文芸表現学科

2021年度の優秀学生賞・受賞者をお知らせいたします!

こんにちは、文芸表現学科です!

 

 

6月18日(金)に学内にて、「2021年度 優秀学生賞 授賞式」が行われました。

 

 

優秀学生賞とは、3年生までの成績や活動などを総合的に評価し、特に秀でた学生に贈られる賞です。

 

文芸表現学科からは、貝谷真奈さん、樋口萌さん、福庭千穂さん、以上3名の学生が受賞しました。

 

 

 

▲4年生・貝谷真奈さん、ゼミ担当・河田学先生

 

貝谷真奈(かいや・まな)さん

文芸表現学科の在学生・卒業生が主体となり活動中の「上終歌会」にて部長を務め、今年4月に創刊号が刊行された「文芸誌301」の編集を担当。

オープンキャンパス学生スタッフとしての行動力もピカイチで、私自身、何度も助けられました。

 

 

 

▲4年生・樋口萌さん、ゼミ担当・辻井南青紀先生(オンラインでの記念撮影にご協力いただきました!)

 

樋口 萌(ひぐち・めばえ)さん

悩みを抱えた人物の気持ちになり、人に寄り添った文章を書ける樋口さん。

彼女自身の持つほんわかとした雰囲気は、そんな樋口さんの優しさをよく表しています。

 

 

 

 

▲4年生・福庭千穂さん、ゼミ担当江南亜美子先生

 

福庭千穂(ふくば・ちほ)さん

「書く」ということに強い思いを持ってくれている福庭さん。コンスタントに創作活動をされてきました。

京都芸術大学のYouTubeでも、その思いを語ってくれています。

https://www.youtube.com/watch?v=U85PNulMaz0&list=PLNOMD7e_wz3eJ24yjl8nePMW32puHMHDV&index=21

 

 

 

彼女たちの今後の活躍に期待もしつつ、彼女たちを含めこれから4年生は卒業制作という、とても大切な作品を書きあげていきます。

 

「卒業」という文字はついていますが、その作品が4年生にとって、大学の枠を飛び出した一社会人として最初の代表作になるように、おもいっきり作品を書きあげてくれたらと思います。

 

また卒業制作については、こちらのブログで取りあげようと考えていますのでお楽しみに!

 

 

 

▲写真撮影の裏側。Wi-fiの接続が切れて、てんやわんやでした。

 

 

 

 

 

 

(スタッフ・牧野)

 

 

 

 

 

 

<678910>