キャラクターデザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年9月13日  ニュース

学生作品展が開催されます!in大瓜生山祭2019

いよいよ明日から「大瓜生山祭2019」が開催されます。

その中でキャラクターデザイン学科も、3回生による学生作品展が行われます!

学生は今日まで展示の準備に大忙しでした。

 

今年のキャラクターデザイン学科作品展のテーマは「見つける」です。

アニメーション・CG・ゲーム・グラフィック・イラストレーション・企画プロデュース・音楽プロデュース、

それぞれのゼミの中で学んだ成果を、どのような空間・テーマで表現すれば伝わるのか、

学生同士で話し合い、協力しながら展示を完成させていきました。

 

_MG_0029

dig

_MG_0020

↑チームで作品を作ってきた経験を活かし、搬入作業も役割分担

 

そして今日は学科展の前日ということで、4回生を招いての内覧会が行われました!

学科展内覧会は3回生の展示作品を4回生が見て、感想や今後の展示についてアドバイスを発信する場です。

 

_MG_0029

_MG_0009_MG_0014

作品の説明をする3回生とそれに耳を傾ける4回生。

先輩と後輩の大切なコミュニケーションの場でもあります。

 

さらには授業終了後の1回生も内覧に来てくれて、会場がより盛り上がってきました。

 

_MG_0027

_MG_0032

大瓜生山祭当日が楽しみですね!

 

[3回生の学生作品展] キャラクターデザイン学科

人間館NA301・NA306の教室でお待ちしています!

 

★☆大瓜生山祭2019の特設サイトはこちら☆★

関連記事

<3334353637>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。