文芸表現学科

2年生・下平さゆりさんが「第41回シナリオS1グランプリ」にて準グランプリを受賞!

こんにちは、文芸表現学科です!

 

 

本日は嬉しいお知らせです!

2年生・下平さゆりさんが、第41回「シナリオS1グランプリ」にて、応募総数410編の中から見事!準グランプリを受賞されました!

 

作品は前期合評会でも選出された『夏休みの男』という脚本。

コロナ禍を生きる就職浪人が主人公という、今だからこそ感じ取れるリアルな設定もさることながら、個性豊かなキャラクターひとりひとりが活き活きと動いている様子に、合評会ではみんなが驚いていたことを思い出します。

 

創作ワークショップという戯曲や脚本を学ぶ授業の中で、めきめきと実力を身につけていった下平さん。その「吸収力」に脱帽です……!

 

 

 

脚本家・小説家の養成講座を運営するシナリオ・センターが発行する「月刊シナリオ教室 2021年12月号」には、シナリオ作品『夏休みの男』に加え、下平さんのインタビューが掲載されています。

 

どのように脚本と向き合っているのか、これからどんな書き手になっていきたいのか、『夏休みの男』執筆の背景まで、細かに語られています。

下平さんの熱意を感じ取りながら、読んでいただければと思います。ぜひお手にとってご覧ください。

 

 

まだまだ2年生の彼女が、これからどんなことを体験し、成長していくのか、皆さんも要チェックです!

 

 

 

 

 

月刊シナリオ教室 2021年12月号

発行:シナリオ・センター

価格:700円(税込)

お買い求め先:https://scenario365.official.ec/items/56053782

 

 

 

 

 

 

(スタッフ・牧野)

 

 

 

 

 

 

 

<7891011>