歴史遺産学科

イベント

  • LINEで送る

2019年2月26日  イベント

【卒論発表会・卒業展】ありがとうございました!

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

暦の上では春を迎えていますが、まだまだ寒い日が続きますね。

暖かくなる日が待ち遠しいものです。

 

 

さて、29()17()に卒業展が開催されました!

そして210()11(月祝)には卒業論文発表会が開催され、在学生や卒業生、保護者の方、

たくさんの方がお越しくださいました。

 

 

210()に歴史文化領域、11(月祝)に文化財保存修復領域の学生が発表しました。

 

DSC_0068

 

発表10分、質疑応答5分の1人計15分の発表のなかで自分が行ってきた研究を簡潔にまとめ、

かつ分かりやすく人に伝えなければいけません。

 

「限られた時間の中で自分のやってきたこと、考えや伝えたいことを簡潔に伝える力は

社会に出ても必要になってきます。」という先生の講評の言葉にもあったように、

学生たちは身を以ってこのことを感じたことと思います。

また、「発表をもっと聞いていたかったです」という先生の言葉も印象的で、充実した発表会となりました。

 

 

 

 

 

卒業展では、研究成果について展示発表しました。

展示コンセプト、レイアウト等全員で案を出し合い、準備を進めました。

今年の展示コンセプトは「川」です。日々流れるように時を刻むというキーワードから、

「歴史遺産とは、過去の人々の営みを知り、現在と未来を考えること」という言葉を念頭に置き、

それぞれの研究について展示で表現しました。

 

 

DSC_0099

 

個々の研究テーマも多種多様です。

 

 

DSC_0021

「京町屋の保存活用の問題」について様々な町屋を調査した研究や、

 

 

 

DSC_0028

正倉院に伝わる染色品の技法について復元を試みた研究も。

 

 

DSC_0017

また、様々な水族館の展示手法や工夫点をまとめ、水族館が持つ機能について考察した学生も。

展示では研究ノートも自由に閲覧できるようにしていたり、どのように研究を進めたのかについて

知れる工夫もされていました。

 

 

 

 

 

 

4回生の皆さんは、卒業論文発表会、卒業展を経てまた次のステップへ進んでいきます。

4年間での学び、経験を活かして今後も頑張っていってほしいです。

 

 

 

DSC_0103

 

DSC_0130

 

 

ご覧いただきましたみなさまには、この場をお借りしてお礼を申し上げます。

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

関連記事

<3435363738>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。