キャラクターデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年11月15日  授業風景

学生ブログより:「2013年のちば ~池田先生ゼミ~」

本屋さんに「年賀状用イラスト集」の本がたくさん平積みにされていたのを見かけて、もうそんな時期か!とびっくりしました。

1年が過ぎるのはあっという間ですね。

 

こんにちは!副手の齊藤です。
今回も学科公式サイトから、学生ブログでのゼミ紹介シリーズをお送りします。
URL: http://cdkouhou.blog.fc2.com/

 

——————————————————–——————————————————–

 

 

11月です。今年も残り2ヶ月を切ってしまいました。どうしよう!ちばっちです。

今回のブログテーマは「制作状況」なのですが、今回が私にとっては今年最後の記事なので、

まず2013年を振り返ってみたいと思います。

1月
正月を実家の千葉で過ごし、青春18きっぷを使って10時間ほどかけて京都に戻ってきたあと、毎日毎日課題に追われていました。

この時、動画編集にハマりました。

2月
先輩の卒業制作のお手伝いをしていました。
いろいろと学ぶことが多かったです。特にスケジューリングの重要さを!

3月
前半は千葉に戻り、高校の後輩の卒業式に行ったり、上野の美術館めぐりをしたりしました。
月末には新入生歓迎キャンプに参加し、その時知り合った同級生や後輩たちとは今でも仲良くしています。

4月
このころ劇団に入りました。月末にはオープンキャンパスがあり、スタッフとして働きました。

5月
尾池新学長就任のパーティで流すサプライズムービーの制作に参加しました。
これも動画編集をメインに参加しました。

6月
劇団の公演。劇団の解散。千葉に帰ってそこでも演劇を鑑賞。
それから、私の大好きなアニメーション監督、新海誠さんの新作を観に行ったりしました。

7月
パソコンが壊れて修理に出していたので、折り紙ばっかりしていた夏休み前半。
詳しくは前回の記事(http://cdkouhou.blog.fc2.com/blog-entry-94.html)にて。

8月
友人に誘われて宇治に行ったり、別の友人に誘われてAquatimezのライブに行ったり(初めてのライブ!)しました。
それ以外では、できる限り多くの時間を使って、映画やアニメを大量に観ていました。

9月
学園祭の準備が本格化したところで千葉に帰って高校の文化祭をみてきました。

学園祭では全体のスタッフとして働いたほか、LEGO部というサークルを立ち上げていたのでそこのブースの管理もしていました。LEGO部に興味がある方はtwitterで「京造LEGO部」を探してみてください。

10月
学科の先生のもとで、とある映画の特撮(VFX)のお仕事をしていました。
情報解禁がまだなので紹介できないのが残念です……。
他にも、自転車を買ったり、後期の授業が始まったりとあわただしかったです。

11月
今です。

いかがでしょう。改めて振り返ると、毎月何かしらイベントがあり、案外充実していたような気がします。
後から「やっておけばよかったー」とならないよう、首を突っ込めるときはどんどん突っ込んでいきましょう!

さて、ゼミのお話です。

後期に入り、いよいよPV制作が始まりました。演出班とモデリング班に分かれ、それぞれ演出班は絵コンテ演出を、

モデリング班は必要な素材のモデリングを行っています。

私は演出班で、デモ音源に合わせて絵コンテを配置する作業(動画コンテ、Vコン)をしています。

これから作るPVの編集も担当することになったので、どんどん編集技術を鍛えていきたいと思います。

まだ計画の段階ですが、実写合成も検討しています。
先日は青いシートを持ってきて大きさの確認をしました。

02_20131108122203c5d.jpg
どうやら、ちょっと高さが足りなかったようです(笑)

映像制作と同時進行で、楽曲作りも進んでいます。
夏休み期間中に曲の大まかな部分やフレーズを作り、歌詞も考え、
ついに池田先生アレンジの楽譜が完成しました!
01_20131108122205c8d.jpg
まだあまり練習できていないので、こちらも頑張って進めていこうと思います!

関連記事

<319320321322323>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。