こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年8月1日  授業風景

【授業紹介】音楽・こども達に歌を届けました!

みなさんこんにちは。こども芸術学科です。

毎日暑い日が続きますね~。夏バテ、していませんか?

 

さて、今回は授業紹介をしていきたいと思います。

こども芸術学科では「保育士資格」「幼稚園教諭免許」取得のための授業がたくさん開講されています。

そのなかでも「音楽」の授業は、教育実習や保育実習の現場において重要な役割を担っています。

 

こども達と歌ったり、手遊びをしたり、歌に合わせてピアノの伴奏をしたり。現場では様々なことが求められます。

1年生は、「音楽」の授業で、歌やピアノの練習を行います。

そして先日学生たちは、こども芸術大学(お母さんとこどもが通う学内附置機関)で歌の発表を行いました。

グループに分かれて歌を歌い、最後は全員で歌いました。

IMG_8128

IMG_8166

IMG_8212

途中からこども達も歌い出したり、リズムに合わせて体を動かしたりしていて、とても楽しそうでした。

学生たちは緊張していたようでしたが、途中から笑顔も出始め、明るい雰囲気作りができていたと思います。

みんな、後期の「音楽」も頑張ろう!

 

                                        (スタッフ 大塚)

関連記事

<6162636465>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。