美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年9月24日  ニュース

【基礎美術1年生】キャリアの授業は書道!?

42373642_2162976697046349_6426907448765841408_o 42512662_2162978297046189_2156615306817044480_o 42497106_2162977297046289_6845737210474397696_o 42371176_2162977180379634_7079151082236018688_o 42467998_2162976687046350_6969668045123878912_o 42464962_2162976707046348_9221417796670324736_o

前期が終了してからしばらく更新がなかったこの京都造形の基礎美術のブログ。
そろそろ大学も後期が始まるので再開します!

 

まずは前期のおさらいから。
今までのアップしたなかったのですが、基礎美術コースのキャリア教育の授業内容は大学全体を見渡しても特徴的です。

1年生は「臨書」という授業内容で書道を経験します。教えていただくのは高井秀山先生。
https://www.facebook.com/sancyumondow

 

この授業はどちらかといえば字を書くこと自体が自体が上手くなることを目指すものではなく、筆で書かれた古典の文章を読めるようになることを目指したものです。臨書して自分が同じように書いてみることで、崩し字のパターンをきちんと把握して、古い文献でも読めるようにと工夫されています。

 

そうはいっても字を書くことが徐々に徐々に上手くなって行く学生を見ているとこちらも羨ましくなります。

 

金曜日の午前中は1年生はこうやって墨のほのかな香りを嗅ぎながら集中して行う授業が行われています。
この「臨書」の授業はさらに後期に展開していきます。後期の授業内容も徐々にこちらで報告していきます。学生が前期とどのように変化していくのか楽しみにしていてください。

 

関連記事

<4748495051>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。