもの頃から絵本が大好きで、夏休みには100冊の絵本を読みまくったこともあるとか..

 

制作をずっと続けていると、色んな経験が一つに繫がるようなことがあるものですが、米村さんは満を持して今回の状況を自分で引き寄せたのだと思います。

 

大学近くのイタリアンレストランで美味しいワインとパスタをいただきながら思い出話にも花が咲き、とても楽しい会となりました。

 

IMG_5308

 

あっという間にお店も閉店時間。造形大の卒業生がこうやって活躍していることがとても嬉しいし、何より作品を介して再会できるなんてつくづく幸せなことだと思うのでした。

 

(森本玄:教員/絵画)

  • LINEで送る

2013年6月17日  イベント

世界に一つだけのクレヨン|体験授業オープンキャンパス

 

体験授業オープンキャンパスは大勢の高校生で賑わいました。

世界に一つだけのクレヨンをつくりました。

参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

 

次回は7月7日(日)に公開授業があります。

今回参加してくれた高校生のみなさん、今回参加できなかった高校生のみなさん。

講義や実習室での制作、前期合評前の中間発表など、普段の授業が見学できますよ。

ぜひ、ぜひ、授業を覗きに来てください。

教員も学生たちも、みなさんに会えるのを楽しみにしています。

 

森本先生のクレヨンづくり、体験授業風景です。

写真 7

写真JPG

 

写真 9

 

 

4写真 2

 

今回の体験授業では2本のクレヨンでしたが、

2年次の森本先生の授業ではもっとたくさんのクレヨンと

コロジオン版画で印刷したオリジナルデザインのパッケージもつくりますよ。

写真は昨年の2年次生の作品です。

 

13 14

 

(梅田美代子:教員/イラストレーション・グラフィックデザイン)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年6月15日  授業風景

音楽の授業をのぞいてみました|1年次「こども芸術研究Ⅱ」

 

毎週金曜日の朝は研究室にピアノの音色や楽しい歌声が響いています。

 

そこで1回生の音楽の授業をのぞいてみました。

 

 

IMG_0102

先ずは、個別レッスンブースで蜂谷先生のレッスン。

 

IMG_0113

そして、佐々木先生。 丁寧に指導されていました。

 

 

 

IMG_0119

こちらは、ピアノ全くの初心者の名畑くんを指導する佐渡先生。

 

IMG_0114

そして、声楽の木澤先生のレッスンも。

 

音楽の担当の先生方は、みな現役のプロ音楽家。熱意と迫力がありました。

 

こんなに丁寧に指導を受けたら、私も弾けるかな?

 

 

大学に入ってはじめてピアノに触れたという学生も多いのですが、初心者でも大丈夫。

 

練習すれば弾き歌いまでできますと 蜂谷先生からコメントをいただきました。

 

こども芸術学科は芸術と保育、教育について、さまざまな角度から学べて楽しいですよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いよいよ明日、体験授業オープンキャンパスです。ぜひ!ぜひ!来てください!!!

 

6月16日(日)「体験授業オープンキャンパス」です。

こども芸術学科の授業内容は、

「世界に一つだけのクレヨンを手づくりしてみよう!」です。

 

えっ!クレヨンって自分でつくれるの?、と思うでしょ!つくれるんですよ。

先着順で定員があります。興味のある高校生のみなさん!まだ間に合いますよ。

詳しくはこちらを見てください。待ってま〜す。

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/program/

 

 

(浦田雅夫:教員/子ども家庭福祉・学校臨床)

 

 

 

  • LINEで送る

2013年6月14日  授業風景

気づきの場。学びの場。(3)− 年少さんと|3・4年次「こども芸術研究IV」

月曜日2限、3限はこども芸術研究IVの授業です。

前期授業テーマは「ファンタジーをつくる」です。

こども芸術大学の子どもたちと学生たちで瓜生山を舞台に物語を展開します。

 

こども芸術研究IVは3回生と4回生、21名が授業登録しています。

21名をこども芸術大学の年少児、年中児、年長児の3グループに分けて、

それぞれ担当のプログラムを組み立てるところからはじめます。

 

今回はこども芸術大学の年少さんのプログラムを紹介します。

年少さんは4月に入学したばかりの小さなかわいい子どもたちです。

 

