歴史遺産学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年10月2日  授業風景

文化遺産コース3回生 進級論文中間発表会!

みなさん、こんにちは。

歴史遺産学科の事務担当Jです。

気がつけば2ヶ月弱あった夏休みも終わり、いよいよ後期が始まりましたねー。

 

歴史遺産学科文化遺産コースでは、毎年、前期最終日に3回生の進級論文中間発表会を開催しています。

この発表会は、前期でどこまで研究が進んだのかを教員・学生ともに確認し、

後期にどういう方向で研究を深めていくかを検討するために行います。

 

発表前の教室は、ちょっと緊張感が漂います。

発表前の教室は、ちょっと緊張感が漂います。

3回生のみなさんは緊張の面持ちで発表に臨みます。

各自、パワーポイントを用いて研究内容をわかりやすく説明している様子を見ていると、

発表の回数を重ねるごとに、どういう風にすれば聴衆に伝わりやすいかを考え、

改善、工夫しているんだなということがわかります。

しっかりハキハキとした発表。すばらしいですね。

しっかりハキハキとした発表。すばらしいですね。

発表者は先生方や4回生からの質問にもしっかり答えていて、

自分の研究の成果を着実に積み重ねているんだな、という印象を受けました。

先生からたくさん質問やアドバイスをいただきました。

先生からたくさん質問やアドバイスをいただきました。

 

 

先輩からも質問が。頼もしいですね。

先輩からも質問が。頼もしいですね。

後期に入り、進級論文を完成させるためにより一層研究を進めていくことになります。

今回の先生方のアドバイスを今後の研究に活かしていってくださいね。

 

3回生のみなさん、発表お疲れ様でした!

 

関連記事

<152153154155156>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。