情報デザイン学科

2015年6月

  • LINEで送る

2015年6月19日  授業風景

【授業紹介】3年生「カチカタチ展」

先日、3年生の授業「総合演習ⅠC」の展示発表&プレゼンが行われました。

 

普段授業を行っている教室を片付け、展示会場のように作品を陳列しています。 

展覧会タイトルは「カチカタチ展」!!

以下、3年生情報デザインコース井澤真優さんに当日のプレゼンの様子とこれまでの流れ、これからの意気込み等、記事を書いて貰いました!

IMG_7161

この授業は『地域によって文化や環境が違うのに同じデザインでいいのか?』

その疑問を15週にわたる授業の軸としています。

前回の『500円物産展』ではまず、自分の足下である地元を確認しましたが、

今回は10週目の区切りとして、それぞれが見つけたモノやコトを見直し、

そこに新たな価値を加えたり、埋もれていた良さを発見する機会としました。

展示では、それぞれが見つけてきたモノやコトを活かすための提案を

本物の商品のように制作したものがたくさん並びました。

 

IMG_7170IMG_7168IMG_7144

食べ物、アクセサリー、家具、文房具、と様々なアウトプットの提案があり

展示はとても見応えのあるものになりました!

中には実際に業者の方に商品を作ってもらっているグループもいました。

 

各自、自分たちの提案についてプレゼンし、それに対してみんなで意見交換する

形式で合評は進んでいきます。

 

食べ物を対象とした人のプレゼンでは実際に試食ができ、とても盛り上がりました。

IMG_7148IMG_7137

プレゼンの際にはクラスメンバーや先生方からの意見や質問に答えていくことでこれからの改善点やポイントなどを発表者はたくさん得ることができます。

IMG_7171IMG_7158

実際に手を動かしてモノを作ること、カタチにすることで見えてくるものが多くあり、今回の展示で多くのアウトプットが並んだことは私たちにとってとても刺激的な機会になりました。

IMG_7159IMG_7135

 

今回の展示はまだ途中段階で、これから15 週目に向けて自分たちの提案を

『発信』していくために、わたしたちのブラッシュアップはまだまだ続きます!

 

情報デザインコース3年生/井澤真優

 

今回、授業時のみの展示となりましたが、一日だけでは勿体無い位に質の高い作品が数多く並んでいました。

それでも当の本人達からすると「まだ途中段階」との事。

次回15週目の展示がとても楽しみですね!期待しています!!

 

スタッフ/イトウ

—————————-

 

7月12日は一日体験入学の日!

情報デザインコース・イラストレーションコースの普段の授業の

雰囲気が体験できるこの機会に、是非参加してみよう!

詳しくは京都造形芸術大学 ホームページで。

 

—————————-

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年6月18日  ニュース

【展覧会情報】卒業生の展覧会!

今回は、情報デザイン学科の卒業生の展覧会を二つご紹介します。

 

まずは一つめは、情報デザイン学科の卒業生であり、

現在は研究室のスタッフでもある吉本 和樹さんのグループ展です。

 

写真作品の制作をしている吉本さんは、学科業務の時にも

広報担当としていつもピシッと決まった写真を撮ってくれています!

このブログでも吉本さんの写真がたびたび登場していますよ〜。

 

普段の記録写真もとてもかっこいいのですが、

地元広島を舞台にした今回の作品写真からは、表面的なヴィジュアルだけではない、

さらに奥深い世界観を感じられます。

 

雨がちな毎日ですが、

ふっと遠くに気持ちを持って行ってくれるような吉本さんの作品に会いに、

是非ぜひ足をお運び下さい。

 

※以下、本学HPより転載

B5_TT [0516B_盛り] B5_TT [RGB_out]ura

展覧会名称

視点の先、視線の場所

 

会期

2015.6.21 (日) – 2015.7.5 (日)

11:00 – 18:00(会期中無休)

 

会場

瓜生山キャンパス ギャルリ・オーブ   

 

料金

入場無料

 

