文芸表現学科

イベント

  • LINEで送る

2019年7月25日  イベント

【開催中】4年生・中木屋アリサさんの個展に行ってきました!

 

先日のオープンキャンパスにご来場くださった皆さん、

お越しくださり、本当にありがとうございました!

 

8月のコミュニケーション入学に向けて、またこれからの進路について、

期待に応えられていたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

さて、先日、河原町丸太町にある書店・誠光社さんにて開催中の

村松ゼミ4年生・中木屋アリサさんの初個展『This is YOUR body』に行ってきました。

 

IMG_2601

「ビジュアルメディア論Ⅲ」を担当してくださっている、堀部先生の書店・誠光社さん。 イベントが無い日は20時まで営業されています。

 

 

IMG_2602

 

 

テーマは「新たな世界へ飛び立つ女性」とのこと。

初小説作品『bear』の印象的な文章が展示スペースを彩っていました。

 

 

新たな世界とは初めからはっきりしたものではなく、

ヴェールや靄がかかっていたものが、徐々に晴れてやっと言葉や形として見えてくる。

 

一歩を踏み出さないと、解らないことがある——。

 

 

そんなことが思い浮かぶ展示でした◎

 

 

IMG_2606

初小説作品『bear』の展示。

 FullSizeRender_0

なお、展示レイアウトは、村松ゼミを担当してくださっている、

ブックデザイナー・グラフィックデザイナーの仲村健太郎先生が手がけてくださったそうです。

 

 

会期は7/31(水)18:00まで。

ぜひ、誠光社へお越しいただき、展示・小説の全貌をご覧くださいませ〜。

 

 

FullSizeRender_1

展示スペースでは、中木屋アリサさんの作品をご購入いただけます。

 

 

This-is-YOUR-body

中木屋アリサ作品展

『This is YOUR body』

開催期間 ○ 2019.07.16(火) – 07.31(水)

時間 ○ 10:00〜20:00(最終日は18:00まで)

場所 ○ 誠光社

     〒602-0871京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町437

詳細 ○ https://www.seikosha-books.com/event/4718

 

 

中木屋 アリサ

1998年生まれ、京都在住。詩や短歌などの創作活動を続け、昨年秋に行われたXS BOOK FAIRにてデザイナーと共に歌集『薄明の頃』を制作。その後、銀座ソニーパークで開催されたTOKYO ART BOOK FAIR : Ginza Editionに出展し、完売。

今回の展示に合わせて制作された『bear』が初の小説となる。

 

Instagram ○ @aririsakiya_

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

コミ入2019夏

 

いよいよ夏期コミュニケーション入学が迫ってまいりました!

エントリーは8/1(木)17:00まで!!

24時間申し込み可能なWEBエントリー絶賛受付中です!!!

 

やってみたいこと、やりたいこと、成りたいもの、学びたいこと、

自分の可能性をたくさん見つけられる2日間です。

 

コースは2コースまでエントリー可能ですので、

沢山のエントリーをお待ちしております〜!

 

 

京都造形芸術大学 体験型AO入試

夏期コミュニケーション入学

A日程8/4()、8/5(月)

WEBエントリー:

https://www.kyoto-art.ac.jp/admission/exam/communication_s/lp/

 

文芸表現学科 クリエイティブ・ライティングコース授業内容:

ことばの世界を広げよう①

読む、書く、話す、聴くなど、様々な角度から「ことば」を使って「表現」することを体験します。ストーリーなどの文章を実際に書いてもらうワークショップはもちろん、読書会、講義、プレゼンテーションなど、本コースでの4年間を2日間に濃縮したような体験授業をとおして、文芸の世界にもっと興味が広がるでしょう。

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

関連記事

<23456>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。