情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年3月27日  授業風景

【情デの授業】シン・モモタロウの誕生?!新しい桃太郎を考えよう!

 

こんにちは。

今回記事を担当する小島です。

いま大学は春休みに入っています。大学の春休みは長いですよ〜。

僕はまだ発表されていない成績に怯えながら記事を書いております・・・。

 

_MG_3733

今回は先日行われた「新・桃太郎」という授業について紹介していきたいと思います!

この授業では皆さんご存知の「桃太郎」を基にして、

自分たちで新しい「桃太郎」のストーリーを作り、それをイラストで視覚化しました。

 

まずはいくつかのグループに分かれてそれぞれ物語を作ったのですが、

極道モノだったり、主人公が怠け者のニートだったり、

どこも個性的で楽しい「新・桃太郎」を作り上げていましたよ〜。

自分のグループ以外の物語でも、イラストを描いてみたくなるようなものばかりでした!

 

_MG_3736

ですが、楽しんでいるだけではいけません!イラストを描くにあたり工夫も必要です。

 

それぞれ作ったストーリーの中から3場面を選んでイラストを描くのですが、

パッと見ただけでその場面だと分かるようにしないといけません。

そのためにキャラクターデザインや構図、色彩を考える必要が出てきます。

これが大変で、自分の作品に納得がいかず制作途中で頭を抱えてしまう人も見かけました(苦笑)。

 

 

_MG_3735

みんな苦しみ、、楽しみながら、先日ついに最終合評が行われました!

もともとのストーリーが個性的であっただけあって、それを視覚化したイラストはおもしろいものばかりでした。

同じ場面でも表現がまったく違うことがあって興味深かったですね。

 

この課題でいまの自分の弱さと強みを知ることが出来て、とてもいい経験となりました。

この課題は「絵の具で描く」という指定があったのですが、おかげで少し絵の具の扱いに慣れました。

情報デザイン学科1年生の集大成として、ふさわしい授業だったんじゃないかなぁと、

いま振り返ると考えたりします(ちょっと偉そうですが・笑)。

 

ではでは、皆さん次回の記事もお楽しみください!

 

 

 

【Tsutae取材班】

情報デザイン学科イラストレーションコース 1年生 小島大樹

情報デザイン学科イラストレーションコース 1年生 中山阿美

 

 

関連記事

<1920212223>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。