出品作家

来田 広大、吉本 和樹

 

関連イベント《公開座談会ゲスト:藤本 由紀夫

6.28 (日) 15:00 – 17:00
@ギャルリ・オーブ

予約不要、参加費無料

 

□ 展覧会について

京都造形芸術大学は、2015年6月21日(日)より同大学内ギャルリ・オーブにおいて、二人展『視点の先、視線の場所』を開催します。
本展は、人間の「見る」という行為について制作活動を通して考察を続ける2名の若手作家による企画展です。
来田広大は、山を中心とした各地でのフィールドワークを軸として、その場所やそこから見える風景をモチィーフに、見る者との間にある意識的な距離や認識の差異(ズレ)を、絵画、ドローイング、インスタレーションにより可視化することを試みる現代美術家です。
吉本和樹は、自らの出身地でもある広島という場所に対して人々が持つイメージや、場所に対して向けられるまなざし、場所がもつ記号をテーマに写真作品を制作しています。

両作家は、扱うテーマや表現手法は異なるものの、人間の「見る」という行為について思索するという共通点を持ちます。
両者の作品を通じて、視点あるいは視線の有り様の一例を提示することで、この展覧会が「見る」という行為を一旦未知化し、私たちがどのように世界を捉えているのかを再考する契機となることでしょう。
(※本展覧会は2015年度教職員公募企画によるものです)
(※プレスリリースより抜粋)

 

□ 作家プロイフィール 

来田 広大(きた こうだい)
1985年兵庫県生まれ。京都市在住。2008年東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。2010年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程油画技法材料修了。2012年~現在 京都造形芸術大学大学院副手。
各地でのフィールドワークをもとに、絵画、ドローイング、インスタレーション作品を制作・発表。
主な個展に2013年「Birds-eye view」Gallery PARC(京都)、2014年「FUGAKU HYAKKEI」ギャラリー昨明(福島)、グループ展2015年「これからの、未来の途中」京都工芸繊維大学美術工芸資料館(京都)など。

 

吉本 和樹(よしもと かずき)

1984年広島県生まれ。京都市在住。2005年日本写真映像専門学校卒業。2007年京都造形芸術大学情報デザイン学科卒業。2012年情報科学芸術大 学院大学(IAMAS)修了。2012年~現在 京都造形芸術大学情報デザイン学科副手。
写真を表現媒体とし、主に広島をモチーフに撮影を行う。「ヒロシマ」という場所に対して人々が抱くイメージや、その場所が持 つ機能や力、そこに向けられるまなざしをテーマに制作活動に取り組む。
原爆ドームにカメラを向ける人々の後ろ姿を撮影した近年のシリーズ作品《撮る人 A-bomb Dome》では、象徴的な存在(原爆ドーム)とそこに集まる人々の振る舞いを通して、その場にある力の存在について考察を試みている。

_MG_7837objects003のコピー

 

 

 

 

 

さて、二つ目は、2012年度卒業生の羽田野 加与さんの個展です。

羽田野02

羽田野さんは、在学時代から独特のアナログ感とポップさを兼ね備えた作風で制作を続け、

2014年には東京でも個展を開催するなど、様々な場所で活躍されています。

京都では久々の展示となるこの機会を、ぜひお見逃しなく!!!

 

展覧会名称

FAKE

 

会期

2015.6.24 (水) – 2015.6.29 (日)

11:00 – 19:00 (最終日16:00まで)

 

会場

ART SPACE SHIGEMATSU

京都市東山区東大路通四条上ル知恩院前

 

料金

入場無料

 

関連イベント《レセプションパーティー 》

6.27 (日)  17:00 –  

@ART SPACE SHIGEMATSU

 

過去の「ごめん、また遊ぼな☆」展の記事はこちら→

 

 

羽田野03*** 羽田野04*

スタッフ:モリカワ

 

—————————-

 

7月12日は一日体験入学の日!

情報デザインコース・イラストレーションコースの普段の授業の

雰囲気が体験できるこの機会に、是非参加してみよう!

