こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年1月23日  授業風景

ピアノコンサート開催!

こども芸術学科では保育士資格取得のためのカリキュラムのひとつとして

「ピアノ(こども芸術研究Ⅱ)」の授業があります。

昨日は、この授業の最終日。何とあの「春秋座」の舞台に立ったのです。

なかには大学に入学するまでピアノを弾いたことのなかった人も。

それでも、1年間基礎から学びみんな素晴らしい演奏をしました。

 

IMG_2327

司会役の 名畑さんと西山さん

演奏を控える日浅さん、保尾さん。

演奏曲は松任谷由実「ルージュの伝説」

 

 

 

IMG_2348

清水さんはソロで ショパン 練習曲 作品25-1「エオリアンハーブ」

 

 

IMG_2352

目(サガン)さん、竹中さんは 「ランニングシューズ」と「ワルツ」の2曲

 

IMG_2354

2人の鄭さんは、「ホールニューワールド」を。

 

そのほか、

 阿部さん、石井さんによる「ラデツキー行進曲」

 三島さん、横山さん、横江さんによる「喜びの歌」

 奥田さん、河野さんによる「人生のメリーゴーランド」

 西脇さん、葉山さんによる「世界の約束」

 名畑さん、西山さんによる「自由への扉」

 清水さん、古橋さんによる「戦場のメリークリスマス」

 目(サガン)さん、清水さんによる「ピアノ協奏曲第2番 ハ短調作品18」

 山田さん、横江さんによる「ファランドール」

 

 

あの練習の日々が思い出されます。。。

 

IMG_0117

 佐渡先生によるレッスン

 

IMG_0113

 佐々木先生!

 

IMG_0102

 蜂谷先生!

 

IMG_0106

 そして木澤先生!

 

 新入学予定のみなさん。受験予定のみなさん。

 ピアノを一度も弾いたことがなかっても大丈夫ですよ。

 ご安心を。

 

(浦田雅夫:教員/子ども家庭福祉・学校臨床)

 

関連記事

<288289290291292>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。