文芸表現学科

イベント

  • LINEで送る

2019年6月11日  イベント

1日体験入学OCへのご参加、ありがとうございました!

授業01

 

6月9日に開催しました「1日体験入学オープンキャンパス」にご来場くださり、本当にありがとうござました!

 

 

文芸表現学科では、作家の山田隆道先生による体験授業「ショート・ショートを書こう」を実施し、

山田先生の小話から、在校生の取り組みの紹介、ストーリー創作のレクチャー、

そしてショート・ショートの執筆、作品講評と盛りだくさんな100分間をお送りしました◎

 

先生と在校生

小話中の山田先生。

 

授業02

参加者のみなさんからは、

 

・授業を受けてみてワクワクした

・編集系を目指しているが、体験授業で創作をしてみたらとても楽しかった

・ここでなら夢を叶えられそう

・みんなで集中して書けたのが嬉しかった

・先生の創作の実演、在校生の作品が見れてよかった

 

などなど、嬉しいご感想をいただきました。

参加者のみなさんにとって、あの時間が今後の糧になっていれば幸いです。

 

 

在校生

左:3年・山田ゼミ生の鷲見肇(すみ はじめ)くん、右:2年生の福庭千穂(ふくば ちほ)さん

実は、在校生として授業に参加してくれた3年生の鷲見くんと福庭さんも、

入学前には体験授業に参加しており、

 

「体験授業を受けたことによって、コミュニケーション入学の雰囲気、また文芸の授業でどのようなことをするのか肌で感じられるし、先生との繋がりもできる。何よりこの先、「これだけの人が自分と同じような夢を持っているんだ」と思え、モチベーション向上にもつながった。」(鷲見)

 

「コミュニケーション入学では、他者とコミュニケーションをとりながら、作品を作ったり、ディスカッションをしていきます。同じ志を持つ人と一緒に、自分の力を最大限まで出し合いながら受験する。大学生の授業を先に体験している感じです。体験授業はその「さわり」の部分です。受験の雰囲気も先取りできます!」(福庭)

 

 

とのことなので、1日体験授業では、入学後のイメージを掴んでもらうことはもちろん、

「コミュニケーション入学」の対策にもなっちゃうんです。

 

 

先生

また、授業で書いてもらった作品は、授業後に教員ブースで先生方に講評やアドバイスももらえるので、

ぜひお立ち寄りください。

 

 

小説家の辻井先生。

小説家の辻井先生。

 

次回のオープンキャンパスでは、小説家の辻井南青紀先生による「エッセイを書こう」を実施します。

 

思ったことや見聞きした物事を書いて、自由に「気持ち」や「心情」を表現するエッセイは、

「事実」を書くのが基本ですが、ほんとうのことしか書いてないのでしょうか?

 

体験授業では、ホント/ウソを切り口に、

エッセイ創作の隠された秘訣をワークショップ形成でみなさんにお届けしますので、

ぜひ、7月の体験授業にも参加してみてくださいね。

 

bungeiwork

学科長の河田先生。体験授業参加者のみなさんには BUNGEI WORK BOOK と京造オリジナル原稿用紙を進呈しちゃいます!

 

みなさんのご来場・ご参加をお待ちしております◎

 

 

 

15 6月1日体験
京造を体験『1日体験オープンキャンパス』

日時:7/7(日) 10:00-16:30(受付は09:30〜)

体験授業:「エッセイを書こう」
開講時間:午前の部・10:20-12:00
     午後の部・13:30-15:10
詳細・お申し込み:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-09_07-07/

 

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

 

関連記事

<2122232425>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。