文芸表現学科

学科主催イベント「Storyville」に、作家・川越宗一さんをお迎えします!

こんにちは、文芸表現学科です!

 

 

2009年より開始された、文芸表現学科主催の名物イベント「Storyville」。

「Storyville(ストーリーヴィル)」とは「物語のある場所」という意味です。

その言葉を掲げ、読書会・朗読会・トークイベントなど、文芸を中心にさまざまな人たちが関わりあい、触れあえる場所をつくることを目標に活動しています。

 

 

来たるべき11月3日(祝・水)には文化の日にふさわしいスペシャルゲスト、作家の川越宗一さんをお迎えし、トークイベントを開催する運びとなりました。

 

「第9回 本屋が選ぶ時代小説大賞」「第162回 直木賞」を受賞された著書『熱源』についてのお話を軸に、創作でありながら忠実に基づく作品はどのように生み出されるのか、また会社勤めをされながら作家としてデビューし執筆をなさっていた秘訣などを、文芸表現学科教員・江南亜美子先生による進行のもと、在学生と一緒にお話を伺っていきます。

 

 

参加費は無料、事前申込み不要、YouTubeにてライブ配信を行います。

また、当イベントは他学科開放イベントとしております。学内の学生さん、教職員のみなさまは、人間館4階NA413にて対面での参加も可能です。お誘いあわせの上、お越しください。

 

週の真ん中、絶好のお休み日和、最高の楽しみとして、ぜひたくさんのご参加をお待ちしております!

 

 

Storyville トークイベント

川越宗一さんに聞く「創作と忠実のあいだ」

日時:11月3日(祝・水)14:00〜15:30

当日配信URL:https://youtu.be/-Q4cuHGwEyE

 

 

 

 

熱源

樺太アイヌの戦いと冒険を描く前代未聞の傑作巨篇!

 

樺太(サハリン)で生まれたアイヌ、ヤヨマネクフ。開拓使たちに故郷を奪われ、集団移住を強いられたのち、天然痘やコレラの流行で妻や多くの友人たちを亡くした彼は、やがて山辺安之助と名前を変え、ふたたび樺太に戻ることを志す。
一方、ブロニスワフ・ピウスツキは、リトアニアに生まれた。ロシアの強烈な同化政策により母語であるポーランド語を話すことも許されなかった彼は、皇帝の暗殺計画に巻き込まれ、苦役囚として樺太に送られる。
日本人にされそうになったアイヌと、ロシア人にされそうになったポーランド人。
文明を押し付けられ、それによってアイデンティティを揺るがされた経験を持つ二人が、樺太で出会い、自らが守り継ぎたいものの正体に辿り着く。
樺太の厳しい風土やアイヌの風俗が鮮やかに描き出され、国家や民族、思想を超え、人と人が共に生きる姿が示される。
金田一京助がその半生を『あいぬ物語』としてまとめた山辺安之助の生涯を軸に描かれた、読者の心に「熱」を残さずにはおかない書き下ろし歴史大作

(出展:文藝春秋BOOKS『熱源』特設サイトより)

 

出版社:文藝春秋

価格:2,035円(税込)

発売日:2019年8月28日

文藝春秋BOOKS『熱源』特設サイト:https://books.bunshun.jp/sp/netsugen

 

 

 

天地に燦たり

この熱量はすべての読者を圧倒する。
衝撃の松本清張賞受賞作。

 

戦を厭いながらも、戦のなかでしか生きられない島津の侍大将。
被差別民でありながら、儒学を修めたいと願う朝鮮国の青年。
自国を愛し、「誠を尽くす」ことを信条に任務につく琉球の官人。

豊臣秀吉の朝鮮出兵により侵略の風が吹き荒れる東アジアを、
三つの視点から克明に続く。

なぜ人は争うことを辞められないのか。
人と獣を分かつものとは、一体なんなのか――
京極夏彦、三浦しをんら選考委員も絶賛した
傑作歴史エンターテイメント。

(出展:文藝春秋BOOKSサイトより)

 

出版社:文藝春秋

価格:1,650円(税込)

発売日:2018年7月6日

 

 

 

海神の子

海賊”鄭家”の頭をつとめる母の迎えによって、平戸から大明国へ渡った福松。
鄭家は、割拠する海賊や東インド会社を下して東アジアの海を支配するが、清軍の侵攻により明は滅亡の危機に。
新皇帝と明の復興を目指す福松は、その功による名誉ある姓名を与えられ、さらに大きな野望に燃えるが――

明日をも知れぬ海賊が、どこにもいられぬ者たちのために戦う。
「国性爺合戦」のモデルとなった英雄・鄭成功を新たな形で描く。

(出展:文藝春秋BOOKSサイトより)

 

出版社:文藝春秋

価格:1,760円(税込)

発売日:2021年6月23日

 

 

 

***

 

 

 

もうひとつの「Storyville」のお知らせです。

 

 

卒業生を対象とした、いわゆる同窓会「ホームカミングデー」ですが、今年は史上初となるオンラインでの開催です。

 

今年でコース設立15周年を迎える文芸表現学科では、プログラムのひとつである学科主催の懇親会「ホームカミング・パーティー」のテーマを『Storyville 2021:クリエイティブ・ライティングコースの15年』と題することにしました。

 

40分間という短い時間ではありますが、なんとびっくり、スペシャルゲストもご参加される予定です!

卒業生の皆さまのご参加を、教員一同、心よりお待ちしております。

 

10月30日(土)15:50〜16:30 ※ZOOMにて開催

ホームカミング・パーティー

大学HP・お申し込み先:http://www.uridou.jp/hcd/2021/

 

 

 

 

 

(スタッフ・牧野)

 

 

 

 

 

 

 

 

<23456>