情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2020年8月3日  授業風景

情デ ON LINE ! vol.2

 

新しい授業形態で何ができるのか!?
5月18日からはじまったオンライン授業も
あっというまに2ヶ月が経過しました。

 

新しい授業形態で何ができるのか!?
情報デザイン学科のオンライン教室で
どんなことが起こっているのかを紹介する第3弾は
ビジュアルコミュニケーションコース1年生の授業です!




 

アプリケーション基礎1A


 

ビジュアルコミュニケーションコース1年生
この授業は、デザイン制作を進める上で欠かせないMac PCを利用した
アプリケーションソフトの操作を中心とした基礎をマスターするプログラムです。
ビジュアルコミュニケーションデザインコースの1年生全員が受講しています。

 

200703_jd_002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

課題 #01【アルファベット26文字をデザインする】

 

マス目や角度が制限されたなかで、26文字のアルファベットをデザインするという課題です。
A〜Zまでのトーンを設計しながら書体のオリジナリティを創出するためのアイデアが求められます。
アプリケーションを初めて扱う学生のみなさんも多かったのですが、

2週間もすればこの通り!立派に作品が完成しているのです。

 

200703_jd_001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

課題 #02【シンボルマークとロゴタイプ】

 

自分の氏名でシンボルマークとロゴタイプをデザインするという課題です。
性格や容姿などから自己分析を行い、それを形や色で設計していきます。
まずは手描きのラフスケッチを丁寧に行ってからアプリケーションで制作に取り掛かります。
最後には誰一人として同じアイデアがなく個性的なシンボルマークが勢揃いしていました!
このシンボルマークとロゴタイプを利用して名刺やオリジナルグッズも制作しているのだから驚きですよね。

 

Zoomで制作画面の共有をすることでクラスメイト同士が刺激を受けながら
各々がブラッシュアップしていく様子はオンラインならでは展開でした。

 

ビジュアルコミュニケーションデザインコース1年生のみなさんはこの後、
映像や写真、グラフィックなどの専門分野を深める授業が待っています。
前期が終了する頃には表現の幅がぐっと広がっていることと思います。今後が楽しみですね!

 

 

 

ーー
情報デザイン学科教員 伊藤智子

関連記事

<89101112>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。