キャラクターデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年12月1日  授業風景

プロジェクションマッピングへの挑戦~基礎を学ぶ~

 

 

こんにちは!副手のノブモトです。

11月の三連休は東京に行っていたのですが、

夕方に国際展示場であったプロジェクションマッピングを見ました。や~~~すごかったです><

 

 

 

今、本当に様々なイベントでプロジェクションマッピングが行われていますよね。

なんと現在キャラデの池田 篤史先生のゼミでもプロジェクションマッピングを企画しています!

 

 

 

IMG_2616

 

そのためのプロジェクションマッピング講習会が先日開かれました。

 

 

二条城のプロジェクションマッピングなど制作された
アートコンプレックスの窪木さんに講義を行っていただきました。

 

 

映像が綺麗に映る仕組み、

現場での細かいマッピング調整をどのように進めて行けばいいのかなど。

基本的な仕組みや手順を教えていただきました!

 

 

 

投影対象の色・形なども考慮しなければならず

具体的な方法を聞いていくほどこれは(大変そうだな…)と皆思っている空気が 笑

 

 

 

早速、実際にマッピングを体験することに!

まずはグリッドを投影してそこからガイドを作成します。

 

IMG_2663

 

IMG_2683
IMG_2748

 

IMG_2777

 

 

 

 

作成したガイドを四隅からサイズ調整しながら合わせていきます。

 

 

 

IMG_2789
学生が挑戦!

 

 

IMG_2800

 

 

 

だんだんマッピングされてきています!

 

 

 

IMG_2703

IMG_2702

 

 

 

ガイドを合わせた後は、サンプル映像を用意したモチーフに投影していただきました!
扉が現れてそこから星が飛び出すアニメーションです。(星撮れてませんが)

 

 

全体の正面からみると綺麗に見えていますが

 

IMG_2708

IMG_2709

 

 

 

映っている面の正面から見るとこんな感じです。(分かりづらいですがかなり横に延びています)

 

 

 

 

IMG_2685

 

今回の講義でかなり具体的に構想がまとめていけそうですね。

 

一体どんなマッピング作品完成するのでしょうか…!

続報をお待ちくださいませ!(◔∀◔ )

関連記事

<224225226227228>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。