詳しくは京都造形芸術大学 ホームページで。

 

—————————-

 

  • LINEで送る

2015年6月17日  ニュース

受賞おめでとうございます!!!

こんにちは、情報デザイン研究室スタッフのヨシモトです。

今回は在校生と卒業生の受賞情報をご紹介します!!

 

まずは在校生の受賞情報からご紹介します。

 

IMG_6866

 

先日2015年度の優秀学生賞の授賞式がおこなわれました。

この賞は京都造形芸術大学の全学科の4年生を対象としたもので、

3年生修了までの成績や、研究制作の実績において秀でて優秀な学生に贈られます。

今回情報デザイン学科からは小川洋子さん、金岡志帆さん、中野愛菜さん、藤川明莉さん、

林亜由子さん、水野開斗くん、関口樹さん、横田凌一くんの8名が選ばれました。

 

今回受賞した関口さんと、水野くんに受賞の感想をきいてみました。

 

関口樹さん

受賞を知ったときはとても驚きました。

1年生の頃から作品制作に力を入れ、学科だけでなく様々な活動にも参加してきましたが、

それが今回優秀学生賞という形で評価していただき喜びを噛み締めております。

今後はこの結果だけで満足せず、大学生活最後の年、卒業制作、そして社会に出てからも、

今まで学んできたことを活かしさらに積極的に動き続けようと思います。

素晴らしい賞をありがとうございました。

 

 

水野開斗くん

僕にモーショングラフィックスのテクニックを教えてくれた先輩が受賞されたのをきっかけにこの賞のことを知りました。それからずっと狙っていたので受賞の知らせがあった時は本当にうれしかったです。これを見た下級生も僕がそうしたように受賞を目指してくれると素敵ですね。僕もこれを活力にして卒業研究に励んでいこうと思います。

 

IMG_6873

 

受賞者のみなさんには賞状と給付金5万円が贈られました。

彼らが卒業制作で、どんな作品を制作するのかとても楽しみです!

 

 

次に卒業生の受賞情報を紹介します。

2014年度の映像メディアコース卒業生のジダーノワ・アリーナさんが、

第2回CAF賞において最優秀賞を受賞しました。

おめでとうございます!!!!

 

ivanov_

このCAF賞は全国の芸術系学生を対象としたもので、若手アーティスト育成を目的とするアートアワードです。

アリーナさんは今年2月の卒業制作展において奨励賞に選ばれた作品を応募し、最優秀賞を受賞しました!!

 

_favoritka_stil

 

「Фаворитка  Favoritka」

↑タイトルをクリックすると作品のダイジェスト版を見ることができます。

 

下記のURLから授賞式の様子をみることができます。

http://gendai-art.org/caf2/index.html

 

卒業制作で制作した作品が、学外でこのような大きな賞つながっていくなんて

本当にすごいことですね!

今後の作品も楽しみですね!

 

以上受賞情報でした。

彼らの今後の活躍に乞うご期待です!!!

 

 

スタッフ:ヨシモト

 

—————————-

 

7月12日は一日体験入学の日!

情報デザインコース・イラストレーションコースの普段の授業の

雰囲気が体験できるこの機会に、是非参加してみよう!

詳しくは京都造形芸術大学 ホームページで。

 

—————————-

 

 

  • LINEで送る

2015年6月15日  イベント

カンパッジ展スタート!

早いもので6月も折り返しです!

湿度、気温が徐々に上がるこの季節、今年も恒例の「カンパッジ展」が始まりました!

この企画は、2011年に発生した東日本大震災に対して私たちのできることで、

何かをしよう!という思いから始まりました。

カンパッジはひとつ100円で販売しており、売り上げ金は、あしなが育英会の東日本大震災支援に寄付されます。

今年で5回目の開催となる情D恒例のチャリティーイベントです。

昨年の様子はこちら→2014年カンパッジ展

_MG_8868

今年も本学科の学生、教員、スタッフだけでなく他学科からも色とりどりのデザインが集まりました!

