こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年2月5日  授業風景

大和明子先生(児童館の機能と運営)最終講義

 

 こども芸術学科は、児童厚生一級指導員の資格課程を設けていますが、

 先日「児童館の機能と運営」という授業をご担当いただいています大和明子先生の

 最終講義が行われました。

 大和先生は、ながい間、京都の児童館にお勤めをされたあとも、いくつかの大学で教鞭を

 とられてきました。

 

 この日は、実習を前に学生によるパネルシアターの発表でした。

 児童館や保育所、幼稚園などではよく用いられます。

 

 

 IMG_0710

 「とんでったバナナ」思わず曲が思い出されます。

 

 

 IMG_0714

 なつかしい、「団子三兄弟」!

 

 IMG_0718

 これまた懐かしい「泣いた あかおに」!

 

 IMG_0724

 大和先生から最後に、

 「虹の橋を地上に 君たちを信ずる!」という言葉をいただきました。

 

 

 IMG_0727

 学生たちが、実習現場で、そして将来の職場で大和先生の

 スピリットを受け継いで子どもたちに伝えてくれるでしょう。

 大和先生、ほんとうにありがとうございました。

 

 児童厚生一級指導員資格については、以下のHPをご覧ください。

 http://www.jidoukan.or.jp/qualification/

 

 (浦田雅夫/子ども家庭福祉・学校臨床)

 

関連記事

<287288289290291>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。