文芸表現学科

「ライターマガジン」×「文芸表現学科」

こんにちは、文芸表現学科です!

 

 

本学科卒業生や在学生も活躍中の「フリーライター」という仕事。

その名の通り、自分の足(フリー)で「ライター」としての仕事をしていくものです。

 

自分でどうやって仕事をとるのか、活動をしていくのか、名前を広めていくのか、わからないことだらけな仕事の手助けをしてくれる、国内唯一のフリーライター専門誌『ライターマガジン』最新号2022年1月号に、本学科学科長・山田隆道先生、専任教員・木村俊介先生のインタビューが掲載されました。

 

 

取材と執筆を行ったのは、本学科3年生・小田麻由香(PN:織田繭)さんと、2年生・出射優希さんです。

小田さんは現在、KADOKAWAウォーカープラスなどでフリーライターとして実際に活躍中であり、出射さんは美術工芸学科の授業風景を取材執筆し、学科ブログに掲載する取り組みを行っており、行動力・活動力のある二人です。

 

過去の学科ブログで、二人の活躍を取り上げています!

小田さん記事▷https://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=129134

出射さん記事▷https://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=124941

 

 

文芸表現学科で学ぶ「ライターとしての読み書き」について、そして「ライターとして働くこと」についてお話しされています。

 

ぜひお手にとってご覧ください。

 

 

 

 

 

『ライターマガジン』2022年1月号掲載

「書くプロ」を育む授業の裏側

 

出版社:イージーゴー

価格:1,320円(税込)

発売日:2021年12月10日

『ライターマガジン』HP:https://writermagazine.net/

 

 

 

 

 

(スタッフ・牧野)

 

 

 

 

 

 

<2829303132>