_MG_8840

_MG_8864 _MG_8862この展覧会は1、2年生の学生スタッフが運営しており、カンパッジ制作をはじめ、展示準備、搬入出、当日の受付など、全て学生達が行っています。

展覧会運営は大変ですが、その分学べる事も多いようで、スタッフの一人は「誰がどんなデザインをしたのか、どんなデザインのバッジが売れていくのか見られるのは勉強になる。また、自分が作った物が売れていくのはとってもうれしい!」と、受付をしながら話していました。

_MG_8924

また、本展のポスターは情報デザインコース3年生の伊原菜摘さんにデザインしてもらいました!

カンパッジポスターA3

同じデザインのバッジも展示販売しています。(もう売れてしまったかも、、、!)

 

毎年、大好評のカンパッジ展。今年もオープン早々、人が入りきらなくなる場面も!!

_MG_8890

15日(月)のお昼休みにはたった1時間で100人以上もの人が来場しました!

展覧会は本日より約2週間、開催されます。

是非ともお立ち寄り下さい!!

 

◎◎◎情報デザイン学科Presents カンパッジ展2015◎◎

会場:VOTEN VOTEN 京都造形芸術大学 望天館1階

会期:2015年6月14日(日)~6月26日(金)※土日休館

12:00~13:00 / 16:30~18:00

お問い合わせ先:情報デザイン研究室(075-791-9280)

 

スタッフ/イトウ

 

—————————-

 

7月12日は一日体験入学の日!

情報デザインコース・イラストレーションコースの普段の授業の

雰囲気が体験できるこの機会に、是非参加してみよう!

詳しくは京都造形芸術大学 ホームページで。

 

—————————-

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年6月14日  ニュース

情Dの1日体験入学!

今日は「一日体験入学」が開催されました!

情報デザインコースでは、「伝える伝わるデザイン」と題して

ご当地ピクトグラムをつくりました!

 

ピクトグラムとは道路標識や、トイレの表示のように、色づかいやシンプルな絵で

ものごとを表すサインです。

必要最低限の情報だけに絞りこむことで、より明確に直感的に伝達できますね。

IMG_6919

今回は自分の出身地について調べて、特産品や名物などをできるだけ単純に、

しかし人に伝わるようピクトグラムにしていきます。

どの特徴を残すか?どの要素なら取り除いても問題ないのか?

試行錯誤を重ねます!

IMG_6927

最後には地図のように並べて、お互いの作品を見てみます。

今回は近畿地方から参加してくれた人が多かったですが、

よく知っている特産品や名物も、思わずうなずくピクトグラムに

変身しました!

 

情報デザインコースの授業については、また後日、詳しい内容や作品をアップします。ご期待ください!

IMG_7066

イラストレーションコースでは、
「観察モンタージュ」という課題を通して、
「観察する → 考える→ 描く→ 伝える」プロセスを学ぶ授業を行いました。

IMG_6931

課題の内容としては、ある部屋の写真を見て、その部屋の住人を、

想像してコラージュで表現します。

ですが、一人で考えて作る訳ではなく、3人グループで頭、胴、脚を

別々の人が作ります!

IMG_6972

制作に入る前に、写真からどのような住人を想像したか、

グループ内で話し合い、共有します。

そしてこんな作品ができました!

IMG_6997

同じ写真から想像したはずなのに、出来上がった人物像はバラバラで、

思わず大笑いしてしまう場面も!

伝えることの難しさと楽しさを体験できましたね。

_MG_8805

7月12日(日)にも1日体験入学を行います。

コミュニケーション入学対策がメインとなります。

京都造形芸術大学を、そして情報デザイン学科を知る、絶好の機会です!

たくさんの高校生の皆さんのお越しをお待ちしています!

 

—————————-

 

7月12日は一日体験入学の日!

情報デザインコース・イラストレーションコースの普段の授業の

雰囲気が体験できるこの機会に、是非参加してみよう!

詳しくは京都造形芸術大学 ホームページで。

 

—————————-

 

1 2 3 4

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。