キャラクターデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年12月22日  授業風景

学生ブログより~学科外で面白い授業その4~

 

こんにちは!副手のノブモトです。

 

学生ブログより

「学科外で面白い授業」篇をお届けしています!

今回は第4弾!

 

学生ブログはこちら

 

————————————————————————————————————-

 

 

chika

 

どうも!知佳です。

今回は、「学科外の授業で面白い(好きな)授業」というお題が出ました。

 

 

「学科内で学ぶことは専門的なことが多いから、もちろん楽しそうだけど、
一般教養などの学科外の授業はつまらなさそう・・・・・・」
というような不安を解消すべく続いているこのお題!

 

 

上記のような不安を取り除くのはもちろん、
学科外は学科外、学科は学科、と関係ないと思うのではなく、
それぞれの学びの繋がりについても、このお題の記事を通して感じて頂けたらなと思っています^^

 

 

さて、私は学科の授業が楽しくて大好きですが、
もちろん学科以外の授業でも楽しい授業はあります。

 

 

学科の外で面白いと思っている授業は『アドヴァンスドワークショップ』という授業です。

 

これは後期から始まった授業なのですが、
簡単に説明すると、前期の月曜日の授業であった『マンデープロジェクト』のような授業です。
(マンデープロジェクトの詳細については、大学HPか、本ブログの過去記事をご覧ください)

 

 

あくまで私の観点ですが、『アドヴァンスドワークショップ』は、
マンデーのパワーアップしたものみたいな感じです。

 

 

どんなワークショップを行って何が得られたか、どんな事が発見できたか、
また、どんな疑問が残ったかなどを研究しつつ授業が進んでいきます。

 

 

最終課題としては、『自分が今、興味を持っていることについてのプレゼンテーション』があり、
そのためにものの見方、感じ方を学んでいます。

 

 

 

 

先日行ったワークショップを1つ紹介します。

 

アドヴァンスドワークショップを受けている学生たちでフラッシュモブのようなことをしました。

 

 

具体的には有名人を装った学生がエレベーターから出てきた瞬間、ファンを装った学生たちが偽有名人に群がります。
黄色い声を出しながらスマホでたくさん写真を撮ったり、握手を迫ったりします。

 

 

その時の周囲の人々はどんな行動をするのか、ということを調べるワークショップでした。

 

 

私は記録係としてカメラを回していましたが、

周囲の人々にドッキリを仕掛けているみたいでとてもハラハラドキドキした時間でした。

 

 

今回はなんと!実際に撮影した映像も載せちゃいます!

 

 

 

 

学科の授業はもちろんのこと面白い授業ばかりですが、

 

 

アドヴァンスドワークショップを通して得ることの出来た、
観察力や新たな発見もキャラクターデザインに繋がっています。

 

 

それでは!
知佳でした!

関連記事

<265266267268269>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。