情報デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2020年7月24日  イベント

7/5(日)1日体験授業 高校生からの質問にお答えします。

こんにちは、情報デザイン学科研究室です。

7/5(日)の「1日体験入学オープンキャンパス」に参加してくれた高校生のみなさん、

ありがとうございました。
みなさん、オンラインでのデザインの授業を楽しんでくれたようです!

 

d26069-22-241250-2

こちらはビジュアルコミュニケーションデザインコースの授業の1コマ

今回は、体験授業に参加してくれたみなさんからの質問にお答えします。
ビジュアルコミュニケーションデザインコース、そしてイラストレーションコースへの受験を

視野に入れているみなさんは、どうぞ参考にしてください。

 

***********************************************************************

<ビジュアルコミュニケーションデザインコース Q&A>

 

Q1.吉田ユニさんのようなアートディレクターに憧れているのですが、
   文字以外をデザインする授業内容はありますか?

 

A1.今回は「情報の基礎」である文字にフォーカスした内容でしたが、

      VCDコースでは「文字を使わずに、ビジュアルだけで表現する」授業もあるくらい、

      写真やさまざまなグラフィック、文字情報を扱って、デザインや広告を学ぶ制作課題は

      たくさんあります。

 

Q2.入試も今回のようにアルファベット1文字ですか?

 

A2.入試では「一文字」ということに限りません。

      ただ、今回参加してくれた体験授業での学習は、きっと参考になりますよ。

 

 

<イラストレーションコースコース Q&A>

Q1.私は画塾に通っていないのですが本当に大丈夫なのでしょうか。

 

A1.体験授業型選抜入試は、描画力を問う試験ではないため、

     描画力がないと合格できないということはありません。

     入学後、さまざまな画力を身につける授業があります。

     描く力だけでなく、アイデアを生み出す力や、さまざまな視点でデザインする力など、

     あきらめなければ、必ず成長できます。

 

Q2.商品のパッケージなどのイラストの他に、液タブなどを使って描くことも学べますか?

 

A2.イラストレーションコースの新入生には、入学時にiPadを購入してもらいます。

      iPadを液タブやペンタブの代わりに使用して、イラストレーションを学ぶ授業もあります。

    (既にiPadを持っている場合は新たに購入する必要はありません)

 

Q3.先生方は普段、学校や仕事以外で絵を描かれますか?またその時は何を描かれますか?

 

A3.イラストレーションコースの教員は、イラストレーター以外にもデザイナーやアニメーター、

      映像クリエイターなど、様々な分野で活動している先生方です。

      もちろん仕事以外でも描いたり、つくったりしますが、またの機会にお見せしますね。

***********************************************************************

 

 

☆8/2(日)実施『1日体験入学オープンキャンパス』☆

次回は、8月2日(日)に、1日体験授業をオンラインと対面(受験生限定)で開催します!!

本格的なビジュアルコミュニケーションデザインコース・イラストレーションコースの授業が体験できる、
毎回すぐに満席になってしまう大人気のイベントです!
体験授業型選抜の対策だけではなく、コース選びや芸大への進学を迷っている方、
全く経験のない方も進路選択にお役立てください!

みなさんに会えるのを教員も楽しみにしています。

詳細はこちら↓
https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc07-05_08-02/

 

0705,0802OC_画像

関連記事

<1234>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。