こども芸術学科

学生紹介

  • LINEで送る

2013年9月6日  学生紹介

卒業生リレーメッセージ13:中村美由紀さん

9月になり、こども芸術学科は3年次の保育所実習もほぼ終わりました。

京都も、一雨毎に段々と涼しくなり、すこし秋の気配が感じられるようになりました。

 

さて、3期卒業生の中村さんがメッセージを寄せてくれました!

今年の3月16日にもこのブログで紹介しましたが、卒業制作で取り組んだ汗と涙の結晶、中村さんのフレスコ画大作(学科賞受賞)を、高松市のまゆみ幼稚園に購入していただきました。

 

中村さん、仕事の休みを利用して幼稚園にどんな風に自分の作品が掛けられているか、香川県まで会いに行って来ました。さて、どんな旅になったのでしょうか?

 

*******************************************************************

こんにちは!

こども芸術学科3期生の中村美由紀です。

 

今年の3月に卒業をし、働き初めてもうすぐ半年が過ぎようとしています。

私は株式会社ワコールのウエルネス事業部事業管理課に勤めています。
主にスポーツタイツやOLさん等が履くパンプスなどを手がけている事業部で事務をしています。

 

ようやく社会人生活に余裕が持てるようになったため先月、今年の卒業制作展でお嫁入りした作品に一目会いに香川県へ行ってきました。

※お嫁入りした作品の内容は前回のBlogをご覧ください。

http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=1489

 

お嫁入りした作品は、現在、香川県高松市のまゆみ幼稚園に飾っていただいています。

当日は、休園にも関わらず園長先生があたたかく迎え入れてくださり、軽く自己紹介とお話をした後、飾ってある作品や園内を案内していただくことに。

securedownload03s

子どもたちが、いろいろなものに出会えるように、絵を飾れる幼稚園にしたかった。という園長先生の希望で、私のフレスコ画以外にMAYA・MAXさんや水谷忠敬さんの遺作などが飾られていました。

 

そして!私のフレスコ画は、子どもたちがよく集まる、ゆうぎ室横(廊下)の壁に飾ってありました。

securedownloads

ここに来るまで、耳が不自由な私が作ったことでガッカリさせてしまわないかとても不安だったけれど、作品を前に「これを見ていると、穏やかな気持ちになりますね。」と、お言葉を頂きどこか肩の荷が下りた感じでした。

securedownload02sIMG_2504s

 

直接話してみないと、お互い何を感じ考えているのか分からないことばかりで、実際に足を運ぶことが出来いい収穫となりました。

またNPO法人アーキペラゴ代表の三井文博さんをはじめ園長先生や子どもたちに目にしてもらえ、こうしたご縁をいただけて本当に幸せだなぁ。と何度も思い、更にはここだけで終わらせたくない気持ちが強くなるとてもいい機会でした。

 

今回のフレスコ画が卒業制作品になるまで、私は知らず知らずのうちにずいぶん前から、あたためてきていたんだなぁ。と思わせるような体験があります。

 

その体験は、1年生の造形表現IIの授業です。

専門的な美術とは無縁だった高校時代を過ごした私にとって、木炭や石膏などは全てが目新しいものばかりでした。その中でも、この授業で、石膏版画技法を行ったのが強く印象に残っています。

 

石膏素材で、どんなことが出来るのか分からなかった矢先に、こんなことできるのかなぁ。の私の言葉に対し「どうだろう、やってみたら。」と先生の一押しから完成 した作品が数々あります。

出来上がった作品を掲示して眺めた時に、ものすごく楽しかったなー。や、もう一回やってみたいなー。とか

これいいじゃん!これならいける!と、なんの根拠もない自信と、体の奥からジワジワと湧いてくる感覚がしたのを今でも覚えています。

 

この時の体験が、3年生のゼミで『やってみたいな!』を1つずつ試行錯誤していくうちに、自分だから表現できるやり方を獲得したり…今思うと、それが卒業制作に繋がってきたんじゃないのかな。と思っています。

 

securedownload05s

どんなことがきっかけになるかなんて当時の私にも分からなかったけれど、疑問に思ったことや、やってみたいと感じたことにポンと背中を押されてやってみたら、案外上手くいったり、更に目指すものが見つかったり。私にとって、石膏との出会いと先生の言葉の一押しは、そんな感じでした。

 

大学では色々なことに取り組むことが出来る環境を生かして、どんどんチャレンジしていってほしいと思います。その体験や出会いが、気付かないうちにあたたまって大きな力になってくると思うので、頑張ってください。

*******************************************************************

 

フレスコ画作品、明るくやわらかな雰囲気の園舎によく合っていますね。

そして、中村さんの洋服のピンクとオレンジ、絵の色と同じ!でステキです。

シャツが水色、パンツが黄緑なら完璧(笑)..いや、失礼しました。

 

中村さん、メッセージを有り難うございました!

 

(森本玄:教員/絵画)

関連記事

<319320321322323>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。