アートプロデュース学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年7月4日  ニュース

【卒業生の活動紹介】工藤哲巳展のシンポジウムを開催

卒業生の高橋洋介さんが、青森県立美術館のエデュケーターとして今年4月に開催した『工藤哲巳展』関連シンポジウムの様子が、当美術館のブログに掲載されています。

1

 

【青森県立美術館ブログ】

「工藤哲巳展関連イベント シンポジウムを開催しました」
http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/1493.html

 
このシンポジウムは、大阪万博のお祭り広場の設計者にして特異な縄文研究者である上田篤さんと、本学科の非常勤講師でもある、工藤哲巳研究の第一人者で国立国際美術館副館長の島敦彦さんがパネリストとして登壇し、「縄文の構造=天皇制の構造=現代日本の構造」というテーマで、80年代の工藤哲巳の作品の本質を探るという内容で開催されました。

 
高橋さんは他にも、ボルタンスキーなどが参加した青森EARTHのカタログの刊行や、森美術館や東京都現美術館の方と共同して、クアラルンプールで東南アジアの若手キュレーターと展覧会コンペを行なったりと、どんどん活動の幅を広げられています。
またこの7月からは、金沢21世紀美術館に学芸員として着任し、今後も更なる活躍が期待されています。

 

 

今後もこのブログでは、卒業生の活動を紹介していきます!

 

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

【予告】

7/13(日)体験授業オープンキャンパス開催!!

「写真を編む=アートをみる」

 

私たちの身の回りにあふれる写真。雑誌や広告でみるだけでなく、自分で写真を撮ることも当たり前になりました。実は平凡な写真も、魅せ方次第で「決定的瞬間」に変えることができるのです。みせ方で魅せる術を教えます。

 

アートプロデュース学科<ASP学科>の授業を体験できるチャンスです。

概要、申し込みはこちらから

 

関連記事

<290291292293294>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。