歴史遺産学科

イベント

  • LINEで送る

2013年10月22日  イベント

文化遺産コース4回生 卒業論文中間発表会

こんにちは。歴史遺産学科の副手Yです。

先日、9月25日(水)に行った文化遺産コース3回生の「進級論文中間発表会」の様子をご紹介しましたが、

今回は、10月2日(水)・9日(水)の2日間に渡って開催した文化遺産コース4回生の「卒業論文中間発表会」の様子をご紹介したいと思います。

 

 

まずは10月2日(水)に行われた中間発表会前半の様子です。

直心館J24教室で13:10から中間発表会を行いました。

 

仲先生から開会の言葉があり、まずは緊張の1人目。

P1280034

流石に4回生ともなると、落ち着いた発表です。

 

 

P1280079

質疑応答では、たくさんの質問やアドバイスがありました。

 

P1280045

質問に対しても、落ち着いてしっかりと応答。

 

P1280031

1日目は中間総括を行い、終了となりました。

 

 

文化遺産コース卒業論文中間発表会2日目は10月9日(水)

人間館4階の歴史遺産学科自習室で、13:10より開始しました。

 

P1280164

J24教室よりも少し小さめの教室なので、すみずみまで声がよく聞こえます。

 

P1280147

1日目の発表者同様、堂々とした発表です。

 

P1280142

質疑応答では1日目、2日目とも多くの質問やアドバイスが飛び交いました。

それだけ発表内容が興味深かったということですね。

 

P1280190

もちろん、発表者は質問に対してしっかりと答えていました。

 

P1280203

全発表行程を終え、仲先生から締めの言葉があり、

2週に渡る卒業論文中間発表会は終了しました。

 

 

この中間発表会は、文化遺産コースの3回生の司会進行によって運営されました。

P1280027  P1280077

P1280167 P1280150

3回生のみなさんも、おつかれさまでした。

 

 

中間発表会が終わり、次回の発表する機会は、いよいよ2月に行われる卒業論文発表会となります。

大勢の前での発表はドキドキするものですが、今回の経験を生かし、うまく発表できることを期待しています。

関連記事

<191192193194195>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。