情報デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2019年6月20日  イベント

1日体験入学のレポート 【イラストレーションコース編】

 

 

こんにちは、情報デザイン学科です。

前回の記事に引き続き、6月9日に行われた1日体験入学の授業の様子ををお伝えします。

今回はイラストレーションコース編をお送りします。

ビジュアルコミュニケーションデザインコース編はこちら

_MG_6132のコピー

イラストレーションコースの体験授業では「夏・SUMMER」をテーマにオリジナルTシャツをデザインします。

自分が描いたイラストを様々なカタチとして展開できるのが、イラストレーションの魅力ですね!

 

まずはイラストレーションコース恒例の30秒自己紹介からスタートです!

30秒間で自分を伝えるのは大変ですが、少しグループの緊張がほぐれたようです。

 

そして、いよいよ第一ステップのグループワークです。始めは柔軟な思考を生むためのエクササイズを行います。

配布されたプリントに描かれている絵から連想される“近いキーワード”と“遠いキーワード”を個人でどんどんと書いていきます。その後、書きためたキーワードをグループ内で話し合い、「絵」と「言葉」の組み合わせで、イメージが様々に変わることを体験しました。

 

_MG_6137のコピー

自由でユニークな発想にはクスッとしてしまうアイデアも!

 

IMG_6300のコピー

出来上がったシートをみんなの前で発表します。自分たちのグループとは違う他の人々の発想、視点にみなさん興味津々です。

 

_MG_6150のコピー

さて、ここからが本題です。

SUMMER」とだけ描かれた白のTシャツの上に夏から連想されるアイデアを各自で練って、イラストにおこしていきます。

 

IMG_6179のコピー

制限時間は20分。時には先生や学生スタッフのアドバイスをもらいながら制作に向き合います。制作中の眼差しはさながらイラストレーターのよう。

 

IMG_6203のコピー

イラストの案が固まると着色も行います。だんだんと完成が近づいて来ました。

 

IMG_6224のコピー

それぞれの自由な発想と共通のテーマが組み合わさったことで、個性溢れる面白いSUMMERTシャツに仕上がりました。

 

最後は全員で鑑賞会です。共通のテーマで制作を行っても、仕上がりに大きな違いが生まれることはとても興味深いですね。

 

IMG_6274

IMG_6254 2IMG_6335

通常の授業ではこの段階で合評、プレゼンテーションなどを行い先生や他の学生からの講評を受けます。意見を交換することで制作を行う励みになったり改善点が見つかったりします。

 

参加された皆さん、一日芸大生はいかがでしたか。

1日体験入学でイラストレーションコースでの大学生活をイメージできたのではないでしょうか。

 

イラストレーションコースでは、「描く」技術はもちろんのこと、アイデアを導く方法、イラストが含む情報をどのように伝えるかを学んでいきます。

 

体験授業の第2回目は、7月7日に開催されます。

定員が設けられていますので、少しでも興味をお持ちの方はお早めにこちらにアクセス!

――――

先生方&スタッフ一同、みなさんにお会いできることを楽しみにしております。

 

 

情報デザイン学科 スタッフ にし

関連記事

<2021222324>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。