アートプロデュースコース

6/1(土)・6/2(日)体験授業オープンキャンパスのご参加ありがとうございました!

こんにちは!美術工芸学科アートプロデュースコースです!

 

6/1(土)・6/2(日)に京都芸術大学の体験授業オープンキャンパスを開催いたしました!

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

 

体験授業オープンキャンパスでは、芸術大学の特色ある体験授業を受けてコースの学びを体験し、自分にはどのコースや学びが合っているかをじっくりと考えることができます。まだご参加されたことがない方も、次回の体験授業にぜひご参加されてくださいね。

 

今回行った美術工芸学科アートプロデュースコースの体験授業は…

 

 

アートプロデュース超入門

 

リサーチから始まる企画づくり
ありふれた物や場所も丁寧に「リサーチ」していくと、意外な面白さや魅力を発見できます。この授業では、「リサーチ」で見つけた魅力を、多くの人に伝える「企画」の作り方を学びます。
題材は、あなたのまち。
見慣れたまちが、驚きに満ちた場所に変わるプロセスを経験して、アートプロデュース流の企画づくりをマスターしてみませんか?

 

「企画」といってもアートプロデュースで学ぶ、意味や価値を生み出す「企画」には2つあります。

 

すでに在るものの価値や意味を創る「企画」
課題を見出し、解決案を提案する「企画」

 

今回のワークは、②課題を見出し、解決案を提案する「企画」です。
参加者の皆さんが住んできたまちを題材に、二人組のペアでリサーチのワークを行い、リサーチを行った側がツアー企画を通して、まち・地域の価値を創ります。

 

その地域に 行ってみたい、住んでみたい、 これからも住み続けたいと思うような 「価値や意味」を創るツアーを企画して、住んでいる人も気づいていないような魅力を探ります!

 

ワークの様子

取材メモ

 

ネタだしは地元民。ツアーを企画するのはよそ者です。

ペアになった相手にツアーを紹介し、よそ者がつくった「地元ツアー」を味わいました!

 

野球部と巡る…?!

 

ペアになった人がリサーチ・企画を行う中で、住んでいる地元民が気づいていないような価値や意味を見つけることができましたね!

 

今回は、みなさんの地元をプロデュースし、小さな旅の企画をつくりました。

「つまらない」「何にもない」と思っていた場所も、見方や魅せ方を変えると人を案内したい場所になります。

「価値を創造する」アートプロデュースの面白さを体験していただけたのではないでしょうか。

 

安全に楽しみたい人におすすめ…?!

 

京都芸術大学には、今回の体験授業の経験を活かせる入試があります。
9月に実施する総合型選抜:体験授業型入試は、志望するコースの体験授業を1日受けて、みなさんの意欲や熱意を評価する入試です。
入試ではありますが、今回と同じような雰囲気で進みます。

体験授業の延長線上にある入試方式ですので、今回の授業が楽しかった人はぜひチャレンジしてください!

 

そして、8/24(土)・25(日)には、もう一度体験授業を受けられるイベントを開催します!

8月も2日程開催するので、2日間参加すると最大4コース体験できます。
高校3年生、受験生は9月の体験授業型入試対策としてオススメです。

また、来場してくださった方は、体験授業型入試にその場でエントリーを行うことが出来ます。
高校1・2年生も、夏休みを利用して、芸大の様々な授業を体験して、興味の幅を広げたり、もっとコースについて理解できる機会なので、是非またご来場ください!

 

8/24(土)・25(日)体験授業オープンキャンパス
アートプロデュースコースの体験授業は…

 

 

人をワクワクさせる企画書の作り方

 

プロジェクトやイベントなどを実施するにあたって、必ず必要になるのが「企画書」。

誰かに自分のやりたいことを伝えるためには、企画書がないと始まりません。

見た相手が思わずワクワクして一緒に実現したくなる、魅力的で伝わりやすい企画書を作るためのノウハウをお伝えします。明日から使える超・実践講義です。

 

アイデアを形にするために必要な企画書作りを通して、協力者やお金を集めるコツを教えます。ぜひご参加ください!

 

▶️8/24(土)・25(日)体験授業オープンキャンパスの詳細・お申込はこちら

※6月中旬申込開始予定

 

 


 

 

アートプロデュースコースのことをもっと知りたい方はこちらをチェック!

▶️京都芸術大学美術工芸学科アートプロデュースコース 公式WEBサイト

 

公式Xでは、日々の出来事やイベントをお知らせしています!

▶️京都芸術大学美術工芸学科アートプロデュースコース 公式X(旧Twitter)

<1234>