情報デザイン学科

2018年3月

  • LINEで送る

2018年3月26日  ニュース

在校生が第14回ACジャパン広告学生賞で受賞!

 

こんにちは、情報デザイン学科です。

3月末となり、ようやく暖かい日も多くなってきましたね。

そんな春の陽気に誘われるかのように、嬉しいニュースが入ってきました!

今年で14回目の開催を迎える「ACジャパン広告学生賞」(主催:公益社団法人ACジャパン)の新聞広告部門にて、情報デザイン学科の在学生が4名受賞しました!!

IMG_2597

IMG_2576

情報デザイン学科では、

2年生の授業、構想計画I「広告基礎」の中でこの賞にチャレンジをしています。

以下、受賞した学生と作品を紹介します!

 

=================

 

■審査員特別賞

 

藤井梨恵

タイトル『面白いことは画面の外に』

 

30.藤井梨恵

 

ACジャパン広告学生賞2017.受賞学生.藤井梨恵

【受賞者コメント】

受賞は初めてのことだったので、素直にやったー!嬉しい!と言う気持ちでいっぱいです。

広告はスマホ依存症をテーマに制作しました。

構想を思いついたのは、電車やバスを利用している時です。

私は電車やバスを利用する際、乗り物酔いしやすい体質なので、いつも周りの景色を眺めています。

だからより思うのかもしれませんが、下を向いてスマホを眺めている人ばかりの車内は異様な光景だなとずっと気になっていました。

そこで、ポスターには分かりやすく『UFOと宇宙人が襲来しているけど、みんなスマホに夢中で誰もその存在に気づいていない』というストーリーを設定しました。

意図が伝わりやすいよう、絵のタッチはシンプル且つ今の流行を取り入れ、スマホ使用層の10代から50代の目に止まるような広告を目指して仕上げました。

キャッチコピーにはあえて注意喚起や深刻な文言は入れず、たまにはふっと視線をあげて楽しいことを探してみては?と言った、視野を広げる提案を意識しています。

面白いことは案外画面の外で起こっています。たまにはスマホを閉じて前を向けば楽しい発見があるかもしれません。

この広告は、そんな風に伝われば嬉しいです。

 

 

■優秀賞

 

鎌苅帆

タイトル『もう、こおり とけちゃったね〜。』42.鎌苅帆

_MG_4931

 

【受賞者コメント】

まさか受賞するとは思わず驚きましたが、頑張った甲斐がありました。

賞をいただくのは初めてで、本当に嬉しかったです。

今回応募しましたACジャパン学生賞のお題が「社会問題」だったため、

また私の憧れるデザイナーの方々が、過去に自然環境の現状を訴えるような風刺画を制作されていたこともあり、

自分が環境問題を取り扱うとすればどうするか?という考えから発展させ、地球温暖化をテーマに制作しました。

デザインとしてこだわったところは、ホッキョクグマと溶けていく氷を似せたところです。

一見全て氷に見えますが、よく見たらホッキョクグマだったと言う効果を狙っています。

また、イラストに合わせて強い表現は避け、キャッチコピーも会話をするような優しい表現を目指しました。

紙面全体とキャッチコピー、イラストが調和するようなデザインを意識しています。

コピーの文末にある、「地球に暮らすみんなのことを思いやろう。」と言ったスタンスで、

この広告を通じて環境問題に関してやんわり意識が変わっていくきっかけになれば良いなと思います。

 

 

中村莉緒

タイトル『ヘルプマークをご存知ですか』

AC_11625050_nakamurario

ACジャパン広告学生賞2017.受賞学生.中村莉緒

【受賞者コメント】

受賞の連絡をいただいた時、最初は間違いじゃないかと思ったくらい驚きました。

学校の課題として、コンペの作品を制作すると言うところから入ったので、いつも通りのスタンスで行なったことが結果に繋がりとても嬉しかったです。

ヘルプマークを題材に選んだのは、SNSを見ていた際に西日本でのヘルプマークの認知度がとても低いといった記事がシェアされていて、

援助や配慮を必要としている当事者自身の方もヘルプマークの認知度が低いことを知ったためです。

そのため新聞広告をデザインする際は、ヘルプマークの用途や内容、どんなマークの物かを知らない人にもストレートに伝わるように、

ヘルプマークを元にした、シンプルで解りやすいデザインを心がけて制作しました。

私の制作した広告をきっかけに、普段SNSやインターネットを利用しない方にもヘルプマークの存在を知ってもらえたら嬉しいです。

ヘルプマークとは・・・義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成されたマーク。

 

 

渡辺日和

タイトル『道』

24.渡辺日和

 

ACジャパン広告学生賞2017.受賞学生.渡辺日和2

【受賞者コメント】

作品を制作している時は賞のことよりも締め切りに間に合わせようという気持ちが大きく、賞をいただけたことに驚いています。

公共問題がテーマと知った時に、私は自分の作品で少しでも見た人の意識を変えられるようなものを作りたいと思っていました。

作品は、私が視覚障がい者の方と駅でぶつかってしまった体験をもとに制作しました。

見てくれた人に、少しの意識で減らせる怪我や事故があるのだと知ってもらえれば、作品を制作した意味があると思います。

今回の評価や経験を生かしてさらなる作品制作に取り組んでいきたいです。

 

====================

 

 

ACジャパン広告学生賞のサイトはこちら↓↓

https://www.ad-c.or.jp/campaign/cm/recruit.html

 

受賞した4名のみなさま、改めておめでとうございます!

