キャラクターデザイン学科

日常風景

  • LINEで送る

2014年12月3日  日常風景

学生ブログより~就職活動に向けて~

 

皆さんこんにちは!!副手のトミタカです。

 

 

今回は学生ブログよりということで、3回生の学生スタッフの千尋さんが

就職活動について記事を書いてくれました!!

 

 

学生ブログはこちらから!!

 

 

 

————————————————————————————————————-

 

 

よしながブログ

 

 

どうも!編集長の千尋です。
もう12月に入って、今年も残すところあと1ヶ月となりましたね。

 

 

 

今回は、高校生のみなさんも気になるであろう「就職活動」について、
私の近況を記事にしたいと思います。

 

 

 

昨年度までは、就職活動は大学3年生の12月から始まるものでした。

 

 

 

 

それが今年度から、開始が3ヶ月延びることになったんですね。
現3年生の私たちは、来年の3月から就職活動が始まることになります。

 

 

 

 

そう考えると、「この変更がなかったら自分はもう就活を始めなきゃいけないのか・・・・・・!!」
とびっくりする訳です。

 

こちらは目安ですが、
本学のキャラクターデザイン学科入学後の流れとしては、以下のようになります。

 

 

 

1年生
「アニメーション、CG、グラフィック、イラストレーション、立体造形、企画など、
キャラクターデザインを軸にした幅広い学びを通して、自分の適性を見つける」

 

 

 

2年生
「1年生で見つけた希望分野をさらに掘り下げて学ぶ。
または、サウンド、ゲームデザインなど新たな分野も学び、広い選択肢から希望分野をしぼっていく」

 

 

 

3年生
「希望分野の学びを深め、就職活動を意識した技術も身につけていく」

 

 

 

4年生
「就職活動本格化。今までの学びの集大成として卒業制作を行う」

 

 

 

3年生の私は、もう希望分野に突き進んでいるべき時期なのですが・・・・・・

 

 

 

実はまだちょっと、どの分野に行くか悩んでいます。

 

 

 

「やりたいことはあるけれど、それで生計を立てれるのか」
「自分は本当にその道に行きたいのか」
「選択肢はしぼれている。でも決定打に欠けている」

 

 

 

とかなんとか。こりゃあ、くすぶっていますね^^;

 

 

 

私が2年生の頃、学内の恩師に「スペシャリストとゼネラリスト」
についての話を聞きました。

 

 

 

本当に社会で必要とされる・活躍できる人になりたかったら、
「スペシャリスト」か「ゼネラリスト」になりなさい。という話でした。

 

 

 

~スペシャリストとは~
特定分野に深い知識や優れた技術をもった人。専門家。⇔ゼネラリスト。

 

 

 

~ゼネラリストとは~
分野を限定しない広範囲な知識・技術・経験を持つ人。⇔スペシャリスト。

 

 

 

戦法にして例えると・・・・・・
スペシャリストは、1本、とても長くて鋭い槍のような、洗練された武器を持って戦う人。

 

 

 

ゼネラリストは、ある程度強度のある、種類の違った武器を持ち替えて戦う人。

 

 

 

となる訳ですね。

 

 

 

これは、どちらが良い!ということではなく、
自分がどちらになりたいのか早めに決めて、そこに向かっていくのが大事だよ、という話です。

 

 

 

しかし、ゼネラリストを目指す時に陥りがちなのが、
「いろいろできるけど、どれも中途半端なレベル止まり」という状態です。

 

 

 

これをさっきの戦法に置き換えると、
「武器はいっぱい持ってるけど、全部つまようじ!」という悲惨なことに^^;

 

 

 

私はこれを聞いた時に、スペシャリストを目指そう!と思ったのでした。

 

 

 

しかし、「私にはこれしかない!」というものを見つけられずに、
とりあえず選択肢を残そう、残そうとしてここまで来た結果、
今手元につまようじしかない状態で焦っているんですね。

 

 

 

とまぁ、びっくりするぐらい赤裸々に語ってしまいましたが、
私もこの状況は打破したいと思っているので、

 

 

 

 

「今ある選択肢に全力でぶつかる。そこから何か見えてくるはず!」

 

 

 

当面の間はこれをモットーに頑張っていきます。

 

 

 

今回の記事は、単に一学生が悩みを打ち明けただけやないかい!というものでしたが、

 

 

 

 

就活や受験の体験談として、
「こういう風に成功しました!」
「当時は大変でしたが、乗り越えて今があります」
というものはたくさんあるから、
たまには悩んでいる最中のものがあってもいいかな、と思っています。

 

 

 

さて、千尋は無事に納得のいく分野に就職できるのでしょうか?

 

 

 

今後もちょくちょく、就活の近況を投稿出来たら、と思っています。

 

 

 

それでは、今日はこの辺で。

 

 

 

千尋でした!

 

 

 

 

 

関連記事

<262263264265266>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。