こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2016年8月26日  授業風景

踊れ!アイアイ!!

8月も終わりに近づきましたが、まだまだ日差しはきついですね・・・

みなさん、夏バテなどしていませんか?

 

今回は2年生の夏季集中授業「こどもとあそび」を紹介します。

この授業の狙いは、現場で必要とされるさまざまな遊びを自分の体験として学びながら子どもにとっての遊びと

いうものを総合的に考える事です。

 

教えてくださるのは「原坂 一郎」先生です。

・保育士・こどもコンサルタント・(株)KANSAIこども研究所社長・日本笑い学会理事

・大学講師・ラジオパーソナリティ・怪獣博士

という 7つの顔を持っているんです!講義でも実践的な話から怪獣の話しなど様々な話題がとびだします!

IMG_0660

 

今日の講義では、いろいろな体操をしました。ちびまるこちゃん体操・忍者体操・ハメハメハ体操・・・

IMG_0653

 

踊っているうちに、みんな笑顔になってきます

IMG_0655

 

さて、先生考案の体操を踊り終わったところで グループごとに「アイアイ」の振付を考えよう! という課題が

出されました!制限時間は10分!みんな大慌てです!

IMG_0678   IMG_0670   IMG_0669

 

あっという間に発表の時間になりました。10分でどんな振り付けを考えたのか・・・ドキドキです

IMG_0684

 

IMG_0688

 

IMG_0696

 

IMG_0706

 

IMG_0698

 

発表中に楽しんで踊っているのが伝わってきて、とても良かったです。

9月の実習もその笑顔でいきましょう!たくさん学ばせてもらいましょうね。

 

大塚(副手)

 

 

 

 

関連記事

<166167168169170>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。