情報デザイン学科

2013年6月

  • LINEで送る

2013年6月20日  授業風景

2年生『図書のデザイン』

先端表現デザインコースでは、図書館のデザインという課題がありました。

「図書館に関わるさまざまな物事についての問題を発見し、

解決する方法(デザイン)を提案する。」というもの。

表現方法はパネル4枚以上にまとめて展示、企画として提案します。

1
2
3
7

 

制作中、グループの二人とともに図書館をリサーチし館内の広さを測るなどして、

実際に使用するなら、ということを念頭に置きながら進めていきました。

ふだんは普通に使用している図書館を様々な視点から考え直し、

図書館を今までとは違う視点で見るようになりました。

この課題は私にとって初めてのグループ制作、初めての企画提案。

いつもとは違う刺激を多く受けることができたと感じています。

 

 

先端表現デザインコース 関口樹

  • LINEで送る

2013年6月17日  イベント

イラストレーションコース 授業体験!

昨日は高校生対象の授業体験オープンキャンパスでした!

 

情報デザイン学科 イラストレーションコースでは、
「観察モンタージュ」という課題を通して、
「観察 → 思考 → 発想 → 表現」を学ぶ授業を行いました。

 

課題の内容としては、
3人のグループを組み、ある部屋の写真だけを観察して、
そこに住んでいる人物3人をコラージュで表現する課題です。

 

頭、胴、脚の担当をグループ内で決めるのですが、
他の人が担当した部分は見えないように隠されながらコラージュを行うため、
グループの中で、観察をもとにした人物像を話し合い、
しっかり共有しておくことが重要となります。

 

できあがったコラージュをいざ広げると教室は大盛り上がり!
ハイファッションな人から、思わず爆笑の怪しい人まで、
グループごとに様々な住人が生まれました。

 

楽しみながらも「観察」から「表現」まで短時間で体験でき、
高校生にとって実りある授業となったようです。

8月のコミュニケーション入学では、
さらに充実した内容で授業を行います!
乞うご期待ください!

 

スタッフ: イワサキ

 

IMG_3881_3

IMG_OC.JPG IMG_3899

  • LINEで送る

2013年6月17日  ニュース

かわ先生+学生で描いた絵本が世界で出版!

kawa

かわこうせい先生率いる「絵本アトリエ」で2012年2~9月に制作した

絵本『 Rifka Takes a Bow 』がニューヨークのKar-ben Publishingより8月に出版予定

となりました!

 

出版国は、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、オーストリア、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、インドなど十数カ国です。

 

「絵本アトリエ」とは、かわ先生率いるイラストレーションコースの2~4年生9人からなる

絵本制作チームです。

 

今回の制作メンバーは

小林愛佳、佐々木茜、佐藤雅、原沙弥圭、松本茜、宮原萌子、楊振受

です。

 

この大学で作られた絵本が世界のこどもたちに読まれると思うと

ワクワクします!

皆さんもどこかで目にする機会があれば是非手にとってみてください!
 

ロイターニューヨークタイムズでも紹介されました(9/26追記)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『 Rifka Takes a Bow 』

文: Betty Rosenberg Perlov

絵: Cosei Kawa

4~8歳むけ。

32ページの絵本。

アマゾンからも購入できます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

また今年5月には、同じく「絵本アトリエ」が手がけた児童書

『How To Persuade A Grumpy Goddess』が、

ロンドンのPearson Educationより出版されました。

 

Goddess

制作メンバーは

小林愛佳、佐々木茜、佐藤雅、速水麻里奈、原沙弥圭、中野愛菜、松本茜、宮原萌子

です。

 

70カ国以上に展開する世界最大の出版グループ「ピアソン」の書籍で学校テキストと

なるため、多くのこどもたちの目に触れることでしょう!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『 How To Persuade A Grumpy Goddess 』

文: Sally Prue

絵: Cosei Kawa

8~14歳むけ。

32ページ。

アマゾンからも購入できます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

スタッフ:ノダ

 

 

  • LINEで送る

2013年6月14日  授業風景

『大学二年生』創刊します!

先端表現デザインコースの2年生の授業では、架空の雑誌『大学二年生』を制作しています。

文字組みや雑誌制作のいろはを身につけるこの授業では、一人一人が編集者として、

大学二年生向けの企画、取材、撮影、レイアウト、更にはふろくの制作、製本まで行います!

 

今日は表紙の講評会でした。

お互いの表紙を見比べたり、先生からのアドバイスを受けたり、さらによくするべく

がんばっております!

講評1

講評2

 

講評3

 

講評4

どんな雑誌になるのか楽しみですね~。完成が待ち遠しいです!

 

スタッフ:ナラダテ

  • LINEで送る

2013年6月7日  授業風景

【イラスト3年生】ハワイ化計画

hawai15月15日イラストレーションコースの3年生はハワイに修学旅行にいきました!!!

 

ハワイ修学旅行といっても実際のハワイに行くのではなく、いつも使用している教室を
ハワイと見立て、リラックスした環境の中で作品にたいするアイディア出し、
共有するという授業でした。

今回は学生自身が旅行の栞や波の音のBGMや映像などを用意しハワイ化計画が実現しました。

 

学生たちが考えた修学旅行のスケジュールには、ショッピングや浜辺でのキャンプファイヤーや
波の音を聞きながらのフラダンスショーなどイベントが盛りだくさんでした!!

 

今回ハワイ化計画のリーダーとしてハワイ空間を制作した学生の感想を紹介します。

 

私達は現在取り組んでいる課題に対しての、アイディア出しをする過程で中山先生からの
「リラックして人の話を聞きながら互いに共有出来る空間を考えてみよう」と、いう一言から
Bクラス日帰りハワイ旅行ー!!(修学旅行ver)が実現しました。

 

さて、その中身なのですがただ楽しむのではなく文頭にあるように、

課題のアイディアを他人と共有することでより深めるだけでなく、

また新たな発見を見つけるというものでした。

ハワイの空間の中で、それぞれが自分以外の人のキーワードを知り、

最後に3~4人のグループになり新たなキーワードのイメージをイラストレーションにしました。
このハワイ旅行では、ただ話し合うのではなくショッピングをしたり、ときにはキャンプファイヤーを
したり、現地のカフェのマスターにコーヒーとチョコを振る舞ってもらったりとそんなゆるりとしたなかでみんなとリラックスしながらアイディアを深めることが出来ました!!

 

▼学生達が制作した修学旅行の栞。

hawai2

 

▼ハワイの街での散策
_MG_4031

 

▼浜辺でのディスカッション
_MG_4060

 

 

イラストコース3年:吉澤奈緒

1 2 3

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。