キャラクターデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年1月23日  授業風景

学生ブログより:「深追いは禁物?~池田先生ゼミ」

今日から補講・合評期間です!

1月末にはいよいよ今年度の授業も終わりを迎えます。

1年経つのはあっという間ですね。

 

こんにちは!副手の齊藤です。
今回も学科公式サイトから、学生ブログでのゼミ紹介シリーズをお送りします。
URL: http://cdkouhou.blog.fc2.com/
——————————————————–——————————————————–

 

こんにちは!風邪かもしれないちばっちです!ポ○リスエットが手放せません。

今回のテーマは『合評に向けて』ということですが、その前に!
昨年末に行ったバンド「イケダチャンプルー」実写合成撮影のお話から。

01_20140113174655630.jpg

02_20140113174656502.jpg

前回の記事の最後にちょろっと書きましたが、バンド演奏の実写合成を行いました。
でっかいブルーバック(それでもちょっと足りなかった)の前で演奏をして、切り抜いたものをつぎはぎするのです。

03_20140113174658525.jpg

撮影の前には、メンバーが着るTシャツのプリントをしました。ギターの人などは楽器とかぶってしまうのですが、
メンバーそれぞれのキャラクターがお腹にプリントされています。ちなみに背中はバンドのロゴ。
予定では朝から夜遅くまでかかるはずだったのですが、案外スムーズに進んだので20時ころにはすべての素材が撮影できました。

さて、その一方で、池田ゼミのメインであるPVの制作が難航しています。
メンバーそれぞれに強いこだわりがあるのは良いことなのですが、その結果、進んでいる場所、手つかずの場所に大きな差が出てきてしまいました。細かい部分を見れば出来がいいのに、全体でみると穴だらけ……。

完成予定までもう時間がないので、こだわり過ぎず完成させることを最低限の目標にしていきます。
皆さんもスケジューリングはしっかりしましょう!!
目指せ!完成!(うぉぉぉぉぉぉ)

おまけ
04_2014011317465969d.jpg

池田ゼミ集合写真です。マフラーを巻いてるのがちばっちであります。

 

 

関連記事

<301302303304305>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。