アートプロデュース学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年11月13日  授業風景

【特別講義レポート】『プロジェクト型アートの現在』ゲスト:森司さん、嘉原妙さん

IMG_1771

11月11日の特別講義は、大学院ミヤジマスクールとの合同開催で、アーツカウンシル東京の森司さんと嘉原妙さんにゲストとしてお越しいただきました。嘉原さんはアートプロデュース学科の卒業生で、昨年度まではNPO法人 BEPPU PROJECTの職員としてアートプロジェクトの運営をされていました。

今回は『プロジェクト型アートの現在』と題し、嘉原さんに国東半島芸術祭の話を軸に、どのようなはたらきかけをして地元住民の方との協働でプロジェクトをすすめていったのかをお話しいただき、森さんにはアート・プロジェクトにおける事務局の役割とその組織作りの重要性についてお話しいただきました。

 

アート・プロジェクト運営の前線でご活躍されているお二方の臨場感あふれるお話に、身が引き締まる思いがしました。

アートで社会をつなぐ方法を学ぶアートプロデュース学科の学生にとっては、大学での学びを見つめなおし卒業後の進路について考える機会にもなったと思います。

 

IMG_1756

IMG_1762

■以下、学生レポートから抜粋■

 

・国東半島芸術祭は「プロジェクトを行う」でなく「プロジェクトによって地域の動きを生む」という目的意識があったから「やりっぱなし」「やり逃げ」なプロジェクトになっていないと思った。

 

・アートと社会をつなげるという目的で、その土地の市民と関わってプロジェクトを作り上げていく。アートを知っている人だけで繰り広げられるよりも、様々な価値を持った人たちの中でのプロジェクトの方が、アート界にとって刺激になると思った。

 

・単にアート作品を見るためのアートプロジェクトではなく、人間や他者との繋がりを見ていくこともアートプロジェクトの醍醐味なのかなとおもった。地域性と合わせてアートプロジェクトを見ていくのが特に重要だと思った。

 

・プロジェクト型アートにおけるアートとは、問題解決ではなくて、問題提起なのではないか。その場で完結するものではなく、地域(社会)をつくっていくものなのだ。

 

・アーティストと地域住人とスタッフ。プロジェクトを行うにあたって関係する人々のことを想像し、必要な人材、時間、人数を予測し、人と人とをコネクトしていくことが求められているのだろうなと考えながら聞いていました。何があっても対応できる柔らかさ、大事だと思います。

 

・開かれているからこそ多くの問題やさまざまな人との関わりにぶつかるのだろうと思った。その中で、どうよくするのかが大切だと思った。

 

 

IMG_1766

 

asp

 

関連記事

<167168169170171>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。