歴史遺産学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年9月17日  授業風景

【学生作品展】歴史遺産学演習Ⅰの授業成果を展示します!

こんにちは。

 

今年の歴史遺産学演習ⅠのAクラスでは前期前半に昨年と同様、山﨑先生の指導のもとに伎楽面の制作を行い、前期後半には青木先生の指導のもとに植物染料を用いた絹布の染色と、伎楽面の装束製作に挑戦することになりました。

青木先生の実習では1回目に五倍子を用いて染色の基本を学び、2回目からは1回ごとにインド茜、紫根、刈安、刈安の上に紫根の順で染色を行い、最後の2回で染め上った布を用いた伎楽面(迦楼羅)の装束の製作に挑戦しました。

7回の授業では縫製まで進まなかったため、夏休み中に縫製を進め、何とか9月19日からの学科展に間に合わせることができましたので、染色から縫製までの流れをご紹介します。

 

RIMG9153_1

まずは染色の練習として各自が生地を持ち寄り、五倍子による染色を実習しました。

 

RIMG9679_1

つぎからは迦楼羅の装束にする絹布をインド茜、紫根、刈安、刈安と紫根の順に染色しました(写真は紫根)。

 

RIMG7059_1

迦楼羅の装束の型紙を作ります。

 

RIMG7075_1

型紙に合わせて染め上った布を裁断します。

 

DSCF1159_1

裁断した布を鏝でのします。

 

DSCF1221_1

夏休み中に縫製を進めました。

 

DSCF1230_1

迦楼羅の装束(上から袍、帯、袴、脚絆、襪)が出来上がりました。

青木先生、Aクラスのみなさん、お疲れ様でした。

9月19日から21日の学科展に迦楼羅の装束を展示しますので、多くの方にご覧いただければ幸いです(文責:岡田)。

 

関連記事

<170171172173174>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。