「公」という問題を、広告として社会にどう訴えかけるかを考えるのは大変だったかと思いますが、大きな学びになったかと思います。

これからの活躍も楽しみにしていますね!

 

 

 

スタッフ:ウコン

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

  • LINEで送る

2018年3月12日  ニュース

デザインコンペ受賞作品が名古屋、大阪に!

こんにちは、情報デザイン研究室です。

 

ビジュアルコミュニケーションデザインコース1年生の課題として制作し、応募した「コンケラーデザインコンテスト」。プロの方が多く応募するこの有名なコンペで多数の学生が受賞しました!

 

 

課題は震災後の公益財団法人 福島県観光物産交流協会というもの。

今回は東京に続き、名古屋、大阪でも展示が巡回するということで、受賞作品を一部ですがご紹介させていただきます!

 

 

課題部門

佳作

 

・倉又麻衣佳

コンケラー倉又麻衣佳

 

 

課題部門

学生奨励賞

 

羽晗(院生)

・榛澤奈欧美

 

・前濱蘭々子

conqueror

 

・多田照美

コンケラー福島

 

・内田初穂

konnkera--1

 

・貞雄大

スクリーンショット 2018-03-07 15.16.44

 

【学生コメント】

コンケラーデザインコンテストの学生奨励賞を頂いたときは、驚きと同時に本当にうれしかったです。今回のデザインコンテストの結果が、これから何かをデザインするとき、自分の自信に繋がっていくと思います。このロゴマークを作る上で、福島の魅力を知らない人までを届け、福島の魅力に気づいてもらえるよう灯台をモチーフにデザインしました。また、震災で被災された方々にも、道しるべを照らすという意味を込めました。審査員の方々に灯台をモチーフにしたのは素晴らしいというコメントを頂けて嬉しかったです。

東京の表参道のギャラリーで授賞式が行われ、審査してくださった浅葉 克己さんを始めとする有名なデザイナーの方々から、お祝いの言葉や、ためになるお話を頂け、本当に良い経験となりました。授賞式の後には、受賞者、審査員、福島観光物産交流協会の方々などと交流する時間を設けて頂き、審査員のみなさん一人一人に、僕が作ったロゴマークのどこが良いのか、どこを改善した方が良いのかコメントして頂きました。審査員のみなさんがレターヘッドや封筒、名刺をデザインすることはデザインの基本とおっしゃっていたように、初心を忘れず、これからも自分のデザイン力を極めていくよう頑張っていきたいとと思います。  (貞雄大)

 

 

今回、ここでは紹介出来なかった学生の作品も展示されますので、

ぜひこの機会に会場へ足を運んで見ていただければと思います。

 

 

【名古屋】 PAPER VOICE VELLUM  

2018312日(月)― 29日(木)

OPEN9:00am  5:00pm(土日祝休み)

 

【大阪】 PAPER VOICE

201849日(月)― 19日(木)

OPEN9:00 am  5:00 pm(土日祝休み)

 

詳細は以下のURLよりご確認ください。

http://www.con2017.jp/index.html

.

.

 

スタッフ/カゲヤマ
– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

  • LINEで送る

2018年3月6日  ニュース

【受賞】Tジョイ京都 X 情報デザイン学科 スクリーンCM プロジェクト 2017

 

 

 

こんにちは、情報デザイン学科です。

先日、京都駅近くのシネマコンプレックス「Tジョイ京都」にて、 「T・ジョイ×情報デザイン学科 スクリーンCM制作プロジェクト2017」授賞式と上映会が行われましたので、お知らせします!!

 

IMG_5574

表彰・副賞授与式:2月16日、Tジョイ京都劇場ロビーにて

 

「T・ジョイ×情報デザイン学科 スクリーンCM制作プロジェクト」とは・・・

Tジョイ京都と情報デザイン学科が協力し、「映画はやっぱり映画館で!」をコンセプトに毎年行われている学生による映像制作プロジェクトです。

DVDやブルーレイ、インターネット、VOD携帯動画配信など、映画館以外での映画鑑賞の機会が増え、学生の映画離れが進む情勢のなかで、映画館での映画鑑賞の素晴らしさを学生に訴えかける

映像を制作し、そのきっかけのツールとなる「シネマ学割定期」の特典の魅力をアピールする

PR CMの作成を行います。

学生それぞれにアニメーションや実写など、多種多様な個性的な作品が応募された中、

厳選な選考の結果、受賞者の発表がされました!

 

 ■最優秀賞

情報デザインコース3年生 上垣陽和

上垣

■優秀賞

情報デザインコース3年生 前田桃菜

前田

イラストレーションコース3年生 松月花鈴

松月

情報デザインコース3年生 金ダウン

金

■入選

イラストレーションコース3年生 芝崎鞠菜

芝崎

イラストレーションコース3年生 山本梨菜

山本

情報デザインコース3年生 本中友望

本中

情報デザインコース3年生 山下実夢

山下

情報デザインコース3年生 吉田彩乃

吉田

最優秀賞作品は、実際にTジョイ京都で、映画作品の前に上映が行われることになります!

映画館の大きなスクリーンで自分の作品が上映されるなんて、とてもワクワクしますね!

 

最優秀賞の上垣陽和さんの作品は、下のサムネイルから観ることができます!

クスッと笑えるユーモアがあり、後半はなるほど!と驚くようなオチのCMとなっています。

ぜひ、チェックしてみてくださいね!

 

上垣陽和 [最優秀賞] from 情D Information Design, KUAD on Vimeo.

 

 

過去の掲載はこちら↓↓

https://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=59484

 

スタッフ/ウコン
– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。