美術工芸学科

イベント

  • LINEで送る

2014年2月23日  イベント

【材料研究室】膠合宿!

こんにちは。修士1年ペインティング領域日本画の女学生です!

 

 

2月19日から21日にかけて、美術工芸学科材料研究室主催により、

アクトパル宇治にて宏栄化成株式会社の方々の御協力のもと膠ワークショップを行いました。

大学院生、日本画3年生、様々なメーカーのみなさまも一緒に参加しました。

そのようすをお届けします。

 

 

①1枚目

 

現在の製造方法ではなく薪と炭による直火で膠を抽出するという昔の方法で膠を作りました。

②薪をくべる

 

19日は一種膠抽出(いわゆる一番だし)

③1日目膠鍋

 

乾燥

④2日朝膠乾燥風景

 

20日は二種膠抽出(いわゆる二番だし)し、乾燥

⑤二番だし膠できた

 

21日引き続き乾燥

⑥3日め膠乾燥、回収

 

膠が出来ました!

⑦膠乾燥

 

自分たちで成形するため、こんな形にも出来るよ!

⑧膠成形

 

実習だけではなく膠に関する二日間の講義では、

様々な膠を実際に使ってみることにより、膠の性質を知ることが出来ました。

⑨青木先生講義

 

⑨膠講義

 

御協力して下さったメーカーの皆様、材料研究室の皆様、貴重な経験をさせて頂きありがとうございました。

 

これから自分たちで作った膠で絵具をとくことがとても楽しみです!

⑩集合写真

 

関連記事

<488489490491492>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。