プロダクトデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年11月22日  授業風景

表現演習Ⅱ・1年生が立体造形について学んでいます!

 

みなさん、こんにちは!

 

今週からまた気温がぐっと下がりましたね!

最近は朝がとっても寒くて、なかなか布団から出られません・・・

 

急激に寒くなったせいか、風邪が流行っているようなので

みなさん、体調にはお気を付け下さいね!

 

 

 

さて、今回は1年生の “ 表現演習Ⅱ ” という授業を紹介します!

 

b

この授業では、さまざまな素材から立体造形を作り出す授業で、

立体を作りあげる方法や塗装方法などについて学びつつ、立体形状について学びます。

 

前日の授業では、“ケミカルウッド”という材料を加工して

立体形状を作りあげていきます。

 

c

▼△ ケミカルウッドとは? ▼△

主な原材料はポリウレタンで、人工的に木材のような性質をもたせた素材です。

本物の木材とは違い、木目がないので加工しやすく

プロダクトデザインでは形状の確認を行う為の試作モデルなどで

ケミカルウッドが多く使用されます。

 

 

元々は直方体だったケミカルウッドから

膨らんだクッションのような形状を作り出していきます。

 

d

みんな思い通りの形状に近づけるために

さまざまな種類のヤスリを使い分けながら、ケミカルウッドを削っていきます。

 

e f

曲面部分のヤスリがけに、みんな悪戦苦闘している様子・・・

 

ある程度形が整ったら、

1番目の細かいヤスリでピカピカに磨き上げていきます。

 

g

そして磨き終わったら最後に塗装をして完成!

 

h

みんなそれぞれの立体形状が完成しました

 

i

 

・・・・・・・・・・・・お知らせ・・・・・・・・・・・・

 

 

 高校12年生対象の授業体験イベント

 “はじめての、1day!!芸大体験” が開催されます

 

 プロダクトデザイン学科の授業を体験してみませんか?

 ご予約は→こちら から

 みなさん是非お申込みください!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

関連記事

<3031323334>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。