キャラクターデザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年3月17日  ニュース

雑誌“CGWORLD”に学科プロジェクトが紹介されました!

 

こんにちは。だんだんと気候も暖かくなり春が近づいてきましたね!

 

今回はCGアニメーションで有名な「ウサビッチ」「イナズマデリバリー」などでおなじみの

カナバングラフィックス代表の富岡聡先生とキャラクターデザイン学科CGゼミのプロジェクト

CGクリエイター塾」の様子をなんと雑誌「CGWORLD4月号」で紹介していただきました!

310日発売)

このプロジェクトは2016年から始まり、今年はその集大成として

オリジナル短編アニメーション「ぶたの貯金箱バートン」を制作しました。

バートン01

「ぶたの貯金箱バートン」ポスター

こちらから「ぶたの貯金箱バートン」が見れます!

 241 318

制作の様子。

 

このプロジェクトのなかではCGの技術だけではなく、

ものづくりの基本やビジネスとしての作品作りを学ぶことができました!

 

記事のなかでは富岡先生のプロジェクトに対する熱意や詳細な制作工程、

学生たちの声などが紹介されています!

 

気になった方はぜひお手にとってご覧ください。

 

最後に長い間プロジェクトに注力いただきました富岡聡先生、本当にありがとうございました!

IMG_0374

CGクリエイター塾」受講生と富岡聡先生・池田篤史先生

 

CGWORLD4月号はこちらから!

CGWORLDのwebサイトでも特集されています!

 

関連記事

<9091929394>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。