文化財保存修復・歴史遺産コース

大林賢太郎先生TV出演! 『所さんの目がテン!』3/26(日)日本テレビ放送予定 ※関西は4/23(日)読売テレビ放送予定

こんにちは、歴史遺産学科です。

本学科の大林賢太郎先生が、3月26日(日)7:00~7:30 放送予定の『所さんの目がテン!』(日本テレビ)に出演されます!

関西では、4月23日(日)10:55~11:25(読売テレビ)放送予定です。

※動画配信サービス【Tver】にて3月26日(日)放送後1週間、【Hulu】にて1年間配信予定です。

 

大林賢太郎先生

 

 

(日本テレビホームページより)

 

(日本テレビホームページより)

 

 

装潢文化財・写真の保存修復がご専門の大林先生は、本学に着任される前、工房で装潢文化財(掛け軸、巻子、屏風、襖、額、冊子、画帖等)の修復に長きに渡り携わってこられました。現在は本学通学部、大学院で技術を継承すべく、教鞭をとっておられます。

当日の放送では、文化財の保護にも使用される和紙について案内されます。ぜひ放送をご覧ください!

 

(大林先生の授業風景)

 

 

/// 3/25・26 さきどりオープンキャンパス!! (事前予約制)///

 

歴史遺産学科のワークショップでは、紙でお茶室のミニチュア模型を作ります。ぜひご参加ください!

 

紙でお茶室のミニチュア模型を作ってみよう!!

「日本を代表する伝統文化・茶の湯。茶室という特別な空間でお茶を飲みますが、特に潜(くぐ)って入る小さい入り口「躙(にじ)り口」が特徴です。今回はその茶室の模型を皆さんに制作してもらおうと思います。ふだんなかなか入る機会のない茶室ですが、ただお茶を飲むだけではなく、絵画、漆芸、陶芸、花等を設える特別な空間で、お茶室そのものも道具として飾る、芸術作品といえます。また日本家屋の神髄を体感することもできます。本ワークショップでは、そのミニチュア模型を作ることにより、茶室や茶の湯を身近に感じてもらうことができればと考えています。」

 

 

ご予約はこちらから ↓

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc03-25_03-26/

<3233343536>