普段はこども芸術大学は親と一緒に活動をするのですが、

この日はお母さんと離れて子どもたちと学生だけで活動をする日として設定しています。

お母さんと離れられるかな…と学生たちも心配して、

離れられない子はお母さんと一緒の参加もOKということにしました。

 

6月3日「年少さんと学生のはじめての活動です」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お母さんと離れて3人の年少さんが早速、アトリエに来てくれました。

ちょっと、緊張しているようですね。

ブルーシートの端っこにちょこっとお行儀よく座ってみんなが来るのを待っています。

写真1

緊張を解すために手遊びで学生たちが迎えてくれました。

ちょっとだけ、リラックスしてきたみたいです。

写真7

今日はどんなプログラムがはじまるのでしょう。

 

そう、年長さんのつくったポストに

お山からお手紙が年少さんのところにも届いたのだそうです。

それも、瓜生山の大きな木からだそうです。

写真5

大きな木は最近雨が降らないので困っているそうです。

それで、みんなに雨の種をつくって欲しいというお願いのお手紙でした。

どのように雨の種をつくったらいいのか考えていると…

 

たくさんの色のついた紙やキラキラした紙、透き通った紙、でこぼこの紙、

プチプチ、紐、…とってもたくさんの素材でアトリエはいっぱいになりました。

写真3-

 

写真8

 

この紙を手でちぎったり、ねじったり、ハサミでいろんな形に切ったりして

雲の箱に入れて欲しいというお願いでした。

写真

きれいな紙に囲まれてクルクル、ビリビリ、チョキチョキしています。

これが雨の種になるそうですよ。

写真2

あれあれ、雨ではなくてあめ(キャンディー)をつくった年少さんもいましたよ。

写真4

雲の箱には子どもたちがつくった雨の種でいっぱいになりました。

雲の箱の下から雨が少しだけ降ってきましたよ。

この雲の箱を瓜生山の大きな木のところにお兄さんが届けに行ってくれるそうです。

写真9

6月10日「木に雨が降りました」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日の年少さん親子は縄跳びの縄をヨモギで染めてつくろうということになり、

ヨモギ摘みをしようと至誠館の屋上にやって来きました。

 

勿論、これらのストーリーは

年少担当の学生がこども芸術大学のスタッフとお母さんにお願いして仕込んだものです。

(ここには本当にたくさんのヨモギが生えているのです。)

 

至誠館の屋上に植わっている木に雲が掛かり、雨の種と一緒に雨が降っていました。

子どもたちにお手紙を出した瓜生山の大きな木さんは

今年の梅雨は雨が降らないので、屋上の木たちが困っていると思って

年少さんにお願いしたのでした。

瓜生山の大きな木は優しい思いやりのある木ですね。

 

子どもたちがつくった雨の種が至誠館の屋上の空に浮かんでいます。

写真11

雨の種が降っている木の下にはたくさんのヨモギが生えていました。

「縄跳びの縄を染めるのに少しだけ分けてくださいね」とヨモギ摘みをしました。

IMG_1026

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、たくさんヨモギを摘むことができました。

ヨモギ染めの縄跳びの縄ができ上がるのがたのしみですね。

こども芸術大学の活動ルームにはヨモギのいい香りがしています。

IMG_1081

今年の梅雨は雨があまり降りませんね。

被害が出るほどの大雨は困りますが、人間の生活に不可欠の水に恵まれた日本には、

雨と関わるくらしがたくさんあります。だから梅雨の雨は恵みの雨であって欲しいですね。

 

今回は年少の子どもたちと雨をテーマに楽しみました。

梅雨時の雨をただ嫌だなと思わないで、

子どもたちのように楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 いよいよです。まだ申し込んでない人ぜひ!ぜひ!来てください!!!

 

6月16日(日)「体験授業オープンキャンパス」です。

こども芸術学科の授業内容は、

「世界に一つだけのクレヨンを手づくりしてみよう!」です。

 

えっ!クレヨンって自分でつくれるの?、と思うでしょ!つくれるんですよ。

先着順で定員があります。興味のある高校生のみなさん!是非来てください。

高校生のみなさん、詳しくはこちらを見てください。待ってま〜す。

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/program/

 

(梅田美代子:教員/イラストレーション・グラフィックデザイン)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。