プロダクトデザイン学科

日常風景

  • LINEで送る

2018年11月16日  日常風景

卒制審査会まであと少し!

 

みなさん、こんにちは!

 

だんだんと寒くなってきましたね~

いよいよ、秋から冬へ…!という空気感になってきました○

 

冬になると、クリスマス、忘年会、お正月…と、イベントが目白押し!

楽しみだな~とワクワクされている方も多いのではないでしょうか。

 

大勢の人やイルミネーションで、街中が賑やかに、華やかになっていく様子は、

寒い冬の街を暖かくしてくれているように感じます。

 

 

 

で!も!

4年生は浮かれている場合ではないのです…!

4年生の冬の一大イベントは、なんといっても「卒業制作審査会」!!

ここをクリアしない限り、卒業はできません。

 

写真1

 

12月にある審査会を前に、各ゼミでは最終の追い込み段階に入っています○

今回は、大江先生ゼミにお邪魔してきました*

 

 

写真2

 

試作モデルをたくさん制作し、検討を重ねています。

こうした努力があって、作品が完成していくのですね~

 

 

写真3 写真4

 

みんなで仲間の作品に意見を出し合います。

多くの異なる意見を聞くことで、自分では発見できない修正点やアイデアを

見つけることができ、自分の作品に活かしていきます◎

 

 

写真5

 

とはいえ、ずっと気を張り詰めていても、疲れちゃいますね。

休憩の時間も大切です○

 

写真6

 

みんなで和気あいあい*

色んな情報交換をしながら、楽しく進めている様子でした!

 

 

 アイキャッチ候補1

 

4年間の集大成とも言える、卒業制作。

今までのプロダクトデザイン学科で学んできた想いを作品に詰め込んでいきます。

審査会でどんな作品が出てくるのか、楽しみです○

 

 

あと少し!頑張ってね!!

 

 

 

 

関連記事

<3233343536>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。