キャラクターデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年12月11日  授業風景

プロジェクションマッピングへの挑戦~投影テスト~

 

 

本当に寒くなりましたね~~~。地元は雪が降り出したようです。

こんにちは!副手のノブモトです。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

さてさて、前回のプロジェクションマッピング講義から1週間。

 

再び池田篤史先生のゼミ内にて、

アートコンプレックスの窪木さんによるプロジェクションマッピング講義第2回目が行われましたので、

その模様をお届けします。

 

 

 

今回は実際にこの日までに学生が制作してきた映像を投影してみました!!

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_2844

 

IMG_2848

 

 

本当に飛び出して見えたので感動しました~~すごい!!

暗闇に浮かび上がるのも綺麗です。

 

 

 

 

IMG_2880

 

しかし、後ろに飛んでいる線が見えますでしょうか?

 

これはマッピングから僅かにはみ出してしまっている映像です。

こうなってしまうと綺麗ではありませんし、まるっきり投影しているのがお客さんに伝わってしまいます・・・;;

 

 

画面上では1pixelのズレでも投影していくとズレが大きくなっていきます。

プロジェクター投影口の些細なズレなども影響してどんどんズレが大きくなってしまったり…難しい!

 

 

課題は多いですが、まだまだこれから!!

 

 

IMG_2886

 

 

この後ろに積まれている大量の白い発砲が本番の投影モチーフとなります。

講義後半はこちらのモチーフのガイド作成や投影テストを行いました。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

プロジェクションマッピング、一体どんな作品になるのでしょうか!?

 

続報をお待ちくださいっ(o゚▽゚)o

 

 

関連記事

<221222223224225>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。