大学院

現在地の視座 2024

京都芸術大学内にある展示施設、ギャルリ・オーブにて「現在地の視座 2024」が開催されます。

大学院からは修士2年の小坂美鈴さん、修士1年の鵬鵬さんの2名が見事選抜され、出展しています!

ぜひともご覧ください。📍

 

 

 

 

 

京都芸術大学内にある本格的な展示施設、ギャルリ・オーブ。本学の教員・学生、また、国内外のすぐれたアーティストたちの作品展示を通じて、

伝統を現代に生かす創作活動に挑戦するため、2005年に開設されました。本年度もこの空間で12組の応募申請からギャルリ・オーブ運営委員会により選抜された4組の本学在学生による展覧会を開催します。

「現在地の視座」と題して開催する本展は、本学に在籍する若き表現者による時代の風向きを見つめた定点観測と位置付けることができます。

鵬鵬(大学院美術工芸領域)と川瀬彪(美術工芸学科 写真・映像コース)と宓存瀚(美術工芸学科 写真・映像コース)、小坂美鈴(大学院 美術工芸領域)、チ田真之助(美術工芸学科 油画コース)と久保廣太(美術工芸学科 写真・映像コース)、張子宣(美術工芸学科 写真・映像コース)の4組による、<わたし>から起因する共創的でパフォーマティブな展覧会をどうぞご高覧ください。

 

 


 

現在地の視座 2024

場所:ギャルリ・オーブ 京都芸術大学 人間館1階

期間:6.14(金)-6.26(水)

時間:10:00~18:00

 

<1234>