歴史遺産学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年2月28日  ニュース

展覧会のご案内 ~小学校が伝える生活資料~

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

今回は、32()~と34()~開催される2つのパネル展のご案内です。

 

 

このパネル展では

明治以来の伝統の中、小学校で行われていた民具をはじめとする歴史資料の収集・保存・展示について、

さらにはこれまで教科教育のなかで活用されてきた状況など、様々な視点から

京都市と下京区の小学校が伝える生活資料について紹介します。

京都造形芸術大学の附置機関である日本庭園・歴史遺産研究センターと

歴史遺産学科教授の伊達仁美先生ご指導のもと、歴史遺産学科の学生も調査や展示に携わっています。

 

 

 

展覧会の詳細は下記に記載しておりますので、お近くの方、ご興味のある方、

みなさまお誘い合わせの上、ぜひお越しください!

 

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 

パネル展「京都市の小学校が伝える生活資料」

会期:201932()10()

時間:午前8時~午後9

場所:ゼスト御池 寺町広場(京都市役所駅下車すぐ)

観覧料:入場無料

主催:学校収蔵民具の再発見事業実行委員会

協力:京都造形芸術大学 日本庭園・歴史遺産研究センター

   京都市文化市民局文化財保護課

本事業は、平成30年度文化芸術振興費補助金(文化遺産総合活用推進事業)の助成をうけて

実施する「京都の文化遺産総合活用推進事業」の一部です。

 

 

20190227153837-0001

 

20190227153859-0001

 

 

パネル展「下京区の小学校が伝える生活資料」

会期:201934()14()

時間:午前830分~午後5(土日休み)

(初日は午後1時から、最終日は午後4時まで)

場所:下京区総合庁舎玄関ロビー

観覧料:入場無料

主催:学校収蔵民具の再発見事業実行委員会

協力:京都造形芸術大学 日本庭園・歴史遺産研究センター

   下京区役所地域力推進室

   京都市文化市民局文化財保護課

本事業は、平成30年度文化芸術振興費補助金(文化遺産総合活用推進事業)の助成をうけて実施する

「京都の文化遺産総合活用推進事業」の一部です。

 

 

20190227153918-0001

 

 

20190227153934-0001

 

 

 

関連記事

<2930313233>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。